スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Intense M9 とTurner のシクロクロス

 Turner のシクロクロスの件で裏取って来ました。Turner 曰く、発売されるそうです。詳細はホームページの方に近い内にウップされるとの事。あと、今日Facebook で Chris Kovarik がIntenseの新型ダウンヒルマシン

 

 
M9を受け取った!!!




との書き込みがありました。気になりますが画像は無しです。
スポンサーサイト

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

シー・オッターで吹き荒れた29erの嵐

今年のシー・オッターは予想以上に29erが一気に来ましたね。最近の29er トレンドは、物珍しさから来る物と言うよりは、XCレースに於いての戦闘機材としての29erの性能が認められたと同時に、それが高く評価された事を意味すると思います。 で、今回のシー・オッターではそれが更に勢力を拡大、ワクテカのエリア」にまで侵食し始めた模様。

ここで簡単にその「29er」の歴史を含めた流れをご説明致しますと、そもそもマウンテンバイクのホイールの「26インチ」という設定は、先ずいい加減な物だった訳です。クランカーズをご覧になった方は多分ご存知かと思いますが、元祖マウンテンと言う乗り物は適当にそこいらに落ちてる物で作られた「部品の寄せ集め」だった訳で、それらは大昔に流行ったバルーンタイヤ自転車とかビーチクルーザー等を改造した物で、勿論そのホイールも「それ専用」に作られた物ではありませんでした。

で、マウンテンバイクが本格的スポーツとして一般に受け入れられ始められた当初から、実はその26インチホイールのサイズが「本当にマウンテンバイクに適した物なのか?」との疑問が浮上し、大分前から色々なメーカーが700cのホイールで色々な実験を繰り返していたのです・・・が、まぁ、自転車の命ともいえるタイヤの種類が致命的に少なかったのもその大きな理由の一つなのですが、中々ヒットを生み出す事が出来ずに迷走を続けてた訳です。

そんな中、29erの可能性を信じ90年代後半に初めて29er専用タイヤをプロデュースしたのがWTB、と同時期に(煮込みの下手な笑) WhiteBrosが29er専用のサスフォークを発売。如何にかMTBとしての基本サプライベースが出来上がり、ビルダーさん達も手を出しやすい環境がそこに正式に確立された訳で御座います。

で、この頃突如、MTB界で巻き起こったのがSS(シングルスピード)ブーム。Bianchi がシングルスピードのB.O.S.Sを発売、思わぬ大ヒットに。「ちょ、何このセンセーション?きもちいい?」それが合言葉でした(本当かよ!)


Bianchi boss 



で、このB.O.S.S、26インチ車だったんですが、この影響を受けてこの頃からビルダーさん達やマニアの方々が何やら影でコソコソと怪しい物を作り始めた訳です。多分この中に某北澤氏のパートナーさんも入っていたのでは無いかと(笑。

そして2002年にゲーリーのおじさんが初めてマスプロで29erを発表!・・・したは良いのですが当初は全く売れず(笑。そのまま暫くダラダラと流れたのですが・・・その水面下で例のコソコソと怪しい事をしていたビルダーさん達やマニアの方々の努力が遂に実り2004年に一大29erSSブームが!

その辺りから一般での29erに対する認知度も急上昇。それに乗じて今は死んでしまった感の強い650B規格等のライバルも登場し29erは益々その知名度をウップ、ユーザーも一気に増え、近年では29erの存在は確固たる物になり、今ではあれほど29erを否定し、メタ糞言っていたスペシャでさえも

 
 
XCの一押しは29erだお!


(で、今年のシーオッターではワンツーフィニッシュしてます動画



と認める存在に。で、以前にもお伝えしましたが、昨年等はVeloNewsが「クロカンでは26インチハードテールは死亡」宣言をする程29erがレースで活躍。もうね、これからのXCは29er化が進むばかりで多分もう後戻りは無いのでは無いかと・・・と言うのが簡単な流れで御座いますお殿様。

で詰まる所、29erは26インチの自転車と比べて如何なのか?と言う事になる訳ですが、先ずデメリットから言いますと、兎に角ホイールが大きいですから、重く、弱く、そしてステアリングが温め、あと加速が遅くなります。で、メリットとしてましては先ずホイールが大きい分細かい物は蹴散らして速度を維持する事が可能、そして接地面積が広い分登り等でのトラクションが高く、更に車軸よりも下にB.B.がある為安定感があります。

で、今までそのメリット・デメリットについては色々な議論、論争がありましたが、現在では「レースで証明」という形で29erのメリットはデメリットを既に超えている!というのが今の自転車業界のオッサン達の結論のようです。


そして、今回のシー・オッターでの新製品ですが、全体を見渡した限りではワクテカ系の新製品が増えたかな?との印象が強いです。今まではどちらかと言うとレース系でスパルタンだったんですが、専用フォークのストローク量がふえたり、フルサスが一気に大手のメーカーから発表されたりと、レーサー以外の客層(リクリエーション系)も視野にいれての商品展開が徐々に始まっています。

