スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型 RockShox RS-1 はXCレーサー用のプレミアムフォークだった!

 
 
あい、遂に待望の RockShox RS-1 の全貌が明らかになりました!ここまで色々な憶測で幸せな妄想を繰り返して来た我々なんですが、実際その蓋を開けてみたら、このフォークは普通に
   
プレミアムなXC用レースフォークでしたぁ!


↓結局レッグガードは付いて来ないようだ。

 
って事で、現時点で判っているその特徴を軽く纏めてみますと、RS-1  は

1.  倒立を前提に開発されたXCのレースフォークである。
2.  RockShox 最軽量のフォークではない。
3.  29インチ限定のフォークである。
4.  新規格のハブを必ず使用しなければならない。
5.  価格が最低でも$1865+$238(ハブ)である。

  
こうやって平たく書いてみると、今まで「軽量が正義!」の方向で売って来た  RockShox とは路線がちょっと違うので、何が特徴なのか良く判り難いんですが、取り敢えずはその倒立パフォーマンスと剛性から来るステアリングの正確さが売りの様です。

で、先ずRS-1  は「倒立有りき」で開発がスタートされた製品で、一般的に倒立にありがちだと言われるネジレ等の問題を解消しながら究極のレースフォークが作れるか?言う所から話が始まったみたいです。

そして、導き出された答えがこのカーボン一体型ボディ&  新型のハブ/アクスル。 アッパーボディーを一体化、要所を強化する事より剛性を保ちながら軽量化に成功。新型ハブ/アクスルは足下を強固にしてネジレを極限まで押さえ込んだそうです。
  
↓肩に穴が開いていて、リモコンはそこを通せる様になっています。なーんだ!

 
その重量の方ですが、SID の最軽量モデルよりも55gほど加算されるそうなんですが、その分パフォーマンスとステアリングの正確さが向上しているそうです。
 
↓余計な部品を極限まで削った新型アクセロレーター・ダンパーには Dig Valve と Rapid Recovery リバウンドチューン搭載。ロックアウトはSIDよりも固い設定に仕上げられている。



 ↓ボトム付近のコントロールはお馴染みボトムレストークンを使用。

サイズの方は、「29インチ限定」と言う事なのですが、RS-1 がXCレース使用を前提としたフォークである事を考えると、その一択は自然では無いかと。
 
あと、「新規格ハブを必ず使用しなければならない」との事なんですが、これは足下のネジレを防止する為に考えられたRS-1 特有の物で、そのアクスルはトルクチューブと呼ばれる直径27mmの足の間に挟まる極太の物。15mmのマクセル・アクスルはそれをフォークに固定するだけの役割を果たす形になっています。
 

スペック:

ホイールサイズ: 29”
トラベル (mm): 80/100/120mm
インナー: 32mm aluminum, Fast Black
ステアチューブ:テーパードカーボン
オフセット:46 または 51mm
Axle Predictive Steering - Torque Tube w/Maxle Ultimate
ダンパー:アクセロレーター
XLoc リモート対応 (Sprint 又は Full Sprint)
スプリング: Solo Air
カラー: Black, Diffusion Black
デカールカラー: Red/White, Silver
重量:1666g
発売予定:2014年6月

 
そして最後はその価格の方なんですが、こちらもオリジナル規格満載のフォークだけあって
 
$1865ドルとかなり攻撃的。
 
ハブ等の必要な部品を含めて単純計算しても多分日本では20万を超えるのは必至では無いかと。
 
↓1285g の新型  RISE XXホイールもRS-1対応になっている。 折角だったら併せて買いたい。
  
と、以上になるのですが、こんな感じの製品ですと普通に考えると「一発?」タイプの物にあたると思うのですが、RockShox はこのフォーク開発にかなりの年月を費やしている様で、その上既にレーサーの間で使われ初めている事等も考慮すると、もしかすると逆にここから手広く何か新しい事を始めようとしているのでは無いかとも予想されます。

特にこの新型のハブなんかは正立のフォークにも応用出来そうですし、新たな展開も期待できそうです。兎にも角にも価格はかなりのハイレベルですが、面白い製品である事には間違いないので、お財布に余裕のある方は是非このRS-1復刻の記念すべき一品を手に入れて頂きたいです!


PS.って事で、お手頃なロングトラベル版出ないかな?
関連記事

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

comment

Secret

No title

RS-1というネーミングなのでコレから何かが始まりそうな伊予柑。。。

 

伊予柑食べたひ

RS1価格

ちろさんご無沙汰です。

RS1、国内お値段出てました。
税抜き¥235000、専用ハブが税抜き¥30000との事です。
プレミアムプロダクトと思えばこんなものなのかなと思えますが。
どうにかして本国と同じ価格にしてほしい!とも。
Profile

ちろ

Author:ちろ

chirosangaku@gmail.com

リンクはご自由に♪

  • 捜索願いを出したい方
  • 無事発見!
  • Categories
    Links
    Information Sites
    News & Trend
    Pro Riders
    Pro Writer / Freerider
    Freeriders
    Blog Pals
    Pro Shop
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    Archive
    検索フォーム
    MTBでチャリティー♡
    MTBで健やかに! オクで寄付して大満足♡
    目指せ1000%!
    Backing!
    Free Online Mags
    海外通販のお店
    海外通販をやりたい方の為に、比較的安全と信頼度の高い所を選んでみました。詳細



     

    YEN

     

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。