先日のオレオレネタのデータをもちょっと考えてみる

あのね、お気づきの方も多いと思いますが、私は極力インプレ等の記事を書かない様にしているんですよ。でね、何故かと言いますと、私はマウンテンバイクに対する絶対的な経験値が自分で低いと思っているからなんです。ね、まだ私が18歳でピチピチってのもかなりありますが(しつこい爆)、別に自転車店を経営している訳でもありませんし、試乗会に積極的に参加している訳でもありませんから。

 

 

あと、それ以前にそもそもマウンテンバイクの評価って偉く難しいと思うんですよ。特にフルサス自転車なんかになると前後サスのセッティングなんかも非常に重要になって来ますし、極端な話、私の自転車に私のベターハーフ(笑)を乗せるとサスが

  

 

  

微動だにしない

  

 

  

  

なんて事もある訳です。それに例え自分と全く同じ身長や体重の方の自転車に試乗したしても、個人の好みとか乗り方(落ちる人、速く走る人、分身する人)によってもまたセットアップって変わってくるじゃないですか?で、下手すると自転車のサイズまでも変わって来る訳ですョ。

  

 

以前にインターバイクでダウンヒル車の試乗をしている時に横のお兄ちゃんが 

 

 

  

何だよこの自転車!

軽すぎて乗り方わかんねー!

   

 

  

なんて叫んでいたのを耳にした事もあります(笑。それから素人さんがプロの自転車に乗せて貰って「なんかサスが死んだ感じがした」とか自転車の何処に焦点を置くかでその感じ方も千差万別なのでは無いかと。

 

  

、「何時もちろは壊れ物とか人の欠点ばかり突いて嫌な奴ぅ」なんて事を思っている方もいらっしゃると思うんですよ、でもね、結局最終的には「品質」、「デザイン」、「機能性」、「耐久性」、「メーカーの方針」等のそれらの方向でしか私には皆さんに情報をお伝えする事が出来ないんです。それでも主観がかなり混じってしまって純粋とはとても言える様な物では無いのですが、

  

  

  

 

まあ、そこは我慢しとけ!

  

  

  

 

で、先日のネタにここで話は戻るんですが、ブレーキの評価もそれなりに難しいと思うんですよ。不確定要素は自転車全体と比べると遥かに少ないですが、ローターのサイズの違いや好み等、それなりにあると思うんです。それにプロの仕事では無く、仲間内での乗り比べなんかだと下手するとまともにセットアップされていない物とかを平気であったりしたりする訳ですよ。

  

 

ね、シマノさんの初期のXTなんかは性能は凄く良かったんですが、ローターの焼きの入れ具合やセットアップの難しさで一般ユーザーの間では意見が白と黒に分かれてしまった事がありました。シマノさんはそれである種損をした訳なのですが、まあ、あれはユーザーフレンドリーに出来なかったシマノさんの負けと言う事で(笑)。

  

 

で話は戻るんですが、例のBikeRaderさんのデオーレの記事、最初読んだ時に物凄く良いなぁと思ったんですョ。だってあれでしょ、もしあの記事がダイノのデータ無しで

   

 

 

「素晴らしいコスパ、十分なパワー!」

  

 

 

とだけ書かれていたら、読んでいる方は自動的に「ああ、デオーレはSaint、XTR、XT、SLXに次ぐ機種だから、多分十分ってSLXと同じ位の意味なのかなぁ?」位に思っちゃうじゃないですか、実際はパワーだけなら

  

 

 

Saintを除く他を全て凌駕しているのに!

 

 

 

 

と言うか、このシマノさんの戦略はある種凄いですね。メーカーの完成車にスペックし易いデオーレを強力にしておいて、ユーザーが他社の製品に浮気した時に「なんだ、いい値段したのにデオーレよりパワー無いじゃん」と浮気ユーザーを

 

  

 

 

奈落の底に叩き落す!

 

 

 

恐るべしシマノっ!

 

  

 

 

で、あれですよ、そんなデオーレパワーのデータを見せ付けられたら自然と何処の製品がパワーが無いのか知りたくなっちゃうじゃ無いですか、ね、人間の性ですね。で、そっちの方に目をやった時に見えたのが4ポッドのAvid Codeだった訳です。で、やっぱり目を疑ったんですよ、2ポッド以上の製品ってパワーが売りですから。でもやっぱりそこに書かれていたのはCodeだった訳です。で、余りにそのコントラストが強かったもので、裏も取らずに

 

 

  

ネタにさせて頂きました・・・

 

 

 

・・・そしたらあんた・・・異議申し立ての書が届いちゃったのョ、照れ屋さんのプロのダウンヒラーの方から。もうね、何でしょうね一体?こーんな怪しいブログなのに、何時も私が頂くコメントやらメールは

 

 

 

「爽やかぁ♪」な物ばかり

 

 

 

もう、あまりに礼儀の正しい文体なので・・・泣けてきました。

 

 

と言う事で、↓そのコピペを此方に

ライダー業をさせて頂いていた関係で
各社の最新ブレーキはほとんどテストしてきたのですが
コードがこのような結果になることは少し考えにくいのです。

私自身はダイノテストをしたわけではなく、実走でのテストのみで
私の感覚でしかないのですが、数名のライダー間で意見が一致しているので
誤差は少ないと考えられます。

あ、ちなみに私は事前に白状しておきますが
SRAMサポートライダーです・・。
でもここは公平な判断のもとコメントさせて頂きますのでご心配なく!