で、心配なのはこの29erブームの「下り重視のワクテカ系ライダーへの影響」ですが、これは暫くの間は大丈夫では無いかと。29er はやはり動きがモッサリしてますし、前述しましたが、ホイールが大きいですから、その分柔らかく、トラブルが必然的に多くなる訳で、インパクト系ではホイールはやはり26インチ止まりでは無いかと。Lenzスポーツインテンスの2951なんてのもありますが、現存の26インチのDHバイクと比べるとストローク量も抑えられてますし、どちらともDHマシンと言うよりはセッティングが長身の方向けのフリーライドマシンという感じで、まだまだ脅威のレベルには至って無い様な気がします。

で・す・が!オールマウンテン系には確実に入って来ます。ですのでそこら辺はオールマウンテンでも「登り重視」下りアクション重視」でまたマシンの選択が今後変わって来るのでは無いかとの気象庁からの予報が(笑。


と、ここでシーオッターでお目見えした29er 新製品の総集編。

Norco Shinobi ↓忍びってあんた(笑。
norco-shinobi-29er-freeride-mountainbike01.jpg 
Via Bikerumor

Focus RedSkin
focus-redskin-29er-mountain-bike02.jpg 
Via Bikerumor

 Specialized MYKA ↓女性用らしいのですが、小柄な人にはGoodではないかと。

specialized-myka-womens-29er-mountain-bike08-600x450.jpg 
Via Bikerumor

DT Swiss XR Rigid ↓カボーンde アボーン
dt-swiss-carbon-rigid-mountain-bike-fork01.jpg 
Via Bikerumor

Yeti BigTop ↓マルチセッティングの欲張りHT
yeti-big-top-29er-mountain-bike15_convert_20100430123202.jpg 
Via Bikerumor

Giant anthem X 29er
giant-anthem-29er-prototype-mountain-bike01_convert_20100430123113.jpg 
Via Bikerumor

Rocky Mountain Element Team RSL ↓これもカボーン
1271629410186-11wrj61lgpo5a-798-75.jpg 
BikeRader

Ellsworth Enlightmet ↓エンライトメントも29
ellsworth-enlightenment-full.jpg  
DirtRag

RockShox Reba 29er 140mm のび太ストローク
reba.jpg 
Mtb-forum.it

Salsa El Mariachi ↓渋っ!
P4170193.jpg 
Via Twenty Nine Inches

Cannondale Flash 29er
87079604.jpg 
Via Twitpic

Turner cyclecross ↓え、本当?
IMG_0851-648x486.jpg 
Via SingleTrack


実は以前からターナーのオジサンはシクロやってるんですよ。レースとかにも毎年コソコソ参戦してて。で、SingleTrackの方では発売する様な感じで書かれてますが・・・前回のゾッキの件もありますし・・・怪しいぃ・・・

↓2005年モデルTurner のシクロクロス。結局発売されませんでした。


ってな感じで御座いますよ、お代官様!
 

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

明日は「ALLOUT」の発売日だぁ!

ね、以前も書きましたが、遠ーい昔にAlloutの中の人と、たまたま山の中で遭遇した事があるんですよ。で、私が「ワタシネ、ブログやってるアルヨ!」っていったら、例の彼ら初の手作りDVDをバックパックの中から取り出して
 

俺達は旅をしながら映像撮ってんだ!!!
で、普段は自転車店で働いてまっす

Allout Produx


って去っていったんですが、何かハイパーな奴らでしたね。で、あれから何年経ってしまったのか忘れてしまいましたが、今ではマウンテンバイク好きなら誰もが知るプロダクションにまで成長して・・・もうお父さんは・・・と言う事で、Allout の最新作が明日店頭に並ぶョー!


Allout_web.jpg

紹介文 By ビジュアライズ・イメージさん

 「Stars and Bars」、「Floatin'」、「Days of Dirt」などの個性的な作品をリリースしているAllout Productionが贈る
第7リリース作品は、プロダクションの名前を使った渾身の自信作。
スロベニアからサンディエゴまで、ワールドカップでのシーンを含め、様々なライディングシーンを、Allout
Productionらしい構成でまとめている。主となるのは、やはりワールドカップなどの大会やフリーでのダウンヒル・シー
ン。他にもダートや作品を観終わった後に、自分もライディングしたくなるストレートな作品。

作品名:Allout (オールアウト)
本編収録予定時間:65分
発売予定日:2010年4月30日
予定税込価格:3,150円
言語形式:英語
販売元:ビジュアライズイメージ(株)




みんな頑張ってるなぁー、成長してるなー、でも何で私は相変わらず駄目駄目なんだろ(笑。



orz・・・頑張らんとなぁー!


 

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

Yeti Big Top 29er、 ニュージーランドのSS イベントでデビュー!

