スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電動コンポの理想と現実とその可能性。

そもそも私は根本的に電池と云う物が嫌いなので(笑)、電動と言われると、それだけで色眼鏡全開でアレルギー反応が起きてしまうんですが、でも実際その理想やコンセプトだけに焦点を合わせて考えてみると、そんなに悪い物では無いんですよね。

例えば道のコンディションに合わせて最良のセッティングを出してくれるサスペンション。これだって本当に突き詰めて全自動になるのであれば、ハンドルバー周りにゴチャゴチャしたスイッチやレバーがある必要さえ無くなりますし、駆動系の電動コンポだってワイヤーの伸び等を気にせず使える上に何時迄も正確な動きをしてくれます。

更に言えば、私の嫌いな電池。これも、全自動充電で充電の必要がなかったり、あとメンテが必要だったとしてもワンシーズンで電池一回交換とかになれば誰も文句を言う人は居なくなると思うんです。

しかしながら、そのコンセプトの間に我々の今までの「もしもの時」の実体験、メーカー間の規格争い等の余計な知識が絡んで来ると、「あー、またナンカ変なの出て来た。」となってしまう訳です。

で、結論から書くと、電動コンポは結局メーカーがどれだけ完成度の高い物を出せるかに掛かってるんだと思うんです。重量のペナルティー無し、メンテ&故障フリー、そして現実的な価格、これらに限りなく近い物を出せれば多分みんな喜んで、それが電動製品であろうと無かろうと使うのでは無いかと。

って事で、ここで現在進行形で PinkBike で行われている電動のMTB製品についてのアンケートの集計結果です。

 
 
上から「もう、シフトもサスペンションもシートポストも電動大歓迎あるね!」電動なんてMTBにあり得ねー。余計な物イラネ」「もし故障したとしても走り続けられる保証があるのであれば、興味があるかもです。」となっているんですが、反対派が過半数を超えている物の、最低でも「興味のある」人間との差がそれほど無い事が伺えます。ある意味、上手く行けば意見が余裕でひっくり返るレベルの数です。

これは私が考えていた以上の結果で、やはりシマノーさんの最近のロードでのDi2の成功も大きく影響しているのでは無いかと。

私は個人的にまだ興味をそそられる電動MTB製品には出会ってないのですが、市場の意見がこんな感じだと、今後益々メーカーさん達のこのエリアでの開発競争は加熱すると思うので、折角やるのであれば、メーカーさん達には是非私の目からう◯こが落ちる位ビックリする様な製品を作って貰いたいです・・・って言ってる事が訳分からなくなって来た(爆)
関連記事

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

comment

Secret

No title

電動変速の、電池切れたら有無を言わさずシングルスピードっていうところは好きです。

No title

電動で登って下りで感じられないくらいで回生っていうのは好き(*^_^*)

あっ、アシストの話は無しですね。

No title

もう、シフトもサスペンションもシートポストも電動大歓迎あるね!
無線なら尚良し♪
進化の行き着く先を目にしたい!!

No title

だめだ、電動と聞くだけで。。。


いやいや、本当はWel亀です!

もすかすて、この記事書いてた時に、全文消えたんでしょうか?
だとしたら、ちろさんてエライ!エラ過ぎる!

 

凄い、ネガティブコメントが一つもない、驚いた! 同時にマゾな方達もハケーン(笑)
Profile

ちろ

Author:ちろ

chirosangaku@gmail.com

リンクはご自由に♪

  • 捜索願いを出したい方
  • 無事発見!
  • Categories
    Links
    Information Sites
    News & Trend
    Pro Riders
    Pro Writer / Freerider
    Freeriders
    Blog Pals
    Pro Shop
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    Archive
    検索フォーム
    MTBでチャリティー♡
    MTBで健やかに! オクで寄付して大満足♡
    目指せ1000%!
    Backing!
    Free Online Mags
    海外通販のお店
    海外通販をやりたい方の為に、比較的安全と信頼度の高い所を選んでみました。詳細



     

    YEN

     

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。