スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コヒルテさんロシアから愛を込めてシリーズ:「週末はレースですよ!」編

以前告知したSRサンツアー主催のロシアンレースの報告をコヒルテさんから頂きましたっ! コヒルテさんをご存じない方に彼が誰なのかご説明致しますと、ロシアでSRサンツアーの愛を広める伝道師+αをされている方です。

えー、回を増すごとにレポートの内容や飛ばすギャグのバリエーションが増えて行くコヒルテさんですが、今回のレポは特に長いです(爆)覚悟して読んで下さい。って事で、以下コヒルテさんです♡
 


日本の皆様!世界にお住みの日本人の皆様!こんにちわ!モスクワのコヒルテです。先日、ロシア連邦モスクワ市内で6月の21-22に開催されました”週末はレースですよ!”という変な名前のレースが無事に終わりましたので、皆様にご紹介したいと思います。

最近は世界情勢のこともあり、何かと”おロシア”が取り上げられて、モスクワでDHレースなんて出来るのかい?と思われる方もおられることでしょうが、出来ます@@!!

モスクワは日本からとーく離れたところなので、あまり知られていないこともあり、まずはちょこっと最近のモスクワ情報をお知らせします。

毎年ですが、5月後半から7月の終わりまで日が異常に長いです!今の6月の10日~30日までがピークで日没が午後の23時となり、夜中でも空が結構明るく、自転車ですとライトなしでも余裕で走れる明るさです。

この季節は気候が安定していることもありモスクワっ子には最高の自転車シーズンで、仕事から帰ってきてら家族や友人と公園で自転車に乗るのが通例となっております。



特に近年、モスクワの西部から東部に掛けての下南側が緑化公園整備が非常に良く、スーパー大きな公園を超気持ちよくお散歩できるようになりました。逆にいいますと、公園が大きすぎて歩いてなんてやってられない!というのが本音です・・・・やはりここはロシアだ・・。

週末になりますと車に自転車を詰め込んで自分のお気に入りの公園に行くのがここでのステキナ生活の一部です。

モスクワといいますか、ロシアの自転車事情をお知らせいたしますと、90%がMTBで2%くらいがロードバイク、残りが色々というところでしょうか。基本的に東京都の中心のように平べったいところで、おりたてて起伏が無く自転車での移動がしやすいのが特徴です。

が、以前にアスファルト整備が悪かったことや、縁石が以上に高かったり、スロープが少なかったことからMTBがロシアのメインの自転車となっています。ま日本のママチャリみたいなものです。

また、そんな道路事情からフロントホークのサスペンション効果に関心が高いのも事実で、普通の道路をより気持ちよく走るためリプレイスホークに交換される方も多々おられます。

そんなこともあり、モスクワの中心や街中を走るときはバニーホップで高さ15センチを飛べることは必須!?(イケテル人のみ)で、飛べますと,縁石等で引っかかることなく非常にスムーズに快走できます。

ちょっとマニアな話になりますが、DHバイクでシティーライドで度々バーニーホップをいたしますと非常に疲れます。。。

それで前後ともショックのリバウンドスピードを速くして飛びやすくセットするのがコツとなります。また、シマノ系のSPDペダルも同時にセットですとより効果的です!!

さて、レース関連のお話をいたします。今回はRTT(Ride Time Team)というモスクワで中間クラスのチームと共同でレースを開催いたしました。RTTは総勢で15人と比較的大きなフリーライドDHチームであり、チーム全体で積極的にレース活動をしております。

私の友人のアレクセイもここの所属で何度かRTTとは面識と交流があったのですが、初めてのレース共同開催
ということで少々不安もありましたが、若い彼らの強いプシュがあり、開催に至りました。

毎度のことですが、レースを開催するにあたり、どこで?そして、いつ?レースをするのかが大きな問題となります。モスクワ近郊や、ほかの町で開催しますとロングコースを設定できフルDHレースとなりますが、遠くなり参加者や訪問者が半減いたします。モスクワで開催しますとコースが短くあまり面白くない反面、参加者は異常に多くなります。また、時期も非常に大切で、やはり気候の安定している5-6月が一番適しているのですが、この季節は毎週末色々なイベントやレースがあり、その他のレース開催者と話し合い、落とし所を決める必要があります。
 

 
これが非常に難しくて、ほとんど戦争のような取り合いです。

今年も6月の初めに開催で調整を4月から始めていましたが、他のレース主催者が:うちらのレース15に開催だからよろしこ!と一方的に通達。

で:おいおい、その日うちらが前もって決めたた日なのよ、やめてくれる?