何だか訳の分からないプレスリリースがニュージーランドのYeti から届いたョ(爆。で、内容の方なのだが、シーオッターで話題になった例のYeti の新型29er「Big Top」 


Big Top @NZ Singlespeed ChampionshipsYeti Big Top


それが先週土曜にニュージーランドのSSイベントで早速レースデビューしたとの事。それも、その内容によると「まだ世界に一台しかないマシン」と言う事なので、このマシンはシー・オッターでの展示終了後にニージーランドへと空輸、そこでSSレーサーのMarcus Roy の手元に渡った事になる。Marcusの方も受け取って直ぐに組んだものの、まともなテストライドが出来たのはそのレース日当日だったらしい(汗


Yeti Big Top

 
で、笑えるのがそのレース、流石SSイベント!スタートがフロントホイールを外した状態で自転車を担いでの500mダッシュ、そして全5ラップ中2ラップでショートカットの選択が可能・・なのだが、ショートカットを選択すると、その度にビールを一杯ずつ飲み干さなければ成らないというルール(爆。

で、結果から言うと、色々なアクシデントに巻き込まれつつも、Marcus は2回ビールを飲み干して5着フィニッシュ。そして、自転車の方はMarcusのインプレだと
 
 

「この自転車はダブルも気持ち良く飛べてとても楽しかった」

 
「他の29erと比較してコーナーで非常に扱い易かった」

 
 

との事。で、次回Big Topが参加するニュージーランドのイベントは来る10月に行われるSSWCらしいのだが、実はこのイベント、このブログでもお馴染み変態の北澤さんも全裸にチョンマゲで日本から参戦予定。で、今私は北澤さんが
 

 
 
 
ダブルを飛べるのかちょっと心配(笑
 

  
Via Yeti NZ

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

何これ?コスプレ大会?ルイガノグリーンカップ

downhillagogoさんからの抜粋:
 

「岩岳世代大集合!もちろんそうじゃ無い人も!5/22-23、富士見高原スキー場で開催のルイガノグリーンカップで『オールドタイマーデュアルスラローム』が復活します!」


top1-02.jpg 

これって、絶対コスプレ大会でしょ?ね?ね?
 
 

うわー、電波な人に勝って貰いたいわこれ(爆
 



PS.十年前位だったらとんでもない部品沢山持ってますよぉ(笑。

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

エゲレスの大学生の学生プロジェクトダウンヒルマシーン

まだまだ、シー・オッターの保留ネタがあるんですが、エゲレスのSouthernDownhill のフォーラムの方でなんか面白い学生プロジェクトを発見したので先ずは其方の方をご紹介♪


↓ええんでないの?友達3人でデザインしたそうです。

p4pb4888476.jpg 
トップチューブとシートステーが一直線なのが良いですね。
p4pb4888473.jpg 
↓モデリングにはソリッドワークス使ってるそうです。
p4pb4888475.jpg
 
フォトショで完成車のイメージ
Fullbuild.jpg

非常にセンスが良いと思います、と同時に「こんな自転車が欲しいっ!」て気持ちがジワジワ伝わってきます。ちょっとローワーのリンクがモサットした感じを受けますが、チェーンリングで隠れてしまうみたいなのでOK!

今現在、マウンテンバイクで伝統的なビルダーさん達が衰退してしまっている理由の一つにフルサスの登場があると思うんです。ノーマルのチュービングではどうしてもハイドロを駆使したアルミ系のダイナミックさ、そして軽さには太刀打ち出来ない。

それが理由で、大手は更に巨大化、そしてビルダーさん達は隅に追いやられ、それでも生き残りを掛けて自分達で出来る29erやピスト等の方向で頑張ってると思うのですが・・・これまた大手が美味しい所だけさらっていってしまうと言う悪循環。

そんな中、BlakMrketを代表としたBMXの流れを汲んだ鉄軍団がジワジワとその勢力を拡大しています。これまた大手が摘み食いしようとしているのですが、最近の「長い物には巻かれたくない、コーポレーション嫌いの若者達」が根強く反発、「クロモは硬派」的な物が再び、違う形で再燃しようとしています。

で、この学生プロジェクトもスチールベースのフレームに多分魅力を感じてデザインされていると思うのですが、この鉄の流れがブレイクすれば、また小さなビルダーさん達にも日の目が当たる日が来るのでは無いかと。

今現在鉄の下りだと、Superco、ドーベルマン、そんな位で数える程のビルダーさんしか居ないのですが、これからどんどんガレージ系の若いビルダーさん達が増えてくれれば、マウンテンバイクの世界も更に面白い時限に突入するので無いかと思う次第でゴゼーマスだよ、お代官様、家にはもう米一粒ないでやんす。


theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

IM BIKEMAG の第5号が出たよ! 

ちろ山岳はね、「皆で楽しくマウンテンバイクをやろー!」をモットーに掲げて適当に運営されているブログな訳です。私は別にマウンテンバイクのスキルが凄い訳でも無いですし、文章が上手な訳でもありません。更に言えば体力なんかも最近はかなりヤヴァイんです。

で、基本駄目駄目なんですが、そんな私に何が出来るかなぁって考えた時に、自分が「マウンテンバイクが好きだぁ」って気持ち位は伝えれるんじゃ無いかと。でね、その自分が「好きだぁ」って気持ちが皆さんに伝染して、感染者が増加して、そしてその人達が社会から隔離されて
 
 
 

あぼーん!




まあ、兎に角、適当ではありますが、日々皆さんのマウンテンバイクライフに少しでもドライフラワーを添えれればなと、物欲中心ではありますがすが、日々ブログを運営している次第で御座います。


で、こんなブログではあるんですが、それでも偶ーに人から褒められる事が訳ですよ、「良くやったな!」って、それが今回の IM BIKE MAGさん。
ね、先日、IM BIKE MAGさんのRou さんからメールを頂きまして、



なんか知らないけど、お前のブログからやたらアクセスあんだけど、



どゆこと?
 
