スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

X-Fusion RV1 DH フォークお披露目の巻

さて、遂に X-Fusion から来ました!ダブルクラウンのDH フォーク、
  
RV1の登場です!
   
  
 
以下がそのスペックです:


• DHレース用
• トラベル: 200mm (180mm に変更可:要分解)
• 36mm アッパーチューブ
• コイルスプリング
• 26''と650B の2バージョン
•外部調節:ロー&ハイスピードコンプレッション、ロースピードコンプレッション
•X-Fusions twin-tube HLR ダンパー
• 新型 'Nvolve' フォークシール
• プレッシャーリリースバルブ
• ダイレクトマウントステム対応
• UDカーボンレッグガード
• 20mm スルーアクスル
• Production fork weight: 2.85kg
• 2013年7月発売予定,
• 小売希望価格 $1299 USD

となっております。主なフィーチャーとしてはお馴染みtwin-tube HLR ダンパーが200mm用に改良が加えられている所、26インチと650Bバージョンがある所ディフォルトでレッグガード装備、そしてプレッシャーリリースバルブ装備と言う所でしょうか?
  
↓内部構造は基本これと同じです。RV1はピストンのオイルフローが更に良くなっています。
  
で、26インチと650Bなのですが、足自体は同じなのですが、アーチのオフセットが違うため、此方は今までの X-fusion の兼用モデルとは違い、別々となっています。なので、26インチから650Bに変更したい場合は別売りの650B用の足を購入して下さいとの事です。逆もまたしかりです。
 
↓26インチ版は42mmのオフセット、650B版は46mmのオフセットになってます。
    
そして珍しいのがUDカーボンのレッグガードです。此方はアフターマーケットで売られている製品もあるのですが、メーカー品に標準装備されている物は多分コレが始めてだと思います。
  
 
因にこのレッグガードが「何故装備されているか」については私はトモリさんの考察がかなりピンポイントで的を得てるのでは無いかと思います。
 

以前、Boxxer が 2010年にモデルチェンジされる前はこの様な事故が時折見られました。説明文にフリーライド兼用等ではなく、「DHレース用」と細かく銘打たれているのも、多分限界まで重量を削っているからなのでは無いかと思われます。

それからプレッシャーリリースバルブですが、此方はフォーク内の空気圧を外気圧と一定化するもので、私の様な一般人には余り関係が無いのですが(笑)、レーサー等コンマ一秒争う人達の間では重要視されています。最近では今度リリースされるであろうFOXの新型40フロートにも装備されるであろう物です。因に写真の物は六角レンチ仕様ですが、オプションでボタン式の物もリリースされる予定だそうです。
  

で、最終的な感想なんですが、価格は約$1300とお手頃に納めつつも、レッグガードが必要な程軽量化したりと、こりゃ本当に
 
攻めて来てますね、X-Fusion!
関連記事

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

comment

Secret

おっ、竹坊さんのコメント久しぶりっ!
Profile

ちろ

Author:ちろ

chirosangaku@gmail.com

リンクはご自由に♪

  • 捜索願いを出したい方
  • 無事発見!
  • Categories
    Links
    Information Sites
    News & Trend
    Pro Riders
    Pro Writer / Freerider
    Freeriders
    Blog Pals
    Pro Shop
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    Archive
    検索フォーム
    MTBでチャリティー♡
    MTBで健やかに! オクで寄付して大満足♡
    目指せ1000%!
    Backing!
    Free Online Mags
    海外通販のお店
    海外通販をやりたい方の為に、比較的安全と信頼度の高い所を選んでみました。詳細



     

    YEN

     

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。