スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Intense 951 EVO : インテンスから27.5インチのDHマシン登場!

   
昨年に引き続き、シーオッターでインテンスから新しい27.5インチ(650B/ナナハン)モデルの登場です! 今シーズン、Suspension Center World Cup チーム650B のM9でレースをする事は以前お伝えしましたが、市販になるのは951モデルの方が先の様です。
  
↓テスト中と思われる 27.5インチM9
 
インテンスは29インチブームが到来した時にも、いち早く2951を発表、テストを繰り返して居たのですが、市販には至らず、結局最終的な落としどころは 27.5インチ(650B/ナナハン)だった様です。
 
↓発売されていない29インチの2951
Intense 2951
 
↓そして951EVO (27.5インチ)
 
 
 
 
 
先ず、特筆すべきはそのヘッドアングルですね。62.5度とかなり寝かせて来ています。あとトップチューブも長めに設定されています(勿論ホイールベースもM9と比べ長くなっています)。これはインテンスが27.5インチを研究した結果出た最良の数値らしく、PinkBike のインプレでもその寝転がった角度を感じさせないハンドリングだったとレポートしてます。

因にそのインプレ記事(951EVO VS. M9) のキーポイントを要約すると、
 
1.滑らかに、速く感じる。
2.コーナー等でのハンドリングが違う。
3. でも良く分からない。

計2日間のテストだったらしいのですが、比較するのが違う自転車、タイヤ、ジオメトリー、その上に正確なタイムを計った訳では無いので、好感触ではあるものの、最近の27.5インチ車のインプレ記事にみられる「良く分からない」と言うのが本音の所の様です。

しかしながら、FOX 等のメーカーによると、27.5インチ車は「レース」でタイムを削る要素として見られているのは確実で、多分この951EVOもハンドリングに慣れてしまえば確実に数値に表れて来るのでは無いかと予想されます。

今シーズンは徐々に27.5インチ車でDHレースに挑むチームが増えて来ていますが、もしかしたら今年の結果次第で来年のDHレースシーンはまたガラッと変わった物になって来るかも知れませんね。

って事で、発売は5月の予定で、フレームは Cane Creek DB コイル(ケインクリークと共同開発して951EVO用にプリセットされた物)が付いて、価格は$2900になるそうです、勿論USA産です、はい。
 

関連記事

comment

Secret

Profile

ちろ

Author:ちろ

chirosangaku@gmail.com

リンクはご自由に♪

  • 捜索願いを出したい方
  • 無事発見!
  • Categories
    Links
    Information Sites
    News & Trend
    Pro Riders
    Pro Writer / Freerider
    Freeriders
    Blog Pals
    Pro Shop
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    Archive
    検索フォーム
    MTBでチャリティー♡
    MTBで健やかに! オクで寄付して大満足♡
    目指せ1000%!
    Backing!
    Free Online Mags
    海外通販のお店
    海外通販をやりたい方の為に、比較的安全と信頼度の高い所を選んでみました。詳細



     

    YEN

     

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。