スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAXXIS MINIONーDH 26x2.5 40a F&R前後セット歴史上最安値!@重力技研

はい、重力技研のハギー先生から「タイヤの海に溺れているので助げでぐれ」とのご連絡がありましたので、レスキューエントリーです(爆)とは言う物の、MAXXIS MINIONーDH 26x2.5 40a のタイヤがF&R前後セットで
 
半額以下!
 

MAXXIS MINIONーDH 26x2.5 40a F&R前後セット歴史上最安値! | 重力技研
 
って言うのはそうある話では無いので、興味のある方は是非チェケらで御座います。
スポンサーサイト

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

スペシャライズドのシニャード社長、カナダでハグハグ!

おお、遂にスペシャの「ルーベ」の登録商標を巡る一連の騒動(その1その2)が終焉を迎えましたっ!これは全く予想だにして居なかったのですが、なんと、スペシャのシニャード社長が直々にカナダへ赴き謝罪&ハグハグです!

 
まさか直接謝罪で来るとは・・・スペシャ、侮れませぬ。でもあれですね、ソーシャルメディアって本当に凄いですね。何が凄いって、訴訟だなんだが日常茶飯事のドライな北米社会に人間味を復活させましたもんね。これって画期的な事ですよ、と言うか、この件はそのうちはケーススタディになって大学とかでも研究に使われそうですね(笑)。

因にこの動画の内容の方なんですが、「カフェルーベのホイールがスペ社の事務的な登録商標の管理プロセスに引っかかってこんな事になってしまったけれど、行き過ぎがありました、全ての訴えは取り下げます、ごめんなさい。」って事になっています。

でも、あれですね、実際に人と人が和解している姿を見るとどうしても和みますよね、なんかやられた感じです。

って事で、これを期にスペシャには本当の意味で人間味に溢れたメーカーになって貰いたいですね!ガンガレスペシャ、奇麗なスペシャになってくれっ!

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

必見:今日のロードdeアクション

 貴方もコルナゴを買うと、こんな事が出来る様になります。
・・・にしてもキャストが豪華すぎるっ!
 

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

スペシャライズド VS ソーシャルメディア その2:途中経過

 

前回お話しした、「ルーべ」名称の権利を巡るスペシャライズドVSカナダの自転車店「カフェ・ルーベ・バイシクル・スタジオ」の件なんですが、未だ完全決着とは言えない物の、ちょっと動きがあった様なので、その途中経過を書かせて頂きます。

先週土曜、カナダの新聞社、カルガリー・ヘロルド(ソース)によって、カナダの個人経営の自転車店「カフェ・ルーベ・バイシクル・スタジオ」がアメリカの大手自転車メーカースペシャライズドから店名を変更する様要請を受けている事を報道。

内容は「ルーベ」はスペシャライズドの登録商標であり、その無断使用は許されない、直ちにその店名を変更するか、若しくは法廷で争うか、との物だった。



それを知ったサイクリングコミュニティが「ルーベ」は元々自転車レース「パリ〜ルーベ」で有名なフランスの「地名」であり、如何に商標登録してあったとしても、それを行使する、それも名も無い個人経営のビジネスに対してするのは理不尽だ、弱いもの苛めだと猛反発。全世界でソーシャルメディアを介してスペシャライズドへのネガティブキャンペーンが始まり、スペシャライズドのFacebookは大炎上



その間スペシャライズドは沈黙を守り、何の消火活動も行われぬまま迎えた週開けの今週の月曜、Fuji自転車の親会社、ASI が声明を発表。元々 「ルーベ」 は ASI が1992年に登録した商標であり、スペシャライズドは2003年からそれをライセンス契約で使用。その契約の合意書の中でスペシャライズドが今回の様な権限を行使する様な行為は出来ない様になっていると主張。そして店名の「カフェ・ルーベ・バイシクル・スタジオ」はライセンス契約さえしてくれれば使用しても何の問題も無いと付け加えた(ソース)。



そして本日、遂に沈黙が破られ、「カフェ・ルーベ・バイシクル・スタジオ」がスペシャライズド社社長、マイク・シニャード氏と会話を交わした事を発表(ソース)。

「今日、マイク・シニャード氏と素晴らしい会話をする事が出来ました。皆さんに全てが上手く行きそうだと報告出来る事が嬉しいです。皆さんの支援に感謝しています。本当に皆さんは素晴らしいです。有り難う、ダン。」

