スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シマノ XTR9050 Di2 解禁!


あい、シマノさん家の電動XTR9050が遂に解禁となりました。で、「ただ電動になるんでしょ?」と思っていたら大間違いでした。今回のポイントは大きく分けて二つあるんですが、その一つは、なんとシンクロナイズド・シフトと呼ばれる「一つ」のシフターで前後のディレーラーをシフトしてしまおうと云う大胆な物でしたっ!
 
↓ファイアーボルトシフター。こいつ一つで前後のシフトがコントロール可能に。勿論従来の左右別のシフターでマニュアルシフトも可能。

↓動画で観ると一目瞭然だでよ!
 
これはあれですね、理にかなってますね。そしてこれがスムーズに動いてくれるのであれば、ある意味1Xを凌駕する物になるのでは無いかと。

勿論、他のDi2システム同様、E-tubeシステムを介してシフト速度等の細かいプログラムが可能で、何処でフロントをシフトしたいか等も自由自在にセッティング出来る模様。1X、 2X、 3Xのシステム対応。

そしてもう一つの大きな話題はこのSC-M9050ディスプレー。これが拡張可能なシステムで、バッテリー残量やギアポジション確認等の基本機能の他に、E-tube装置用の3つのポートが用意されており、現時点ではFOX iCDとの通信が可能、そのセッティングをコントロール出来るとの事。

その他にもフレーム内蔵バッテリーにも対応していて、ここからバッテリーを充電する事が可能になっているらしいです。

 


と、私が今回のリリースでビビッと来たのはこんな所なんですが・・・


細かい事は XTR の特設サイトみてねぇーっ
 



PS. 勿論クランク等は9000シリーズからの流用になります♡
スポンサーサイト

Öhlins の倒立プロトタイプ目撃さるるの巻

Öhlins の倒立、発売間近なんでしょうか? 色合いといい、中々いい雰囲気を醸し出しています。

Robin Wallner Riding a Prototype Ohlins Fork - Vital MTB



Robin Wallner Riding a Prototype Ohlins Fork - Vital MTB



Robin Wallner Riding a Prototype Ohlins Fork - Vital MTB



 
リアユニットの方も市販される模様なので、オーリンズマニアの方の「前後オーリンズの夢」の実現ももう間近なのかも知れませんね。多分発売されたらそのお値段の方は凄い事になると思いますので、欲しい方は今から頑張って貯金汁!(笑)

RockShox Pike DJ : ショートトラベル版のPikeキタ!

 

あい、ダートジャンプとスロープスタイルをターゲットにした Pike のショートトラベルバージョン、Pike DJ がこの度ロックショックスから発表されましたぁっ!
 


基本 Pike のショートトラベルバージョンで、チャージャーダンバー搭載、35mmインナーの100mm又は140mmのチョイスのあるフォークです。なので一応「DJ」と銘打ってありますが、これは色々と使い方に応用が利くのでは無いかと♡

因にホイールサイズは26インチのみ対応で、価格は$884。発売は7月になる模様でっす!

(PS.多分通常車ではニーズが消えつつある26インチホイールサイズ市場をこのフォークで一挙に受け止めようって意図も密かに隠されているのでは無いかとの勘ぐりんぐ。)

以上! RockShox

おかえり Evil Bikes

ここ6年間、全く更新が無かったEvil のホームページですが、初期製品の不具合等の問題を乗り越え、遂に復活致しました!今回は発足当初とは違い、製品はDHとAMの2本にだけ絞って勝負に出て来ています。

↓クリックしたらホームに飛ぶでよ。
  
最近ではそのDHバイクはWCでの使用率も高く、AM 車に於いてはポック兄さんがホーリーライド等で大活躍してるので、販売活動自体は地味なものの、何気に注目度の高いメーカーです。

以前とは違い、今回の復活は6年間の間、地道に築き上げて来たしっかりとした地盤の上にある物なので、多分突然消えたりする様な事は無いと思います(笑)。つか、Uprising の27.5が出たらほすぃです。
 
って事で、お帰りEvil

Matt Hunter の直角コーナリングは本物だったの巻

 ちょっと前に話題になったんですよね、この画像。
 

 
 で、本当にこんな事が出来るのかと思っていたら・・・
 
動画が出て来ました(汗)
 

 
Matt Hunter ゴイスー・・・

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Sherpa Chainguide Plate:自転車部品も遂にダウンロードの時代に突入!

