スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おいちろ、それセバハンだって!」と突っ込まれて

 シクロワイヤードさんの「MTB Jシリーズ クロスカントリーを闘うエリートライダーたちのバイク」の記事で中込 選手のマシンを見た時に、「エイリアンみたいで面白い♡」と思ったのと同時にちょっとした不自然さを感じた。
 
MTB Jシリーズ クロスカントリーを闘うエリートライダーたちのバイク | cyclowired
 
色々と機械的なレイアウトを考えると自然とそうなってしまうのだろうと思うのだが、この自転車だけでなく、最近の 29er のヘッドチューブはハンドルの位置を低く取れる様にとだんだんと短くなって来ている気がする、と言うか、普通の自転車と見比べると既に不自然な位に。
 
だが、「それでも未だ足りない人」と言うのがこの世の中には存在して、その人達はステムをひっくり返し、更にそれでも足りない人はライザーバーをひっくり返し、最終的に
 
こうなっ太!
 
で、こうなって来ると、これはもう完全に
 
デザインチャーンス!
 
の世界な訳です。「ニーズは有るのに製品が無い」それなんですよ。って事で、軽くその解決方を考えてみた。
 
先ず前提としてこれ以上ヘッドチューブの長さを短くしたく無いと言うのがある。と言うか、逆に長くなっても問題の無い機構が必要な気がする。で、最初に思い浮かんだのが操作系の部品を下に全部下ろす事。そうするとフォークと操作系部品が一体型の物が頭に浮かぶ。
   
で、「フォークのクラウンに直結のグリップとか有ったら面白いなぁ、でもそんなの作るのメンドクサそうだなぁ」等と考えていたら、最終的に行き着いたのが(ダブルクラウンのトップのストロークと関係ない部分に操作系の部品を取り付ける)このセバハン的なアイディア。
 
 
これなら簡単に高さ調節も出来るし、ヘッドチューブを長くしても何の問題も無い。写真のVOTEC はゴツいが必ずXC的な解決法が有る筈。 そう、時代は今、
 
XC用ダブルクラウンなのだっ!

 

て事で、29er用にコッチ展開があっても面白いかなと思う今日この頃、如何お過ごしですか、
   
ちろでしたよ、ぐふっ(吐血)! 
関連記事

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

comment

Secret

No title

旧いサスだとWクラウンでもインナーチューブ径が28.6だったりするのでステム二つ取り付けてセパハンに出来ますよね。
都内に住んでた頃、そんな黄色いスーパーVをショップの店先でたまに見かけました。

Re: No title

やってる方いらっしゃいましたよねぇ、なつかCですぅ!
Profile

ちろ

Author:ちろ

chirosangaku@gmail.com

リンクはご自由に♪

  • 捜索願いを出したい方
  • 無事発見!
  • Categories
    Links
    Information Sites
    News & Trend
    Pro Riders
    Pro Writer / Freerider
    Freeriders
    Blog Pals
    Pro Shop
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    Archive
    検索フォーム
    MTBでチャリティー♡
    MTBで健やかに! オクで寄付して大満足♡
    目指せ1000%!
    Backing!
    Free Online Mags
    海外通販のお店
    海外通販をやりたい方の為に、比較的安全と信頼度の高い所を選んでみました。詳細



     

    YEN

     

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。