スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Specialized vs. Amazon? というか謎の展開?

なんか、スペシャには何時もドロドロしたネタが付きまとうよねぇ。「製品で勝負!」だけでは無く、その他にも様々な法律を巧みに駆使したり、ディーラーに特権的な圧力を掛けてみたり、普段からそう言う方向にも色々と力を入れているからそんな印象があるのかもしれないけどねぇ(別に悪い意味だけじゃなくて)。
 
で、今回も「んーん・・・」って感じのネタを見事に提供してくれてる。

その内容なんだけど、スペシャの社長、マイク・シニャード が今回アメリカのスペシャの販売店にアマゾンの新型アプリについての警告文を出したんだって。
  
   
なんでもそのスマホのアプリで製品のバーコードをスキャンすると、アマゾンの取り扱い品との価格比較がその場で出来ちゃう・(アマゾンから)買えちゃうと言うもの。
 
で、実際に試着が必要なヘルメットや靴の様な製品をお店に試着だけしに来て、実際は安いアマゾンで買っちゃうケシカラン輩が居るので注意!・・・と小売店に警告?・・・で止めときゃ良かったのに
  
「だからそんなブランド(Pearl Izumi, Shimano, Louis Garneau, Giro, Bell, Fizik, Sidi, CatEye)の取り扱いは止めて Amazon で買えないスペシャだけを取り扱いなさい」
  
みたいなニュアンスのお手紙を書いちゃってるから流石スペシャ。
 
で、ご丁寧にそのプロモ動画までこさえちゃってるの。それも今年の9月にスペシャ相手に訴訟(スペシャ本部がジロの靴の取り扱いをしない様スペシャディーラーに圧力を掛けた件)を起こしたEaston-Bell の製品をご丁寧にその主役にしちゃって・・・
 
 
もうね、流石、スペシャだねっ!


でもね、この手の問題は本当に難しいよね。確かにこの方法であればスペシャディーラーは色々な意味で守られて素晴らしいとは思うけど、一消費者としてみたらスペシャマニアじゃ無い限り、スペシャしか無いお店は・・・1シーズンに一回行けば良いかなって感じ、というのは私の
   
ベリープライベートな意見で御座います(笑)
 
関連記事

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

comment

Secret

サイズ外したくない&高額なので買い直しは避けたいって時は、実店舗に出向いて現物確認しそちらで購入しますね。確認だけして購入通販は無いな~

 

世の中たかぽんみたいな人だけだったら良いんですがね・・・(涙
Profile

ちろ

Author:ちろ

chirosangaku@gmail.com

リンクはご自由に♪

  • 捜索願いを出したい方
  • 無事発見!
  • Categories
    Links
    Information Sites
    News & Trend
    Pro Riders
    Pro Writer / Freerider
    Freeriders
    Blog Pals
    Pro Shop
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    Archive
    検索フォーム
    MTBでチャリティー♡
    MTBで健やかに! オクで寄付して大満足♡
    目指せ1000%!
    Backing!
    Free Online Mags
    海外通販のお店
    海外通販をやりたい方の為に、比較的安全と信頼度の高い所を選んでみました。詳細



     

    YEN

     

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。