 遂に自転車の部品もデーター売りの時代がやって参りましたぁぁぁぁっ!(汗)

Zealous Bike Co. | Sherpa Chainguide Plate


 

Zealous Bike によると、これが世界初のデータ売り自転車パーツだそううです。で、売りに出ているデータはDMRのチェーンガイド用カスタムプレート価格は£1。ストックの物よりも10速のスモールリングにフレンドリーなデザインになっているそうです。
 

Zealous Bike Co. | Sherpa Chainguide Plate



 
全ては近年の3Dプリンターの急速な普及に起因する物なのですが、自分で印刷するなり、印刷してくれる所に依頼するなり、好きにしてくれとの事。因に素材はナイロンでプリントするのが一番のお薦めだそうです(笑)

まあ、あれですよね、これによって色々な可能性が切り開かれて行く訳ですが、皆さんもうかつにパテント絡みの訴訟を起こされない様、御気をつけ下さいネ♡(ナニソレー)
 

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

SRAM X1 グループが新登場:1X11を更にお手頃価格でっ!?!

あい、SRAM が XX1 と X01 に引き続き、11速の新型コンポ、「X1」をリリースして来ましたっ!


 
XX1、 X01、と来たので、次は X91かな?と漠然と考えていたんですが、見事にすかされました(笑)って事で、そのコンセプトなんですが、
 
「XX1 と X01 の全てのフィーチャーを踏襲 したまま価格を引き下げる!」
 
で、今迄どうしても高価格がネックだった「1X11」の壁を出来るだけ低く、性能を維持したままもっと多くの人に「1X11」に触れてもらいたいと言うものらしいです。

基本、部品のデザインや機能共に上位モデルと同等なので、細かい部分でカーボンパーツをアルミに変更したり、加工プロセスを簡略化したり等の工夫で価格を抑えに行っています。

↓ディレーラーの場合はケージがカーボンからアルミになっています。

 
↓カセットはXドームの全削り出しでは無く、一部削り出しのハイブリッドに。


スペック表:



 
と同時に、多目的モデルの ROAM シリーズのホイールにも新しくXD カセットボディ対応のローエンドホイール、ROAM 40 と ROAM 30 が追加されました。

↓この廉価ホイールのアプローチは好きよ♡


スペック:



多分スラムさんとしては、これらの製品を一つの「パッケージ」として価格を抑える方向に舵を切っていると思うのですが、個別でその重要部品の価格を見てみますとこんな感じになっとります。

↓バイタルさんからお借りしました。

First Look: SRAM X1 Drivetrain - 1x11 Trickling Down - Features - Vital MTB



 
やはりカセットの価格がどうしても抑えられないみたいですねぇ・・・10速の現行X9 モデルと比べると3倍以上。リアディレーラーも約倍の価格。シフターは頑張ってかなり価格が抑えられてますが、これも現行のX9モデルと比べると高価です。

チェーン落ちし難いXシンク等の技術を加味すると正当化出来る価格なのかも知れないんですが、未だ本当の意味での「庶民」レベルにはチョット到達していない感があります。

「我々の提案するアイディアを出来るだけ最高の形で受け取って貰いたい!」
 
と云うスラムさんの気持ちも解るのですが、シマノさん家で例えるのであれば、XTRとXTの間にまた幾つか違うコンポが挟まっている様な物で、ちょっと不思議な感覚です。って事で、スラムさん、本当の意味での

X9 レベルの「1x11」をはよ出してぇ♡

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

TREK断言?DHのワールドカップレベルはこれからは650B

 
 Bike Magazine さんがトレックの本社を訪れて、新型の650Bセッションについて色々質問している面白い動画です。

かいつまんで内容を説明しますと、TREKは当初は650Bに対して否定的な見解を持っていたそうなのですが、実際に色々とテストしてみた結果、「もうこれからのDHレーシングマシンは650Bしか無いだろう」との結論に至ったそうです。

しかしながら26インチを完全否定している訳ではなく、パークやリクリエーションのエリアでの26インチの楽しさは否定出来る物では無いので、(現時点では)26インチ、650Bの両方をラインナップに今後とも揃えて行く予定との事(楽しさでは無く、速く走りたいんだったら650Bだね!って事です)。

で、次世代の650Bのカーボンセッションですが、新しくチェーンステーがカーボンになったのに加え、前三角はその耐ネジレの強度を維持したまま、縦方向に現行モデルよりも柔軟さ持たせたデザインになっているそうです。
  
↓って事で、その動画をドゾー。

コレからのDHは650Bなんね、そうなんね!

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

Profile

ちろ

Author:ちろ

chirosangaku@gmail.com

リンクはご自由に♪

  • 捜索願いを出したい方
  • 無事発見!
  • Categories
    Links
    Information Sites
    News & Trend
    Pro Riders
    Pro Writer / Freerider
    Freeriders
    Blog Pals
    Pro Shop
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    Archive
    検索フォーム
    MTBでチャリティー♡
    MTBで健やかに! オクで寄付して大満足♡
    目指せ1000%!
    Backing!
    Free Online Mags
    海外通販のお店
    海外通販をやりたい方の為に、比較的安全と信頼度の高い所を選んでみました。詳細



     

    YEN

     

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。