スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Inside Line Equipment: ILE メッセンジャー系カメラバッグ

 
今回のインターバイクで面白かったのは私の個人的な所持品で色々な人から声を掛けられた事だ。野外デモの時は懐かしのヘルメットをかぶっていたらそのメーカーの人達に「やゔぁい、カッコイイ!オールドスクールだ!」とサンプル写真を撮られたり(ってあんた達でしょデザインしたの!爆)インドア展示では背負っていたカメラバックが何故かピストの人達に大人気で「うおっ、それ新しいバッグじゃね!やゔぇっ!」なんて声を掛けられたりしていた。

で、そんな中、スペシャのブースの横を通りかかった時の事だった。何やら殺気を感じた私はブースの外からブースの中を覗き込むと、そこには五人の男性達が横一列に並び、私の方を見つめながらが何やら頷いて居るではないか・・・。

ところがどの顔にも見覚えが無い・・・気がする。その視線の対象が本当に私なのか、前後左右を確認してみたところ、後ろは壁で左右には誰も居ない。確かにその対象は私の様だ。

それではと、試しに「俺か?」と私は自分の顔に指をさしてみると、みんな「そうだ」と頷いた。そして「何か用か?」と私はパルプンテを踊ると、「お前のバックパック」と奴らは踊り返して来た。
  
そしてその時全てが繋がった。
 
そう、あれは今年の初旬の事だった。私がネットで ILE のメッセンジャー系のカメラバックを見つけ一目惚れしてしまったのは。
 
ILE PHOTO BAG
 

そのバッグを見つけた私はその場で注文。ついでにそのメーカーについてのお話もオーナーに伺った。ILE 事 Inside Line Equipment、この会社はエリック・フィッシャーさんがアメリカのカリフォルニア州バークレーで経営する
  
☆総従業員数一名☆
  
の小さなバッグメーカーだ。以上。で、その時「今年はインタバ行かれますか?」との私の質問にエリックさんが「ブースは出せないけど、多分行くと思います。」と答えたのを思い出した。
 
と言う事は、「あの五人の中にエリックが居る!」

そう直感した私は
 
「このバックのデザイナーは誰だっ!」
 
と叫んだ所、一番左で目をうるうるさせていた一人の青年が手を上げた
  
私です。
IMGP5561
 
そして我々は固く手を握りあったのであった。

まる。
関連記事

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

comment

Secret

No title

そんなスンバラしい出会いもあるインタバ
いいですねぇ、泣かせますねぇ。。。
行きたいですねぇ~。
もし行けたらチロさんにガイド頼もう♪

No title

全米が泣いた!

とても心暖まるお話です。泣けますた。

No title

いい話だ。

>ふぃぶりーさん、

何時もこんな出会いがある訳ではありませんが(笑)

>グリラボさん

私も泣いた!

>朧さん

照れちゃいます♡

>いい話ださん、

いやん♡
Profile

ちろ

Author:ちろ

chirosangaku@gmail.com

リンクはご自由に♪

  • 捜索願いを出したい方
  • 無事発見!
  • Categories
    Links
    Information Sites
    News & Trend
    Pro Riders
    Pro Writer / Freerider
    Freeriders
    Blog Pals
    Pro Shop
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    Archive
    検索フォーム
    MTBでチャリティー♡
    MTBで健やかに! オクで寄付して大満足♡
    目指せ1000%!
    Backing!
    Free Online Mags
    海外通販のお店
    海外通販をやりたい方の為に、比較的安全と信頼度の高い所を選んでみました。詳細



     

    YEN

     

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。