↑いまここ。と、詳細は未だ解らないのですが、取り敢えずは一段落かなと言う所みたいです。今後スペシャライズドからどの様な声明が発表されるのかは解りませんが、今回の件でかなりスペシャライズドは懲りたのでは無いかと思われます。

因に今回とても画期的だったのは、これまでこの様な案件で一度も折れた事の無かったスペシャライズドが、ソーシャルメディアのネガティブPRによって遂に折れてしまった言う所では無いでしょうか。

これは私の勝手な憶測でしかないのですが、多分スペシャライズド社長のマイク・シニャード氏は物凄い几帳面な方で、僅かな綻びさえ許せない性格なのでは無いかと。法律の強さや怖さを熟知しているからこそ、弱みを見せない様、隙を作らない様に今まで常に攻めて来たのでは無いかと(本当に誰得?みたいな訴訟も今まで沢山やってきてますからね)。

だから故に、今回の「守ろうとして逆に負けた」事はシニャード氏にとってとても良い経験になったのでは無いかと思われます。これからはこれを期にシニャード氏にはもうちょっとゆったり構えて貰いたですね。もう、スペシャオーナーに肩身の狭い思いをさせちゃ駄・目・よ♡

その顛末は此方

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

リリーちゃん萌え (*´Д`)ハァハァ

2年前の動画なんですが、リリーちゃんがカワユ過ぎます♡
済みません小型犬フェチなんです(笑)。
 

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

Trail LED HALO : 6000 ルーメンってなんぞや!


Halo - Trail Led 
 
正直、最初見た時は「なんて不細工なライトなんだ!」と思ったんですが・・・実は、こいつはただ者じゃぁ無いんですよ。なんとこのカチューシャ、
 
6000ルーメンの光線を発射するらしいんですョ!(爆)


因に通常の車のヘッドライトのハイビームが1500ルーメン位、HIDのヘッドライトのハイビームが3000ルーメン位なのを考えると、6000ルーメンはトンデモナ数字だと言う事がお解り頂けると思います(笑)

↓HIDのハイビームとの比較
 
以下がスペックです

ハイモード: 6000 ルーメン - 2時間
ローモード:4000 ルーメン - 4時間
緊急モード - 600 ルーメン - 38時間 (600は普通に十分明るいんですが笑)

充電時間:2時間
バッテリー重量: 570g
ライトボディ重量: <190g

ってな具合になっています。一応、自転車用にデザインされているのですが、これだけの強い光を発するとなると、色々な事に応用が利きそうですよね。

例えば、道端に不審者が居て、注意したいけどちょっと怖い時にこれを被って行って、「なにしてるんだお前!」とかこっちの顔を見られずに注意出来たりしますし、山で熊と遭遇した時でも咄嗟に6000ルーメンモードにして目つぶしを食らわせたりも出来ます。

ライドの帰り際にトレイルに落とし物をしちゃったのに気付いた時にもこれを被って探しに戻ったり、あと、勿論ナイトライドの撮影とかも楽になりますよね!

確かに普通の自転車用ライトとして6000ルーメンはちょっとやり過ぎかも知れませんが(爆)、これは使い方によってはかなり遊べそうですよね。って事で、Halo はお値段の方も規格外の1119 USドル也!
 

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Wolf Tooth もワイドレンジコンバーターを発売!

 はい、変態の北澤さんの所の宣伝部長のちろです(ってか、北澤さんが面白い製品を取り扱うので、そんな感じに勝手になっちゃってますw)。って冗談は置いておいて、あの  Wolf Tooth も10速の42Tのワイドレンジコンバーターを作るらしいですよ! 発売も  One Up と同じ頃(来年2月?)になるそうです。
 

Koh Kitazawa
Wolf Tooth をご存知無い方に簡単にご説明致しますと、最近のフロントシングルの流行の中台頭して来た、チェーンデバイスを必要としない/チェーンが落ちない(スラムのXX1スタイルの)フロントリングを製作しているメーカーです。他にもAbsolute Black なんかが似た様なリングを作ってますね。

で、今回北澤さんが取り扱うコンバーターなんですが、そのお値段の方は例のLeonardi の3枚よりは安くなるそうですが、やはりアメリカ製なのでそこそこはするそうです(笑)。因に One up の方も全く同じ物なので、取り扱いを迷ってるそうですが、ちゃんと検討中との事です、以上でーっす♡