 

兎に角、今度からプレスリリース流すから、引き続き精進するように。



との暖かいお言葉をエゲレスから頂き、やっぱね、ちょっと嬉しかった 詰まるところ、マウンテンバイクは皆で作る物ですからね、その役割を私は多少なりとも果たせてるんだなと思って。それにIM BIKE MAGさんて、フリーの出版物でしょ、応援したいじゃないですか、で今回、それなりにそれが出来ているんだなと言う事も同時に判って、ちょっとセクシー(意味不明)。と言う事で、ここで本題の


IM BIKEMAGさんの第5号です!
IMBM-cover.jpg  

相変わらず、英語が読めなくても目で十分楽しめる内容で、Evil のSoveregin のレビューから、日本では余りお馴染みでは無いブランドの自転車のレビューまで色々と含まれて、ノーマルプレイに飽きてしまったアブノーマルな方々には刺激になるのでは無いかと。で、今回は冬季に製作された物ですので、レース情報等はありませんが、それはそれでマッタリ感があって、のんびり楽しめると思います。で、使い方の方ですが、以前お伝えした様にブラウザの中央下に


↓こんなのがありますので↓

pages.jpg 


それを使って頂ければ使いやすいかなと。で、動画も多々ありますので、

それはページにあるこの↓アイコンをクリックしてあげれば観れますので、

small-TV.jpg 


それも併せて楽しんでくだせー!と言う事で、オンラインフリーマガジンのIM BIKEMAGの





最新号は此方からアクセス!



theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

今週末のご予定は?日本マウンテンバイク協会さんのイベントの告知だよーん♪

告知としてはちょっと遅いのですが、今週末に日本マウンテンバイクガイド協会の皆さんが主催するイベントが静岡のふもとっぱらで開催されます

実はイベントの締め切りは21日だったのですが、お昼が出ないだけで当日参加も可能ですので、突然週末に予定が開いてしまった方、専門のガイドさんに教えを請いたい方、はたまた、協会員を拉致して日本におけるマウンテンバイクの未来について熱く語りたい方々は是非参加してみては如何でしょうか?


あ、そうそう、地方にお住まい方で、「村興しに是非MTBを!」なんて考えてる方が居ましたら、協会員の皆さんが集まるらしいので、是非質問攻めにしたりネットワーキングをするのも有りかなと。




どしどしドゾー!

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

あれ?コノ前の偽っぽいカーボンゾッキは本物だったの?どっち?

お、なんか分かんなくなって来たぞ???先日のエセカーボンゾッキのネタなんですが、MTBRの動画(一番最後に紹介されてます)では現行の物よりも

200g軽くなっているとの事(汗




 
↓アーチの裏側の画像を見るとちゃんと処理されてます。
IMG_7442.jpg 

 

↓でも足を見るとラップしてある様に見えます。
IMG_7431.jpg 

 
うーん、現行の物よりも200g軽くて、ベースがアルミマグネシウムであるのであれば、中の足はかなり削ってある筈です。となると、ハイブリッドって事ですか?じゃあ、SingleTrackWorldさんが言ってた事は?私は騙されたって事ですか?・・・orz。

と言う事で、ここで例のSingleTrackWorldさんの記事をちろ訳してみます。
 
原文:

We’re only just getting to grips with our 2010 test sample Marzocchi 44 and now they’ve made a carbon version. It’s not quite as flash as it looks as it’s just a carbon wrap (so it might even end up heavier than the regular one…) but it does look pretty…

ちろ訳:

俺達が2010年モデルのMarzocchi 44のサンプルにやっと馴染み始めたって頃なのに、もう既にMarzocchiではカーボンバージョンを作っちまうなんて、何て野郎共だ!でも実は見た目ほどカッコイイ物じゃないんだぜ、なぜなら実はただのカーボンラップだから(フッ、下手したら普通の44よりも重くなっちまうんじゃないのか?)。けど、見た目がカッコいい事だけは認めるぜベイビー!



・・・私はこの「実はラップだ」という有り得なさ度に怒りを覚えたんですが・・・MTBRのインタビューを見る限りでは、カーボン44は現在トップシークレットで、更に出来上がったら物凄く高価になるって言っているので・・・

・・・・・・・・・なんかMTBRの方が信憑性が高い様な気がする・・・
・・・って、こんなインタビューで態々嘘つく必要無いもんね・・・orz


もうね、
 



悪かった、ゾッキ、許してくれ!




あと、Tennecoも(涙


・・・orz 


それから勿論、皆もゴメン。

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

オーストラリアの Craftworks がなんか色んな所で暴れてるなぁ。新作FRX V2

最近はあんまり耳にしなくなった Craftworks なんですが、今回、最新作のトレイルバイクにかなり力を入れているのか、世界中の色々な所でその宣伝広告を見かけます(笑。
 
 

で、これがその彼らの自信作、140mmのトレイルバイク。

Craftworks FRX V2

↓なんか心停止的でもあるなぁ

PICTURE260094901.jpg 
↓テーパードですか。

PICTURE3260094905.jpg 


↓なんだかこのだだっ広さ、なんか憎めないです(笑。
IMAGE31095450.jpg 


↓テカヌメ・・・プラスチックぽい(笑。
IMAGE31095324.jpg

あのー、何て言えば良いのでしょうか?決してカッコ良くは無いですよね・・・で、どちらかと言うと、カワイイって感じですか?(笑。オマケになんかこう、ハッキリしない温い感じで・・・・でも個人的には嫌いじゃないです、玩具みたいで(笑。

と、詳しくは此方で

Craftworks
 

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

New Transiton Blindside - Blindside が新しくなったぜ!

