スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Audi の e-bike の全貌が明らかに

 
e-bike をハイパフォーマンスにして行くのであれば、「ただスポーツ自転車にモーターを載せる」と云うよりも、やはりe-bike なりに独自の進化を遂げて貰いたいと云うのが私にはある。

例えばスペシャの新型 e-bike Turbo だが、「あんなのにスポーツ自転車に乗った事も無い様な人間が跨がって平気で80㌔も出せる様になったら・・・」と考えるとあれは多分繊細過ぎる造りになっている様な気がする。

スポーツ用 e-bike が何処へ向かうのか、例えば「純粋なコミューター」へ向かうのであれば現在のヤマハ等のアシスト車で十分事が足りる訳で、「高価なハイパフォーマンス車」の方向へ向かうのであればそのライバルは「自動二輪(電動も含む)」になり、更に免許制が必須になって来るんだと思う。

「ああ、e-bike カッコいい!」でたとえ興味を持ったとしても、「気がついたら原付買ってた。」というのが簡単に予想出来る高級 e-bike 的な流れでは無いだろうかと私は思う。

そう、ハイパフォーマンス e-bike は結局はどう転んでもニッチなリッチな一部のマニア向けの製品になってしまう運命なのだ、まる♡

と云う事で、この「酷い前置き」の後にアウデーの e-bike コンセプトのご紹介♪ 先日動画がリークしてここでもネタにした例のマシンである。
  
 
そう、元々大量に売れるもんじゃないんだから、コレくらい独創的であって貰いたいですね(笑)。個人的にはもっと派手にやって貰っても良いと思うんですが、一応重量等のパフォーマンスも気にしているらしいのでこんな感じに仕上がってるみたいです。
  
 
やはり車メーカー的な全体的なバランス重視のデザインアプローチをしてるんですが、見た所、ブレーキには Brakeforce One、そしてシフターにはAcros A-GE と自転車マニアをピクッとさせる部品も使用されている様です♡
   
↓勿論シート(サドル?)には高さ調節機能が♡
って事でスペックはこんな感じ?

総重量:21000g
フレーム:1,600g
26インチホイール: 600g 
2.3 kW モーター /max トルク 250 Nm.
48 V lithium-ion バッテリー (5000g)
充電:2.5時間
130mm 倒立フォーク

5モード走行:ピュア(アシスト無し)、ペデリック(アシスト有り最高速度80km/hの50-70kmレンジ)、eグリップ(全自動 最高速度50km)、パワーウイリーモード、バランスウイリーモード。

トップチューブにタッチスクリーンコンピューター搭載、走行モード選択、灯火、シート調節、そして基本データを表示。WLAN使用でスマートフォンとの接続も可能、動画を送ったり、走行トリック等でランキングを競うゲームも出来る・・・らしいんですが・・・ってか、
 
ウイリーモード2種類あるのね!
 
関連記事

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

comment

Secret

Profile

ちろ

Author:ちろ

chirosangaku@gmail.com

リンクはご自由に♪

  • 捜索願いを出したい方
  • 無事発見!
  • Categories
    Links
    Information Sites
    News & Trend
    Pro Riders
    Pro Writer / Freerider
    Freeriders
    Blog Pals
    Pro Shop
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    Archive
    検索フォーム
    MTBでチャリティー♡
    MTBで健やかに! オクで寄付して大満足♡
    目指せ1000%!
    Backing!
    Free Online Mags
    海外通販のお店
    海外通販をやりたい方の為に、比較的安全と信頼度の高い所を選んでみました。詳細



     

    YEN

     

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。