斉藤 祐樹 プロを応援する事にした

制服の胸のボタンを~下級生達にねだられ~♪
 

Yuki Saito  

何だかなぁ・・・変態は変態を呼ぶって本当ですねぇ。私に声をかけて来る人ってっ十中十、そう絶対100% 何らかの変態さんだったりする訳ですよ。

別に私、黒間に興味がある訳じゃ無いんですよ、でもErgon って Crank Brothers と並んで ID系がヘビーなメーカーじゃないですか(多分、ここはfeeblyさんしか付いて来てない笑)、だから日々その動向をチェックしている訳ですよ、下り系の物を作って無くとも。

で、今年も緑が鮮やかだなぁ、なんて思いながら軽くErgon のブース前に置いてあったレースマシンの写真を撮影していた訳ですよ、前を通り過ぎながら、軽く一、二枚、別に中に入って質問するわけでも無く。

そしたら中から人が出てきたんで、此方から軽く挨拶代わりに

 

 

「緑がまぶしいね、フッ」

 

 

の台詞を吐き捨ててその場を立ち去った訳ですよ、別に質問も特に無いので(笑

そうしたらその中から出てきた人が

  

  

「もしかして、日本の方ですか?」

 

  

と、日本語で一言。で、振り返ると、それがアメリカでマウンテンバイクのプロレーサーをしている斉藤祐樹選手だった訳ですよ。いや、正確に言うと、名前は知らなかったのですが、Ergon に日本人レーサーが居るのを何気に知っていたのと、その選手がチームメイトに「何食ったらあんなにタフになるんだ」みたいな事を以前Ergonのブログで書かれていたのを読んだのを思い出して

 

 

ああ、あの日本食でパワー大爆発の人ねぇ

 

 

と脳内情報連結完了。で、マウンテンバイクにも色んな競技があるんですが、下りが系が最短競技だとしたら斉藤さんはその全く反対側、

 

 

長距離系のスペシャリスト(汗

 

 

やばいですよ、この人。それも簡単に言うと、24時間走り続けたり、ランスで有名な160キロ 以上走るLeadvill とかを専門にやってる、いわば自虐を極めた

  

  

究極の変態マウンテンバイカーさん

 

 

斉藤さんは私とは種類が全く違いますが変態さんとしては完全な仲間です。斉藤さんの輝かしい戦歴。で、私は相変わらず、そんな偉大な初対面の斉藤さん相手にErgonのバックパックは重たいから改善しなさいとか、また好き勝手な事を言っていたら・・・話が長くなってしまったので、

 

 

では、また明日

 

Yuki Saito   

と再開の約束をしてその場を立ち去ったのであった。 

で、これから斉藤さんは勝手に変態ちろファミリーの一員です。

皆さん応援する様に。

関連記事

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

comment

Secret

Profile

ちろ

Author:ちろ

chirosangaku@gmail.com

リンクはご自由に♪

  • 捜索願いを出したい方
  • 無事発見!
  • Categories
    Links
    Information Sites
    News & Trend
    Pro Riders
    Pro Writer / Freerider
    Freeriders
    Blog Pals
    Pro Shop
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    Archive
    検索フォーム
    MTBでチャリティー♡
    MTBで健やかに! オクで寄付して大満足♡
    目指せ1000%!
    Backing!
    Free Online Mags
    海外通販のお店
    海外通販をやりたい方の為に、比較的安全と信頼度の高い所を選んでみました。詳細



     

    YEN

     

    RSSフィード