 
Transiton の Blindside が新しくなりましたぁ!!!

NewTransition BlindSide
Via MTBR



で、分かり易い所から説明しますと、先ずシートチューブが真っ直ぐになりました。それから、先日ご紹介したDouble 同様、ハイドロフォーミング使用で無駄なガセットの排除!と同時にテーパードのヘッドチューブを採用しています。

あと、メージャーなマイナーチェンジですが、先ずB.B.一体型のISCGマウントが05になってます。そして205mmだったリアトラベルが165mmと190mmの二段階の物に。それから、リアのスペーシングは135mm X10mm一本に絞られた様です。

因みにジオメトリーは据え置き、前回の物と同じだそうです。で、160mm、170mm、DC200mmのフォーク等も使える様ですが、Transitionのお勧めは180mmのシングルクラウン。TR450の登場によってBlindsideはちょっとFR寄りのマシンに変化した様ですね。

あとグラフィックの方ですが、レースチーム結成に伴い、レース系のテーマがBlindsideにも流れて来ているようですが・・・でも個人的にはちょっと違うかなと、しゅぱーんラインは要らないかなと。で、発売の方ですが、今年の7月位を予定しているそうです。そして、その気になるお値段の方ですが、




そんなの知らんよ、君!
 

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

Santa Cruz Carbon V10 - いやあ、サンタのカーボンV10遂に来ちゃうみたいですね・・・

ね、先日Busted Carbonの話をしたばかりですが、サンタのV10カーボンが遂に今年のWCでお目見えしちゃうみたいです。 今その話題で色々な所が持ちきりです。多分、今回の噂の切欠になったのは英語を喋ると妙にインチキ外人臭くなる



↓セドリック・グラシア先生のこのビデオ。



8分辺りからその話題に入るのですが



「僕ちゃんね二週間でね、新型のV10とか手に入れるんだけど、すんごい興奮してるの。」

とか、

「その新しいバイクでね一週間走って、チューンなんかを確かめてからWCに挑むんだけど、もうたまんないね。だって新しいバイクで、新しい素材でしょ?僕ちゃん達はやっぱりそういうの大好きだから・・・」


見たいな事を言ってるんですよ。で、新型V10で新しい素材って言ったら、

 
 
 
スカンジウムしか無いっしょ!



って、すみません、カーボンでしたね、はい。で、その他にもサンタのホームページのソースコードでカーボンV10のリンクが無効にされているのを発見しちゃった奴までMTBRに登場しちゃって大騒ぎ。

↓これがそのコードね
<h1>DOWNHILL</h1>
<ul>
<li><a href="../driver8/" PreviewName="driver8">Driver 8</a></li>
<li><a href="../v10/" PreviewName="v10">V10</a></li>
<!--<li><a href="#" PreviewName="v10_carbon">V10</a> carbon</li>-->
</ul>


更に色々な所で「匿名情報屋」と言われる男が暗躍して情報を流してたりして・・・これは確実に来ますよカーボンV10。(今回情報を速攻で纏めてくれたHagoromoタソに特別感謝♪)

で、あと、以下の様な画像が現在色々な所で出回ってますが(かく乱作戦ですね)、これはあくまでフォトショップのイメージで、実物の物ではありませんのであしからず。

↓これね
santacruz-v-10-carbon_2010.jpg

 
でも、一応確認の為にサンタのScottさんにこの画像で裏取ったら、
 
 
 

な、ちょ、これ、もろフォトショ!

うひょひょひょひょひょー!

と、言われて笑われてしまいました・・・orz




で、その後真剣にバシーっと




現時点ではV10についてお教え出来る事は御座いません!



と、言われてしまいました・・・orz  くー、でもね、僕知ってるんだからね、Scottさん、あんたが今カボーンV10の事隠してるの!僕はね、こんなんじゃ負けないんだからね絶対!覚えてろよ、コノヤロ!と言う事で、

 
 
 
二週間後にパンドラの箱が開かれますぅ。
 
 
 

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

DVD - Here We Go Again 4月23日(金)にリリース決定!!

さて、今回もビジュアライズイメージの小川さんから新作リリース情報を頂きましたぁ!勿論、今回のブツは、今話題の「Here We Go Again」であります。で、多分このタイトルを日本語に端的に直訳しましたら


「そうですか、また行くんですか、そうですか、わかりましたよやりますよ。でも折角やるんだったらやってやりますよ。分かりましたよ、いや、しつこいですよ、魅せてやりますよ」