と:いやー、もうネットにレースアナウンス出しちゃったから無理だなー、じゃ、よろしこ!


という感じです。開催できたのは6月の後半と、他のレースやイベントに押し出される格好になりました。開催地に関しましては、ここ2年ほどモスクワ郊外での開催でしたので、今年は私の強~いお願いでモスクワ開催にしてもらいました。



場所はモスクワの南部に位置する:アレーハバというところで、近くの国立公園に隣接するとても緑の綺麗な場所です。モスクワは基本的にフラットですが、ここの南部位置だけ丘陵地区があり、ここの山のトップからスタートというレース構造です。

ここでは過去に幾たびもレースが開催されており、レース参加者には非常になじみのあるところ、ま地下鉄の駅から歩いて10分で到着!できるというアクセスのよさもあります。

前述したとおり、何度もレース開催があった場所なので、以前のレースコースがいたるところに残っています。もちろん、古いコースを使ってレース開催は反則なので新たに新設する必要があります。当然のことながらここにブルトーザーやシャベルカーを入れることは出来ませんので、すべて手作業!!いわゆるスコップのみでの土木作業です。RTTの若い皆さん、毎日仕事や用事の後に来て掘っておられました・・・・すばらしい!!

さて、コースをセットアップするに当たり、どうのようにコースを地形に画くかはレースの面白みと責任を伴う難しいところですが、今回なんと!わたしコヒルテがコースレイアウトに手を染めさせていただきました!!

すばらしい、快挙!!

今回のコーステーマは:ジェットコースター愛(ラブ)!@:と勝手に題しまして設定しました。具体的にはスタート後から大きなバンクコーナーを右に左にうねるように設けて、そこから上下にドロップ!そしてすぐに2連ジャンプ、スタートからゴールまで繰り返しGが掛かりコントロールを要求されるとまさにジェットコースター的な造り。



また、結構ハイスピードでありながら安全で、短いコースの中に具たくさんといたしました。また大切な点として、今回は名前はDHレースとありますが、ちょうどエンデューロとDHの中間ぐらいのコースセットで初心者でも安心してエントリー!という感じです。

では本番ではどうなるのでしょうか!?レース本番系の様子をお知らせいたします。

基本なレースコースの準備が土曜のお昼までに終わり、お昼からレーサーにコース開放で練習走行開始です。今回は2コース全部で準備され、2つのトータルタイムで結果がでます。

わたしも土曜日のお昼から現場入りしまして視察させていただきました。と、ナント、ビックリ!おどろき、桃の木、山椒の木!すでに30人くらいが練習しています!さすがはモスクワ市内のレース!皆さん結構最初から気合を入れて飛ばしておられます。

時間を増すごとに人数を増し、練習走行に熱が入っていくところ、ここで一番懸案していた問題が起きてしまいた・・・・雨です・・・前述でこの季節天候が安定して いると書き ましたが、今年はレース前後の3週間が非常に不安定な天候で、何回も道路の冠水・通行止めが記録されました。

先々週の大雨では大きなバイパス道路で地形の低いところに水がプールのように溜まり、通行止め。そして通過をチャレンジしたおバカな車が何台か息絶えて潜水するなどおロシアが丸出しとなりました。ちなみに私も50センチくらいの水深のところをチャレンジして車のホイールベアリングを壊しました。。。。。。

さて、夕方の5時には間接的な降雨から強い雨に変わりレーサーは全員帰途に着きます。この時点で私も引き上げていまして、ショッピングモールで何も考えずに明日のレースのお買い物!と物色していたところ主催者の子から電話があり、現時点で非常に強いスコール、もしかしたら明日開催できない可能性があると連絡が入ります。大事をとって延期するか決めてほしいとお願い。。。。。。
 
