スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Öhlins TTX リアユニット

 オーリンズのリアユニット、TTX の全貌が明らかになりましたねぇ。グッドニュースとしては、このユニットは現行のデモ8にレトロフィットが可能だと云う事。残念なニュースとしては、これは2014年モデルのデモ8とエンデューロ・エキスパート・エボ用にカスタム製作された物で、一般自転車用(アフターマーケット製品)としての販売は当面は無さそうだという事です。

だから欲しけりゃスペシャを買えよと!
 

First Look: Öhlins TTX Rear Shock - Pinkbike


取り敢えず、ピンクバイクさんによると、スペシャのサスペンション部門の中の人がオーリンさんと元々の知り合いで、たまたま出会った時に「今度一緒にやらないか、うほっ?」って事で、このプロジェクトが立ち上がったみたいです。

で、このユニットの開発でオーリンさんがしつこく追求したのがトラクションの向上とキャビテーション発生の防止。そして、最終的に出来上がったのがこのTTXです。
  

Presentation: Öhlins TTX shock 22M in new Specialized Demo Carbon 2014 - MTB News.de

Presentation: Öhlins TTX shock 22M in new Specialized Demo Carbon 2014 - MTB News.de


簡単に説明すると、ケーン・クリークのダブルバレル(ツインチューブの技術)をデモ8用に簡略化、進化させた物で、太く短いリザーバーが横付けなのは、オイル冷却の効率化を計った為だそうです。 
 
 
 
”構造図みて分かったんですが、ツインチューブ構造を圧側だけに使ってるんですね。伸び側は低速アジャスターのみで、高速側は専用設計でプリセット。

この仕組みを逆にするとRSのVividですね。伸び側にツインチューブ構造を使ってるので。”
  Byトモリさん
 

 

 ↓因に以下がダブルバレルの内部構造です。
ダブルバレルと比べると、色々と変わっているんですが、一番大きな点はキャビテーション対策でリザバーがピストン方式からブラダー方式(DVOもこれですね)へ、そしてリバウンドのサーキットがシャフトに移動した事でしょうか。

と同時に、デモ8専用と云う事もあり、調節も簡略化され、リバウンドは7クリック、ロースピードコンプレッションは16クリック、ハイスピードコンプレッションは3クリックとなっています。重量はスプリング無しで460g。それからバネの方ですが、此方は細かく24lb毎に選択肢があるそうです。

因に乗り味の方は、現在市場に出回っている他社製品とはかなり違う物となっていて、慣れが必要だとの事。特にトラクションは凄い様なので、興味津々です。・・・って事で、
 
どーしても欲しい人はスペシャ購入汁!
(か、自己責任でユニットだけ試してみるっ!笑)

追記:そそ、サービスは工具があれば、モータースポーツの方のサービスステーションでも出来るそうですが、基本はスペシャにお願いしろと、自分で弄ると大変ですよ、との事です。
関連記事

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

comment

Secret

もし私が米国住みだったならソッコーで買いナンデスガ‥(´~`;)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

440kさん、

日本に居ても迷う事は無いですよっ!(笑)

管理人のみ閲覧できます、

ユニットをサービス出来る人材も用意しないといけないなので、色々と大変みたいですね。スペジャポさんには是非頑張って頂きたいです。
Profile

ちろ

Author:ちろ

chirosangaku@gmail.com

リンクはご自由に♪

  • 捜索願いを出したい方
  • 無事発見!
  • Categories
    Links
    Information Sites
    News & Trend
    Pro Riders
    Pro Writer / Freerider
    Freeriders
    Blog Pals
    Pro Shop
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    Archive
    検索フォーム
    MTBでチャリティー♡
    MTBで健やかに! オクで寄付して大満足♡
    目指せ1000%!
    Backing!
    Free Online Mags
    海外通販のお店
    海外通販をやりたい方の為に、比較的安全と信頼度の高い所を選んでみました。詳細



     

    YEN

     

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。