こんな感じだと思います。で、以下がビジュビジュさんからの正式な紹介文です。



イントロダクション: 
 DH Productionsから25作品目のリリースとなる作品。アップカマーからトッププロまで幅広いライダーがアンデスからアバランチまで、ライディング・トリップを行い撮影された。フレッシュで勢いのあるライディングを魅せる若手に対して、抜群の安定感のあるライドをするトッププロ。全員がライドを楽しむことでつながり、本当の意味でのFUNな感じが溢れた25周年を記念するにふさわしい作品に仕上がっている。ユタのパークシティー、チリ、ハイランドMTBパーク、BC、ニューイングランドなど様々なロケーションで見せるダウンヒル、トレイル、フリーライドなどMTBの魅力をこれでもかと詰め込んだ超意欲作
Here+We+Go+Again_JKT_convert_20100420025613.jpg 
~作品概要~
作品名:HERE WE GO AGAIN
カタカナ名:ヒァ・ウィー・ゴー・アゲイン
発売予定日:2010年4月23日
予定税込価格:
3,675円 (本体価格:3,500円)
仕様:DVD 
制作年:2009年 制作国:アメリカ
コピーライト:DH Productions LLC
言語形式:英語 輸入版
販売元:ビジュアライズイメージ(株)

マウンテンバイクDVD:『HERE WE GO AGAIN』トレーラー 5 from Visualize Image on Vimeo.
 
 

と以上です。所で、ビジュアライズイメージさんとは全く関係無いんですが(汗)、最近私が個人的に気になるビデオと言えば、この一本、VAST。

VAST-pack.jpg 
 
なんか、作りがナショナルジオグラフィック調で壮大なのに
不思議と生活臭がする感じで、マッタリ楽しめそうな雰囲気があります。
 




theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

うーん、今年のシー・オッターの新製品考察・・・カボーンの嵐。

今回のシー・オッターでお目見えした新製品の中でカーボン製品の占める割合が非常に高かったのには




オジサンちょっと驚いた(汗

 

 
特にね、ホイール系が異様に増えているのには
 
 

 

アッチョンブリ家(汗
 
 
 
 

何があったの?って感じです。確かに加工技術等が飛躍的に躍進して、最近の強度と軽さを武器にしたカーボンはある種無敵にも思えるんですが・・・やっぱ私としてはちょっと怖いかなと。使用されてるレジン等も耐UV系の物が使われたりしていて、以前の様に日光や経年による劣化なんかの心配もかなり減ったと思うんですけど、
 
 
 
 

やっぱ壊れる時は粉砕しますから・・・
n501205493_3767222_4709.jpg
 
 
 


未だ抵抗があります。それは多分作る側も同じだと思うんです。サンタなんかだとここ数年カーボンV10を心待ちにしているファンとかも多いと思うんですけど、やっぱりビッグヒット系は壊れた時の事を考えるとそうそう簡単には手が出せないのでは無いかと。それに我々ワクテカ系マウンテンバイカー用のIbisのMojoや、サンタのカーボンNomad等は、確かにカーボンなんですけど、フレームにマスを大きく与えたり、八層構造にしたりとかなり慎重に攻めて来てると思います(設計にかなり余裕があってギリギリじゃないって事ですね)。

で、やはり一番怖いのはレース専用に作られた超軽量系。何でも軽く作ろうと思えば比較的簡単に作れてしまいます。でも、それが長期使用に耐えられるかとなると話はまた別。レースだけの勝負パンツや、軽量オタクでそれに没頭するのであれば、それはそれで良いと思うんですが、日常的に頻繁に使う自転車にそれらの部品を使うのはやはり避けたいと思うのは私だけでしょうか?
 
で、それでもカーボン製品が欲しいのであれば、先ず「壊れた時の事を想定」して買って頂きたい。先日のビアンキ問題もそうですが、前輪が突然本体から離脱するという事故はカーボンフォークでも十分想定できる物です。そう、もしもの時の




最悪の事態を想定
2_20100419172036.jpg



例えば、ドロップオフの着地時にハンドリバーが折れてステムに顔面着地、見た目が抜け作先生みたいになってしまって周囲の人気者になるとか、シートポストが突然折れて、お尻に突き刺さって気持ちいいとか、そこら辺まで想定してカーボン部品は買って頂きたい。因みに私のお勧めのカーボン製品は、


スペーサー!



自転車の性能が飛躍的に上がる訳ではありませんが、なんだかレーサー気分になれる一品。ということで、ここ一年は突如ポピュラーになったカーボンホイールは様子見が打倒では無いかと。で、人柱でホイールがどんな壊れ方をするのか理解してから、その後にホールを購入する事を
 
 
 
 

ちろはお勧めするじょ!
busted ass 303s 
って、カーボンだけじゃ無く、何でも新製品には人柱が必要なんですがね(笑。



と、随分長い事引っ張ったんですが、実はリンクに新しい情報サイトを追加致しましたぁ♪




その名も
  
 
 
Busted Carbon!

 
 
 
「カーボンの自転車部品が如何壊れるのか?」それに特化した素晴らしい研究ブログであります。そしてこのエントリーで使用させて頂いたイメージの全てはそのブログから拝借した物。ね、ですから、そのサイトで色々な写真を見て、研究して、自分は何を買うのか、買わないのか、皆さんにも良く考えて頂きたいなっと私は思う訳でありますで候。
 
 

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

Googleに通信簿貰った。あと業務連絡。

なんかね、Googleの通信簿、Google ページランクで知らない間に
 
 


4の評価を頂いていましたぁ!



パチパチパチパチ!


