スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの Sapa がもう自転車のフレームやんないんだって(激汗




うわーっ、6日前位のニュースで見落としてたんだけど、これは衝撃的だわ。
 
というか予想して無かった。
 
でも、よくよく考えたら当たり前の話なんだけどね、なんか寂しいね。
 
多分知っている人は知っていると思うんだけど、Sapa のオレゴン州ポートランド工場(本家はスイス) はアメリカのアルミ屋さんで、今まで数多くのブランドのアルミフレームを手掛けて来た自転車産業内ではかなりの有名所。

多分「Made In USA」 ってシールが付いてるアルミフレームの多くはかなりの確立で Sapa 関わっている物だったりすると思う。

Mountain Bike の記事中にも書かれているけど、公になってるだけでも過去に Cervelo、Santa Cruz、 Schwinn、Specialized、  GT、なんかを手掛けていて、そして現在でも Titus、 Turner を。で、勿論他にも内緒で Sapa に仕事をお願いしちゃっている所も数多くある。

そんな大御所の Sapa なんだけど、やっぱり時代の流れには逆らえないらしく、多くのメーカーがそのプロダクションを台湾や中国に移してしまった今、自転車部門を設けている意味が無い位にそのビジネスが減ってしまったとの事。

 " The end consumer doesn’t care one iota whether their product is made in the USA or Asia…Our volume has been going down and down and down, and consumers don’t care. So why should we stay in a market that’s shrinking yearly?”

Sapa の中の人:「末端消費者にとっては製品がアメリカ製だろうがアジア製だろがそんな事は微塵も関係ないんだ。我々の生産量が減っても誰も気にもとめない。じゃあ何で我々がそんな年々縮小して行く市場に留まらなきゃいけないんだ。」
 
ごもっともで御座います m(__)m

 
元々Sapa にとっては自転車部門はごく小さなビジネスらしかったんだけど、なんかあれだね、私にしてみたら
   
なんか一時代が終わった感じだよ、父さん。
関連記事

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

comment

Secret

絶句…
寂しいね。

えーーーーー

マジですか?
驚愕、ショック、ガーーーん!

するってーと、今よりもさらに多くが亜細亜製品になってしまうのかー?

でもなー、
ホルストリンクのTurner2台とIntenseをもっていたりする私ですが、やはり、もうそんな高価なものはオイソレと買えない現況です。

来期からもフレームメーカーが生きる希望を持ち続けて欲しいなぁ。
Profile

ちろ

Author:ちろ

chirosangaku@gmail.com

リンクはご自由に♪

  • 捜索願いを出したい方
  • 無事発見!
  • Categories
    Links
    Information Sites
    News & Trend
    Pro Riders
    Pro Writer / Freerider
    Freeriders
    Blog Pals
    Pro Shop
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    Archive
    検索フォーム
    MTBでチャリティー♡
    MTBで健やかに! オクで寄付して大満足♡
    目指せ1000%!
    Backing!
    Free Online Mags
    海外通販のお店
    海外通販をやりたい方の為に、比較的安全と信頼度の高い所を選んでみました。詳細



     

    YEN

     

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。