2010 Turner DHX & RFX

 

Dave Turner 

 

マム&ポップスさんのブログの方にRFXについての記事が上がっているのを見て、RFXネタの続きを書くのを忘れていた事を思い出したので、このエントリーではその続きを書く事にします。今回のインターバイクではターナーの社長さんとじっくりお話する機会があったんですが、この新型RFXはリリースまではもうちょっと時間が掛かりそうです。

 

Turner RFX Proto

 

 

現段階を表現するのであればフレームの仮組が取り合えず終わった、そんな感じでしょうか?一応、デザイン的な方向性はそれなりに決まったものの、フィールドでのテスト走行、そしてその他モロモロが未だの段階なので、これからこのフレームがどの様に変化して行くのか、社長のDave Turner氏自身も見当が付かない様です。

で、今回のお話で RFX と比較対象に出されたのが、未発売の新型 DHR なんですが、DHR は昨年の今頃に今年のRFXと全く同じ状況にありました。一応形にはなっている物の、実際のフィールドテストは未だの状態、そんな状況でした。

 

Turner DHR 

 

その後、この一年 新型DHRのプロトタイプは主要なプロライダー・テストライダー達にばら撒かれ、念入りにテスト走行・実際のレースでの使用等が行われた訳ですが、その結果、暫く使い込むとフレームのリンクボルトの穴が楕円に変形してリンクに遊びが生まれてしまう不具合が発覚、それでも今年レーサー達は無事レースシーズンを終了する事は出来たものの、

 

 

「こんなんじゃ未だ売りに出せん!」

 

 

との結論が出たそうです。で、当のRFX はそのテスト使用も未だの段階。前述した様に社長のターナー氏自身もこの先 RFX が如何変化して行くのかは全く見当が付かないそうです。

それに、前モデルの RFX は非常に人気モデルだっただけにそのプレッシャーも大きく、その分ターナー氏も慎重になっておられる様子でした。まあ、消費者の心理状況と云う物は勝手なもので、2002年にRFXを購入してファンタジーワールドに昇天してしまった人達は、今回の新型RFXでもファンタジーワールドに突入できるものと勝手に確信している訳です。例えマウンテンバイクの使用状況が2002年から劇的に変化していたとしてもです。

一口に言えば、ターナー氏は劇的に変化してしまったマウンテンバイクシーン対応で、更に期待するファンの妄想をも満足させるマシンを今こさえる努力をしている訳です。これはそうは簡単に出来る事ではありません。それでも、ターナー氏が繰り返し口にしていたのは

 

 

「妥協だけはしたくない。」

 

 

でした。「他のメーカーで、妥協した製品を販売して、後から交換部品の発送を繰り返す様な所があるが、おれはそんな事はしたくないんだ、一発で決めたいんだ。」そんな事を熱く語ってくれました。

 

で、社長は最後に一言

 

 

「出来た時が売れる時」

 

 

そう言って話を締めくくって下さいました。何だか正にこの一言に全てが集約されている様ですね。一応、完成は春先みたいな事を仰ってましたが、全体の話の流れからすると、春先はちょっと時期尚早の様な気がします。でも、ターナー ファンの方はそんなのは既に馴れっ子ですよね。ターナーはそんなお付き合いをして行くメーカーですものね。

関連記事

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

comment

Secret

はーい慣れてまーす

ホント、飽きが来ないし、ずっと使えるので、気が付くと周りから「まだ乗っていたの?」と言われてしまう位です
モノ造りの姿勢として、ホント、職人ですね。
最高です
Profile

ちろ

Author:ちろ

chirosangaku@gmail.com

リンクはご自由に♪

  • 捜索願いを出したい方
  • 無事発見!
  • Categories
    Links
    Information Sites
    News & Trend
    Pro Riders
    Pro Writer / Freerider
    Freeriders
    Blog Pals
    Pro Shop
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    Archive
    検索フォーム
    MTBでチャリティー♡
    MTBで健やかに! オクで寄付して大満足♡
    目指せ1000%!
    Backing!
    Free Online Mags
    海外通販のお店
    海外通販をやりたい方の為に、比較的安全と信頼度の高い所を選んでみました。詳細



     

    YEN

     

    RSSフィード