非常に難しい決定です。

ここからは各方面への電話対応とインターネットでの気象情報集めで大忙し!!ネットで明日の開催か延期かをアナウンスする最終時刻まで2時間あまりです。といいますのも、選手によってはほかの町からモスクワに来ますので朝決めるのでは遅すぎてしまいます。それで最低でも夜の11時までには決定しなくてはなりません。

さて、ここで私空を眺めます・・・強い雨が降り続いています。しかし、空の一部が明るくなってきています。
で、ここでわたし何の物理根拠も無く決定!でチームに電話で:明日決行!大丈夫、明日は絶対晴れだ!オイラの予想は絶対晴れる!行くぞ!!と。

で、どうなったでしょうか・・・・・・・・

レース当日は毎回朝の5時起き、で6時出発ですが、起床し窓から外を眺めてみますと・・・・パンパカパン!!晴れている!!?道路も乾きだしている!!!最高です!

すぐにチームに電話連絡しインターネット上にレース開催のアナウンス、そして現場についてコース状況を写真でサイトに掲載し、コースがドライであることを知らせます。実はこのコース状況のアナウンスは非常に大切でして、綺麗好きのモスクワっ子はだれも泥まみれでは走りたがりません。それでドライであることがわかると、よりエントリーが増えるのです。

さて我々も出陣です!車にすべての荷物を積み込み現場に7時に到着です。家からレース会場まで朝のオールクリーンな道ですと30分で到着!近い!モスクワ開催最高!

今回はモスクワでカメラマンをしています太田氏に手伝っていただきまして、土曜の練習走行の写真撮影から最後の撤収まで2日間働いていただきました。重労働お疲れ様でした!

到着いたしますと毎度のようにレーステントの設営やビーチフラッグの施設があります。実は去年これでいたい思いをしていまして、風でレーステントが思いっきり飛ばされて主催者のパソコンが壊れるという大騒ぎ。。。





今回はさらに山の頂にレーステントを張るので風で飛ばないようにするため前もって木の杭を打ち込んでロープで固定です。まずは買っておいた新品の斧で木の杭を削って尖らせます。そしてここでロープを張りつつ斧の裏側で地面に杭を打ち込むのですが、ここでまた問題発生!!私が3発ほど杭をたたいて仮決めをし、ふんっ、と力を入れて杭を打ち込んだその時です!なんと新品の斧が壊れて頭の鉄の刃の部分があらん方向に吹き飛んでいきます!!!イヤー、良かった・・・誰も傷つけなくて・・・・危なすぎました・・・・

教訓:ロシアで安い斧は買うなということです。

さて、レーステント等バーナーのコース上の設営が一段落したところで、レーサーたちが続々と現場に到着いたします。今回はちょっと面白くって初めてお会いする面々がたくさんでした。といいいますのも毎年開催していますと、もちろん顔見知りになりましてお互い常連さん!という感じですが、このたびは新規の方が多いのが特徴でした。

当日は朝から非常に良い天気・モスクワ市内開催のレースと言うこともあり非常に多くのエントリーがありました。レースの本番に最終的にエントリーしたのが136人だと思います。また、近くに住居マンションが立ち並ぶ場所で地下鉄も近いことから観客の多いこと・・・・すばらしいです!

エントリー終了時刻までレーサーたちが続々と練習走行でスタートしていきます。今回けっこう転倒者が続出いたしました。ほとんどコーナーでの横滑りでの転倒です。理由は昨日降り続いた雨とその後のすぐの練習走行でのアスファルトのようにカチカチ状態になったコース。今回のコースコンディションで勝敗を決めるのはタイヤ選択と空気圧、そしてサスペンション性能だったと思います。
 
コースサイドで見ていますと、タイムはもとより最新のバイクがやはりスムーズに走っている印象です。特にリアの路面の捉え方が新型のマシンのほうがやはり柔らかく受け流していまして、なにか目に見えない部分の細かい変更が大きな効果になっているのかなと思いました。