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

スペシャライズド VS ソーシャルメディア:スペシャが小さな自転車店を脅すの巻

 

Damage Control. | tomdemerly

最近はこの手のエントリーを書くのが凄く心苦しいのですが、スペシャライズドがまたやっちゃってくれました、恒例のちびっ子苛めです。

ご存知の無い方に簡単にご説明致しますと、まあ、スペシャライズドという会社は知的財産権について物凄く拘りのある、常軌を逸している会社と言えば宜しいのでしょうか? 兎に角、この会社の法務部は必要以上に知的財産権に固執していて、コピー製品は勿論の事、ちょっとでも自社製品に類似した物、雰囲気のある物を相手取り手当り次第に訴訟を起す会社なので御座います。

古くはRockShox の登場時に、名前が Rockhopper に似てるからといちゃもんをつけて、スペシャ印のフォークを作らせたり、最近では退社した社員が発足した新しいメーカーにいちゃもんをつけて潰しに掛かったり、それから往年のサスペンションメーカー、ストラトスも実は影でスペシャに圧迫され裁判で戦う資金が無く、会社を潰してしまったり等、例を挙げれば切りが無いのですが(ホーストリンクの特許でもかなり訴訟を起しましたからね)、まあ、兎に角、日々そんな事に裏で情熱を燃やしているメーカーなので御座います。

私は基本、自分の所有する知的財産を守る事に関しては、何も問題の無い事、むしろ守るべきだと考えている人間なのですが、スペシャの場合はそれに固執しすぎて、ちょっと異常なレベルにまで到達してしまって居るので御座います。

で、今回のスペシャのターゲットなのですが、カナダの、今年の3月に開店したばかりの「カフェ・ルーベ・バイシクル・スタジオ」という小さな自転車店。(オリジナル記事: カルガリー・ヘロルド

何が問題なのかと言うと、店名に含まれる「ルーベ」(おフランスの地名で御座いますね)をスペシャが商標登録していると主張(いや、実際登録をしているは確かなんですが、地名ですよ・・・)。そして、そのお店を「ルーベはスペシャの登録商標だからお前は店名を変えろ、さも無ければ訴えるぞ!」と圧迫。

で、このケースをそのショップオーナーが裁判で争うとなると、多分$150,000位は掛かってしまうだろうと・・・

実は2年前にも「Epic(雄大な)」を巡って同様のケース(遡ればもっと沢山)があり、その時は相手側が押し負けて店名を変更したのですが・・・今回の件に関してはその様相が一変。スペシャがどう見ても不利な形勢に。その理由としては

1.   店主がアフガニスタンで戦った退役軍人だった。
2.地元新聞のサイトで記事が取り上げられた。
3.   2年前よりもソーシャルメディアが飛躍的に発達していた。
 
勿論、小規模ビジネスVS巨大企業という構図も大きいと思うのですが、店主が退役軍人(北米だと国の為に尽くした人と言う事で尊敬される)だったと言うのも相まってソーシャルメディアで爆発的に情報が拡散。現在、スペシャの Facebook はネガティブコメント満載状態、そしてボイコットスペシャのページまで。更には「スペシャと戦え」とクラウド・ファンディングまで登場する始末。もうこの上ないネガティブキャンペーンに発展しています。

以前はスペシャが同様の苛めを仕掛けても、情報は一部のサイクリストの間でしか広まらなかったのですが、今回はソーシャルメディアのおかげで、かなりの勢いで一般へも情報が拡散されています。

私自身もスペシャのこのやり方が嫌いで、スペシャの自転車にはここの所ずっと食指が動いていないんですが、元々スペシャはとても良い製品を作りますし、自転車コミュニティにも多大な貢献をしているメーカーなので、これを期に是非スペシャライズドにはこの下らない慣習をやめて「新しい綺麗なスペシャ」に生まれ変わって貰いたいです。

是非、私にも「スペシャの自転車を買いたい!」と思わせるメーカーになって下さい、お願いします。

続きのパート2は此方

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

TranzX からワイヤレスドロッパーポストとサスペンションステムがっ!

