スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Follow Me」 のUstream 試写会参加してみた。

Follow Me のUstream 試写会に参加してみましたぁ。「業界初!」と言われるだけあって、オンライン参加する此方も何を予測して良いのやら分からなかったのですが、いざ蓋を開けてみたら

えがった

いや、「確かに改善された方が良いのでは?」と言う点も多々あるにはあったのですが、全体的に見た時に体験としては「楽しかった」が確実に残りましたねー。

全体の流れとしては開始7:45分(そのちょっと前からストリームが始まったのかな?)、そこから前作「Seasons」の活気付け放映。終了後、9:10分からパンダ先生によるゲストインタビュー。そして、最後に「Follw Me」 のプレミア。

で、今回オンラインのコメンテーターとして活躍されたのが、司会の森さん(トモリさん)、生涯現役塚本岳選手、TKCのテースケ氏の三人。このキャラクターの違う三人が三者三様のスタイルでイベントを盛り上げてくれていました。

雰囲気的には、森さんが絶妙なペースで豆知識解説。塚本選手は場を盛り上げる為に自分を投げ売りながらのプロライダーコメント。テースケ氏はテースケ氏でビールを5本消費しながらのコアな体験談+ロケサイト等についてのインサイトを。

塚本選手提案の試写会ドレスコード
↓これで一気に場が盛り上がった。

105148786.jpg 


勿論、その間オンラインで同時参加されていた私を含めた200名以上のマウンテンバイカーの皆さんの歓声もその場を盛り上げるのにはバッチリでした。もしかしたら、皆で「ワイワイ楽しむ」と言う点ではオンライン試写の方が実際に会場で参加するよりも充実していたのでは無いでしょうか?

あと、オンラインだけでは無かったのですが、ゲストだったMatt とThomas へのインタビューは今回の目玉の一つでしたねェ!インタビューアーとして突然パンダソニック事、コイチロ氏も登場!もう、出てきた途端にツイッターで「ポンコツだ!」「コイチロさんだ!」「もう飲んでんじゃねーか?」の黄色い声援が飛びまくり(笑。

肝心のインタビューの方は実際にゲストから返ってきた答えにパンダ先生のパンダ3号合成着色料がついて1.5倍美味しくなりました!(当社比)もう、素敵なインタビューを有難う御座いました。

ところで、トーマスは多分かなり良い奴ですね。おまけに照れ屋さん。聞かれた質問に対しても、皆に聞いて貰おうとはっきりとゆっくり英語を喋っていました。Matt と一緒に日本語で挨拶してたのも好感度大です。ありがとさんです。

で、本編の方ですが、以前のも書きましたは、レゲイのパートに入るまではホラー映画です。大事なところが縮みます。と言う事で、今となっては最寄の自転車店でご購入くださーい♪


さて、ここまではイベントの楽しさを書いた訳ですが、次回のオンライン試写会に向けて!「こうやったらもっと楽しくなるのではないか?」の意見を僭越ながらちこびっと。

1.画面をもっと大きくしてェー!

はっきり言ってカメラワークがイマイチでした。多分会場全体の盛り上がりを放映したかったのだと思うのですが、遠いスクリーンに観ている人の後頭部。自転車が好きで堪らない人はガッチリ噛み付いて観るとは思うのですが、たまたま「ツイッターでみ掛けましたよ」って人が「立ち止まって実際に楽しむ」クオリティーでは間違っても無かったと思います。我々コアなマニアは頼まれる所か、お願いして譲って貰う位のスタンスで見て居ますので、折角やるのであれば「ノンバイカーの人達が無理せず楽しめる演出」をお願いしたいです。「お、なんかやってる!スッゲー!」←これなんですが、これは多分今回は無かったのでは無いかと。

2.集合場所が二箇所あった。

Visualized さんのホームページにあったアドレスと、実際に皆が集まっている場所が違いました。

↓ホームページで飛ばされる場所
http://www.ustream.tv/channel/appetizer-japan/v3

↓実際に皆さんが集まった場所
http://www.ustream.tv/channel/appetizer-japan

これはかなり致命的ですね。当初はこのブログにはV3のアドレスを貼っておいたのですが、人の集まり具合をみて、もう片方の方に急遽変更させて頂きました。どっちで観るかでその情報量が天と地の差でしたからね。ここら辺は統一して頂きたかったと。

3.スケジュールが分からない。

これもちょっと辛かった。7:45分から始まる物かと思っていたのですが、実際は9時過ぎから。その情報が分かったのがテースケ氏の「本編は9時過ぎだよ」のツイートによってだけ。途中参加して余興の「Seasons」が流れているのを見て困惑している方もおられた見たいです。

あと、ここからはリクエストなんですが、折角 Matt と Thomas が来日しているのですから、もうちょっと苛めて貰いたかった。例えば余興の間、「コイチロの拷問室」コーナーを授けて一時間取り調べをするとか、他にも会場に来場してくれたマニアのお客さんに試写に臨む熱い意気込みを聞くとか、何か出来た様な気がします、というか更に盛り上がったのでは無いかと。

と、僭越ではありますが、一オッサンの戯言でございます。所で、今回会場で行方不明になっていた
 
 
奈良の方、元気ですかぁ!
 


関連記事

comment

Secret

Profile

ちろ

Author:ちろ

chirosangaku@gmail.com

リンクはご自由に♪

  • 捜索願いを出したい方
  • 無事発見!
  • Categories
    Links
    Information Sites
    News & Trend
    Pro Riders
    Pro Writer / Freerider
    Freeriders
    Blog Pals
    Pro Shop
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    Archive
    検索フォーム
    MTBでチャリティー♡
    MTBで健やかに! オクで寄付して大満足♡
    目指せ1000%!
    Backing!
    Free Online Mags
    海外通販のお店
    海外通販をやりたい方の為に、比較的安全と信頼度の高い所を選んでみました。詳細



     

    YEN

     

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。