Free Page Rank Tool

 
 
これも一重に皆様のお陰で御座いますm(_ _)m

有難う御座いますm(_ _)m



と、一応評価が下がる前にはしゃいでおこうかなと(爆

でも、こうなったら目指すは打倒評価5のサイスポ誌ですね、最近マウンテンバイクに冷たいですから(内容が薄いのに野心高過ぎ汗)。もうね ちょっと今夜にでもブログの私のプロファイルの下にページランクのアイコンを埋め込んで一人悦に浸りながら気合を入れなおす事にしますよ、はい。で、勿論ランクが下がったら
 
 
 
 
速削除の方向で(爆!
 



それから業務連絡です♪ Mの小川さん、新作の件は今夜やっときますのでご心配なく、それから竹坊の旦那、例のDomain RC DCの件ですが、

3.3kg だそうです。
tumblr_l114onWl0r1qz7afco1_400.jpg
Via IBC
 


それからfeeblyさん、




無事生きて帰って来て下さいね!


以上、業務連絡終了っ!
  

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

RockShox Turncoat、RSから油圧ブレーキ用のバースピンキットが!

これは良いですね、RockShox ブランドの油圧ブレーキ用のバースピンキット(ホースガイド)です。

Via BikeRumor


RockShox Turncoat

rockshox-turncoat-hydraulic-headtube-spinner05.jpg 


rockshox-turncoat-hydraulic-headtube-spinner03.jpg 

rockshox-turncoat-hydraulic-headtube-spinner02.jpg 

↓上下からキャップでサンドイッチするので、スターナットは必要ありません。

rockshox-turncoat-hydraulic-headtube-spinner01.jpg

何だかDJやって無くても思わず使いたくなっちゃいますね(笑。

6月発売で予定価格USDで15~20ドル位だそうです。

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

2011 Avid Code

Sicklines さんの所に新型Codeの情報があがってますねぇ。他では未だ見ないので、多分エクスルーシブを取ってるんだと思います。さて、先週色々と噂話をした新型Codeですが、出て来た最終形態は


此方でした!

2011_avid_code_lever1.jpg 

Via Sicklines

うーん、ちょっと予想していたよりは地味かなぁー?とは思いましたが、まあシンプルな美しさがあるので、これはこれで良いのでは無いかと。でも、キャリパーの形はあんまり好きくないかもです。


で、性能の方ですが、レバーはテーパーボアテクノロジー(簡単に言えばちょっとの動きで大量のブレーキオイルを動かす事が出来る)を採用、キャリパーの中身は以前と同じ物で、外側を削って軽量にした物だそうです。160mmローターセットで410g (スラム測)。八月一日発売予定の価格はUS$235だそうです。

で、もう一つの廉価バージョンがCode R。同じキャリパーでレバーだけが違います。160mmローターセットで此方は395g(スラム測)。此方も八月一日発売で価格はUS$157だそうです。


↓レバーだけ違うCode R
2011_avid_code_r_levers.jpg 

Via Sicklines

 

以前のモデルと比べるとかなりのダイエットですが、見た目も一緒に貧相になってしまった様な気がします。これはこれで良いのですが、以前のモデルを知っているだけに何かちょっとさむしいです。


 

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

29erでスルーアクスルのリジッドフォークをお探しの貴方へ

えー、コメントの欄で、



助けてくれぇい!



とのコメントを頂いたので、助けます、今すぐではありませんが。えー、29er で、リジッドで、更にスルーアクスルのフォークをお探しのマニアな野郎共に朗報です。QBPが毎年開催する見本市 Frost Bike で、今年Salsa ブランドが「29er用 リジッドのマクセルフォーク」を今夏に発売する予定がある事を発表しましたー。名前は未定です。


frostbike10-016.jpg 


という事で、欲しい方は夏まで待てよと!



あと、ビルダーさん等で「そんなんだったら夏前にワシが作ったるわい!」という方もご一報頂ければ宣伝させて頂きますのでどしどしドゾー。
 
 

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

2011年 Foxのプロダクト・ラインナップポスターをJPEGにしてみた。

隠れ家の方で人気があったので、Foxの2011のラインナップのポスターをJPEGフォーマットにしてFlickrの方にウップしてみました。

2011 Fox models


大きなイメージ

オリジナルサイズ

元になったPDF


Via Spoke Mag


会社にカラープロッタがある方は是非PDFをプリントして走って逃げて下さい。

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

これでもかっ!迷走を続けるマルゾッキ (追記あり)


もうね、馬鹿かと、アフォかと!



やばい、本当にマルゾッキあぼーん決定ですわ・・・orz(涙。何だかPacific 吸収後にジワジワ駄目にされた頃のGTを彷彿とさせます。だめだよ、人件費削り過ぎ。あとね、マネージメントを多分
 
  
自転車の事知らない奴がやってると思う。

絶対Tenneco(買収元)出の奴!



もうね、「何でもカーボン」は車屋の発想ですよ。・・・それもね多分、



「あースミス君、最近ゾッキ元気ないからカーボンで行こう」

「え、カーボンやるんですか???部長?」
 

「だって車のアクセサリーは、カーボンってだけで売れるんだよ」

「でも、今からカーボンなんてそんな開発費は・・・」
 

「いやいや、見た目だけで良いんだよ、カーボンの見た目で」

「へ?は?ほ?・・・グラフィックかなんかですか?」
 

「いやいや、本物のカーボンだよ」


「ですから開発費が・・・????」



既存の足にカーボンを巻くんだよ!