 あい、プレスリリースでっす。この度、TranzX が世界に先駆けてワイヤレスのドロッパーポストをリリース致しましたっ(3dレンダーだけですが)。以前、トムソンがBluetoothでワイヤレスドロッパーポストをやるとの話があったんですが、それよりも先に(3dレンダーだけですが)TranzXがやってしまいました
 
↓TranzX Dropper Post (JD-YSP06)

モデル名:JD-YSP06 - 2.4 GHz WirelessControl Version
トラベル: 80 mm (ポスト長:350 mm) and 100 mm (ポスト長400 mm)
荷重制限: 70 kg モデルと 90 kg モデル

その他にも JD-YSP02とJD-YSP03 の2モデルのドロッパーポストが発売されるそうです。

JD-YSP02 - ベージックバージョン
トラベル: 80 mm (ポスト長:350 mm) and 100 mm (ポスト長:400 mm)
ハンドルバーリモート
荷重制限:70 kg モデルと 90 kg モデル

JD-YSP03 - ICR (インターナルケーブルルーティング) バージョン
トラベル: 80 mm (ポスト長:350 mm) and 100 mm (ポスト長:400 mm) 120 mm (ポスト長: 420 mm)
ハンドルバーリモート
荷重制限:70 kg モデルと 90 kg モデル

そしてお次ぎは、サスペンションステムのANTISHOCK Stem JD-ST129A。 ステムが上下に+1° から -2° 稼働、ステムクランプに挟んであるシムがショックを吸収するシステムです。

↓これはフルリジットの自転車には良さそうですね! 
ANTISHOCK Stem JD-ST129A
材質:Alloy 6061-T6
重量/長さ: 200 g /100 mm
角度変化:+/- 2°
サイズ: 80/90/100/110/120 mm
小売り希望価格 € 99.00.
発売予定 2014/4月

で、以上がTranzXからのプレスリリースだったんですが、シートポストがどの様なシステムでワイヤレスなのか、ステムに挟んであるショック吸収材がどんな物なのか等についての詳細までは記載されていませんでした。色々とモヤモヤとした疑問が残るのですが(笑)、そこは我慢して、実際に製品が出てくるのを待って見る事にしたいです♡

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

和式MTBの未来を垣間みたの巻

 噂によると、九州では既に「くまもん」よりも知名度の高いライダーらしいです(爆)。なんだか和と洋の上手な融合を目撃した気がします。Yuris さんも多分大興奮(笑)必見です。

↓何より楽しそうに乗っているのが素晴らしい。

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

部屋とYシャツとワイドレンジと北澤さん

最近巷で話題のこれ、OneUp の42Tのスプロケット。10速スプロケットの17Tを抜いて、後ろに42Tを噛ましちゃうって云う強引アイテムなんですが、なんかこれ、北澤さんがやってくれそうな予感です。

 
10速をワイドレンジに。17Tを抜いて代わりに42Tを入れられるらしい。これも北澤さんやるかしら(笑)
2Like ·  · Promote · 


てな具合で、現在 FBで話が進行中なんですが(笑)、その直後にまた話題になったのが、この Leonardi の9T(汗)から42Tのトンデモワイドレンジ(笑)こちらもまた10速なんですが、ハブのスタイルがXDの11速対応の物じゃなきゃ行けないと云うちょっとした曲者。
 
で、これに対してLeonardi を取り扱ってる北澤さんは、
  
Leonardi が9Tから42Tって凄い事にw
Photo: Cassetta 9-42 di Leonardi Racing: http://www.mtb-mag.com/cassetta-9-42-di-leonardi-racing/


てな感じになっています(爆)勿論北澤さんはオリジナルの Leonardi のワイドレンジコンバーターも取り扱っているので、

レオナルドの42tアダプター入荷します! | Alternative Bicycles


 
10速のワイドレンジに興味のある方は是非北澤さんにご相談をドゾー。というか
、9T-42Tのカセットに関しては、興味のある方は早めに北澤さんに連絡しておいた方が手に入り易くなると思います、はい。

なんかグダグダのエントリーになってしまってすみません(汗)

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

今週の動画で賞:Cotic Bikes Presents #26aintdead

 CoticSteel City Media は本当に何時も生き生きとした良い動画を作りますよね!これは今週の動画で賞です。やっぱり26インチの機敏さに敵う物はありませんね!
  