また、大変興味深い対決がありまして26インチDH対27.5エンヂューロです。これは皆さんもかなり気になるところと思います。今回27.5モデルで参加したコーリャ君。彼のマシンはGT Force X Expert2014モデルでカーボンです。彼の技量は国内でも10番以内で今回レースに参加したトップ集団の中でもトップです。彼曰く、ロシア国内のDHレースはほぼこの自転車でいけるとのこと。

で今回結果は5位で入賞できませんでした。

これは私の観測と思想ですが、高速コースでもテクニカルであったり切り返しが大きなコースではDHマシンと26インチがまだ速いということ。27.5モデルはすこし今回のコースには切り返しの素早さ等大きかった印象です。もちろん環境やコースが変われば結果は変わると思いますが、WCクラスはともかく、ロシア国内のレース環境ではまだDH26インチかな・・・と思います(下り限定での話)。

また、上位入賞者のバイクはすべてサイズがMもしくはLであることも興味深い点でした。ロシア人は日本人より身長が高いこともありますがそれにしてもフレームのトップチューブが600ミリオーバーでヘッドアングルが寝ているバイクがタイムをみても全然速いです。以前のDHは小さめのフレームでコンパクトに仕上げる!という考えは完全に過去のものになっているようです。

日本では女性ダウンヒラーはどのくらいいるのでしょうか!?今回もカテゴリーで女性!がありましたが回を重ねるごとに女性ダウンヒラーが増えていっています!傍から見ていますとそんな腕の細いおねーちゃんがDHで滑走して壊れちゃうんじゃないかとおもいますがみごとに走行されてゆきます。



で、面白いのが彼女たちの彼氏か旦那です。ここロシアでは彼女がエントリーしていてる場合、男どもはだれもエントリーなし。ダウンヒラーの彼氏は草食系?というまとまりです、これ日本でもそうなんでしょうか??

レース中はレーステントに新型のDHホークRUXも展示させていただきました。DH界に新たな風をもたらす新型のホークということもあり、かなり皆さん念入りにチェックしておられましたね。


 
さて、レースも順調に進みまして表彰式です。

モスクワ市内開催のSRサンツアースポンサードのレースということもありSRサンツアーサイドから盛りだくさんのプレゼント!!ホークやショックなどなど。またシャンパンにレースユニフォーム、タイヤやヘルメットなど入賞者への景品が両手に持ちきれないくらい贈られました!じつはこのプレゼントの量も毎年のレースを有名にしているものとなっています!!プレゼントされていたベルのヘルメット個人的に自分に欲しかった・・・・残念
 

 

 
このように今年も大盛況でレース開催を終えることが出来ました!!今回は天候の不順や、はじめてのパートナーシップ、レース期日等々、またもや色々ありましたが問題なく開催できましたのでホッとしております。長々としたレース報告でしたが、こんな感じで皆様にご報告させていただきます。

この場を借りまして、SRsuntourの役員の皆様、サイト掲載のチロ様、毎度のご協力に心より感謝いたします!!

次回は秋口にクロスカントリーレースをスポンサード予定です!このレースには我が家から2人ほど娘たちが参加予定ですので乞うご期待ください!また、皆様の日本から、世界からのモスクワエントリーを心よりお待ちしております!!

コヒルテ!
関連記事

comment

Secret

Profile

ちろ

Author:ちろ

chirosangaku@gmail.com

リンクはご自由に♪

  • 捜索願いを出したい方
  • 無事発見!
  • Categories
    Links
    Information Sites
    News & Trend
    Pro Riders
    Pro Writer / Freerider
    Freeriders
    Blog Pals
    Pro Shop
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    Archive
    検索フォーム
    MTBでチャリティー♡
    MTBで健やかに! オクで寄付して大満足♡
    目指せ1000%!
    Backing!
    Free Online Mags
    海外通販のお店
    海外通販をやりたい方の為に、比較的安全と信頼度の高い所を選んでみました。詳細



     

    YEN

     

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。