さてコードの評価についてですが
コード発売時にレースでの使用を前提にテストを重ねましたが
率直に申し上げまして、初期から奥まで全域でブレーキが効きすぎて
使用を断念した経験があります。
こんなに男らしいストッピングパワーのブレーキは他にないくらい特徴的なききをします。
これは個体差ではなく2セットテストをしているのでほぼ間違いないと思われます。
初期からのブレーキ制動の立ち上がりは市場に出回っている製品で一番強いと
我々ライダー間では認識しています。
それがゆえにレースレベルでのシビアなコントロールが逆にしにくく
レースでの使用には向いていないと判断しています。
しかしながら一般レベルの方々にはブレーキを強く握らなくても
強い制動力が得られるので、ブレーキを握りっぱなしで指が痛いですとか
腕があがるという方には非常に有効なブレーキと考えています。

ですのでこのダイノテストのグラフは、実走した感覚とかけ離れているように
思えてならないので、ご参考までにと思いました。
サスペンションなどでもそうなのですがダイノテストで良いデータがでても
実走するとすごい乗りにくかったりというのもよくあります。

コードはレースには正直向いてないですが
ファンライドでの下りには自信をもってオススメできますよ!

突然のコメント、御無礼お許しください!
失礼いたしました!

 

 

貴重なコメント、お時間有難う御座いました

 

m(_ _)m

 

 

となって来ると、私もちゃんと働かなければなりません。と言う事で、例のダイノデータの見直しタイムです!先ずはAvid Codeのオリジナルモデル、2007年モデルですね。私は所有はしてませんが、実は以前にSRAMのブースで貸し出していた自転車(SRAMセットアップ)で試した事がありました(汗。

 

 

その時に私がブログに書いた感想は「そしてAvidのCodeブレーキだがしっかりと仕事をしてくれた。レバーの握りやすさと細かいリーチ調節が出来るのはグッド。」、そして今記憶を辿った所、逆にブレーキが効きすぎて、テクニカルな所ではドンブラコッコ祭りだったのを思い出してしまいました(汗。

 

 

で、実は当のBikeRaderさんも2007年モデルのインプレもしていて、その時の記事には「市場で一番パワフルなブレーキ」と書かれています。それからレバーはジューシーな廉価モデルのCode 5のインプレもされています。其方も実は5つ星中、4.5のスコアを叩き出しています。

  

  

で、他の一般ユーザーの皆さんのインプレにもザザッと目を通したんですが、その挙動に対する不満はチラホラ見かける物の、パワーについては

  

 

 

もうお腹いっぱい、ゲプッ。

 

 

 

が一般的な見解の様です。ではCodeが何故ダイノテストであんなスコアを出したのか・・・

 

 

2010年モデルだから?

セットアップ間違った?

ただの不良品ですか?

 

 

それは未だ謎なのだよ、明智君・・・

 

 

 

PS.覆面ダウンヒラーの方、コメント本当に有難うございました。

関連記事

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

comment

Secret

No title

ボクチンもCode使ってますYO!しかもチタンボルトで固定してるYO!

...いや、それだけなんですけどね。ただ制動力はウォーズマンクラスだと思います。

 

ウォーズマンクラス(爆

No title

私もCODE使ってますが、テスト結果を見てがっかりしましたが…
気にしてません、だって下る時に怖かったらとっくに他のに変えてますから、
ってか私、”違いのわからない男”ですから

追伸
ちろ様
こないだのあのマシン今週中に組みあがる予定ですよ~

熊五郎さんお久しぶりです♪

>私もCODE使ってますが、テスト結果を見てがっかりしましたが…
>気にしてません、だって下る時に怖かったらとっくに他のに変えてますから、
>ってか私、”違いのわからない男”ですから

笑)私も違いの分からない男です。でも最近のディスクは一昔前みたいに
「止まらない」物は皆無になって来ましたよね。本当に今は微妙な差で皆さん
しのぎを削っている様です。

>こないだのあのマシン今週中に組みあがる予定ですよ~

おお、楽しみにしてます♪また見せてください~

No title

ちろさん、お手数おかけしました!

ありがとうございました!

今後ともよろしくお願い致します。

Re: No title

照れ屋さんSさん、

> ちろさん、お手数おかけしました!
> ありがとうございました!
> 今後ともよろしくお願い致します。

いえいえ、此方こそお手数お掛けしました。
これからも宜しくお願いいたします♪

No title

結局テスト条件によるのではないでしょうか?
M/S^2 : N

M/S^2 が加速度
これはパッドだのローター径だの条件がありますが、
ストックのをそのまま使用したと仮定してみます。
(もちろん3rdパーティーのでイコールコンディションもありですが)

Nは引く力
どこをどのように引いたんでしょう?紐でハンドル方向にとか・・・?
(1.5フィンガーと3フィンガーでは力点が倍近く違いますし…)
Deoreだとレバー比でもパワーを稼いでるでしょうから
そういう積み重ねが表にでたんだと思います。

名無しさん、

確かにそうなんですよね。データに基本設定が明記されていないので
不明瞭な所が多いです。これも雑誌なんかのプロライダーインプレと同じで
記事の内容を良く噛みしだかないと本当の姿が見えて来ない様な気がします。

でもブレーキの購入を考えている時にこれは他の情報と併せて使うには便利な
道具では無いかとっ。

Profile

ちろ

Author:ちろ

chirosangaku@gmail.com

リンクはご自由に♪

  • 捜索願いを出したい方
  • 無事発見!
  • Categories
    Links
    Information Sites
    News & Trend
    Pro Riders
    Pro Writer / Freerider
    Freeriders
    Blog Pals
    Pro Shop
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    Archive
    検索フォーム
    MTBでチャリティー♡
    MTBで健やかに! オクで寄付して大満足♡
    目指せ1000%!
    Backing!
    Free Online Mags
    海外通販のお店
    海外通販をやりたい方の為に、比較的安全と信頼度の高い所を選んでみました。詳細



     

    YEN

     

    RSSフィード