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

TKC Productions が Superco をちょっとだけ始めます。

テース家さんがSupercoちょっとだけやるかも?で、今の所の 流れは以下の感じです(爆)



久しぶりにSupercoに連絡をしてみました。あのChris Boudreaux氏の手掛けるフレームです。Chrisというと誰か全然わかりませんが、要はあのDocです

在庫があれば取り寄せる予定がありますので、気になる方は一緒に取り寄せしますので、ご連絡ください!

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Borealis のフルカーボンファットが日本に上陸します。

あい、先日ご紹介した10キロを余裕で切ってしまう例のフルカーボンのファットバイクが日本に上陸します。勿論、取り扱いはあの変態の北澤さんの所です(笑)興味のある方は是非お問い合わせてして見て下さい♡

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

だからマウンテンバイクは皆で乗ろうって動画

マウンテンバイクは本当に何があるか解らないスポーツなので、出来れば二人以上で、一人で乗る時は確実な安全マージンをとった乗り方をしましょうね♡ にしても、何回見ても背景の景色が素晴らしいです(笑
 

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

SOLID STRIKE 27.5インチのダウンヒルマシン

 今シーズンのダウンヒルは面白かったですねぇ。神がかりだったグウィンが嘘の様に普通になってしまったり、ミナーがワールドチャンピオンシップを獲ったり、そしてスティービーがジーを破ってWCで逆転勝利したりと、非常に熱かったです!

一方、機材の方で注目を集めていたのが大径車、特に27.5インチ/650B車だったんですが・・・今シーズンはその「華々しいデビュー」とは成らなかった模様です。

しかしながら、決勝の結果としては残らなかった物の、ワールドチャンピオンシップのタイムド・プラクティスでは27.5インチのスティービーが一位、29er のミッチが二位に躍り出るなど、一時はファンを騒然とさせる現象が発生したのも確かです。結局二人とも決勝で転けてしまい、結果は残らなかった訳ですが・・・
 
DHでの大径化の波は確実に来ていると思います。
 
でも、それは「ホイールサイズが確実に大きくなる」と言う訳では無く、今後コース(テクニカルセクションとペダリングセクションの割合等)によって機材を使い分けて来る選手も徐々に増えて来るのでは無いであろうか?って所だと思います。

って事で、今回SOLID が新しい27.5インチのダウンヒルバイクを発表しましたぁ♪ まだまだ27.5インチ車の少ない市場なので、今のうちに先手を打っておこうってのが多分一番大きな所だと思うのですが、16.6キロで、なかなかスタイリング的にカッコいいのでは無いかとっ。お値段は£3999になるそうで御座います。
 

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Above the Wall / Aurélien Fontenoy

これからはね、春先のシーオッター位まで新製品情報とか少なくなって来てしまうので、どーしても動画の連投が続いてしまいがちですが、ご勘弁下さい♡  因にこれはアドベンチャー/トライアル系の動画です。

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

イギリスの Empire Cycles がチタンフレームを丸々3D印刷?

 あい、チタンの3Dプリントと言えば、最近ではドロップアウトを印刷したチャージのCX車なんてのがありましたが、基本金属の3Dプリントはまだまだ高価なので、それを利用して製品をまるまる作るとなると、かなり現実味が薄れたお話になって来てしまうのですが・・・・なんと、来ましたよ、今回あの変態サンドキャストのエンパイア、チタンフレームを
  
まるまる印刷しちゃったみたいでっす!(爆)

エンジニア会社、Renishaw とのコラボのプロジェクトらしいのですが、どうやらこの自転車はちゃんと販売も視野に入れて制作された物らしいです。詳細については追って発表されるとの事なのですが、このプロジェクトが何処まで現実味を帯びた物なのか、非常にとっても興味津々な所で御座います♡

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Profile

ちろ

Author:ちろ

chirosangaku@gmail.com

リンクはご自由に♪

  • 捜索願いを出したい方
  • 無事発見!
  • Categories
    Links
    Information Sites
    News & Trend
    Pro Riders
    Pro Writer / Freerider
    Freeriders
    Blog Pals
    Pro Shop
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    Archive
    検索フォーム
    MTBでチャリティー♡
    MTBで健やかに! オクで寄付して大満足♡
    目指せ1000%!
    Backing!
    Free Online Mags
    海外通販のお店
    海外通販をやりたい方の為に、比較的安全と信頼度の高い所を選んでみました。詳細



     

    YEN

     

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。