↓おわた。エープリルフールじゃないんだから・・・orz

IMG_0448.jpg 
Via SingleTrackWorld

SingleTrackでは「カボニウム」言われて馬鹿にされてます。
IMG_0447.jpg 
Via SingleTrackWorld


おまけに下手すると既存の物より重いのではと言われてます・・・orz

これじゃ昔の宮田の豹がらMTBじゃ無いですか・・・(覚えてますか愛)
 
 

おまけに謎のエンデューロ系のDCフォークをMojoに・・・

IMG_0451-486x648.jpg 
Via SingleTrackWorld


もう、モンスターTの時代は終わったんですよ・・・

時間を遡ってどーするんですか・・・


 


ああ・・・悪夢だ・・・どうしよ



(追記:実は勘違いだった確率が高くなりました)

 

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

ゴラァ、誰だゾッキデザインしてる奴、出て来い!

Hagoromoタソがツイッター経由で発見されてたんですが・・・うわー、まずいよコレ。全然イタリアじゃ無いし・・・ってか、これって完全に見た目が


ゾッキの偽物じゃない・・・

x2_11c34e0.jpg 
 
おまけにグラフィックが・・・


 
 
何?ファミコン?
(シューティング系のゲームってタイトルがこんな感じじゃありませんでした?)



で、赤・黒・金って何?



中国の方の大好きな色じゃない?



誰?一体誰デザインしてるの?

 

イタリア人なの?そうなの?



でも、なんかゾッキじゃないよ!(涙



おおらぁ、責任者出て来いゴラァ!


theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

X-Fusion 熱いね

 いやぁ、X-Fusion は今波に乗り乗りですね。一度は手広くやってコケたんですが、その後はジワジワと手堅くDJマーケットから抑えて、現在はVengenceでフリーライド系にも突入してきていますね。あと、X-Fusion Intense  DHチームもレースでアクティブですし、昨年のインタバでもOEMでの需要がかなり伸びているとの話でした。これはどんどん来ると思います(他が手を抜いていたDJを抑えたのが偉かった)。
 

Vector HLR
  p4pb4886116.jpg

新型160mmのVengence HLR
p4pb4886120.jpg 

p4pb4837098.jpg

DJではお馴染みVelvet の新型

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

RockShox から SID RLT、 ロングトラベルバージョンのSID登場

いやね、以前20mmのアクスルが出始めた頃から予見していたんですよ、9mm QRはマウンテンバイクにもう必要無いと。本当に9mm QR なんてねもうデメリットの塊ですから、マウンテンバイクに使う必要性なんてじぇんじぇんはありませんから。で、その頃から私は「全マウンテンバイクを20mmで!」計画を考えていたんですが、知らない間に15mmとか出てきちゃって
 
 

 
敗北した訳です。orz

  

 
でもね、もう15mmだったら15mmで全部統一しちゃって良いと思うんですよ、下り系以外。安全性やメンテの事を考えると数ミリ違うだけですが、
 
 
 
 
じぇんじぇん違いますから。

 

  
という事で、これは素晴らしいニュースです!RockShoxのSIDのロングトラベルバージョンが15mmアクスル搭載で登場!するらしいです。これは完全に、世の中にバリバリのXCレーサーよりもワクテカマウンテンバイカー人口の方が多い証明ですね。確かにレースコースの激化なんてのもありますが、
 
 
 
 
「あ、ゴメン、ホイールがずれちゃった」
 
「あ、ゴメン、ちょっとまって」
 
「あ、ゴメン・・・」 

 
 
 
 
 
ね、スルーアクスルのお友達が一日中

 

 
「うひょひょー!」

 
 
と飛び回っている中、自分だけ一人一日中謝っている。おまけに「お前の自転車、凄く軽くてオレの自転車の数倍の値段するけど、乗ってる時間よりも修理してる時間のほうが長くね?」なんて言われてまた謝る・・・そう、そんな生活に嫌気をさしたバイカー達が遂に革命を起こ・・・あれ?まあ、何でもいいや。 あと、SIDと言えば私にも甘酸っぱい思い出が・・・
 
 
1168Z4.jpg 
 
以前、SID XLなんてのがありまして、それが安売りされていたのを見つけ、ハードテールで組んで乗ったは良いが、前がよれて、コケテ、右手首が腫れ上がるなんて事がありました。「ま、マウスが握れるから良いか」なんてほっといたら、後でレントゲンを撮って貰った時に
 
「お客さん、以前右手首骨折しましたね?もうくっついちゃってますけど。」


なんて人間の体の神秘を教えてくれたフォークでもありました(感涙。え?そんな事はどーでも良いですか、知りたくないですか?分かりました。という事でお待ちかねの!
 

SID RLT 100/120mm+15mmマクセル参上!
1271416142466-18nvu39jvzsus-850-65.jpg 
 
1271416142466-1j4x801bibdcw-798-75.jpg 
hagoromoさん経由でBikeRader


いいですね、自転車は基本原始的な方が楽しいですから、軽量のトレイルHTなんか組む時には最適ですね、っと終了!


theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

RockShox Vivid Air 来るの、どうなの?(追記あり)


去年辺りから試作を続けますが、今回は「Vivid Air」のステッカーも貼られているので発売間近という事なのでしょうか?でも、新しいリアユニットが発売されると我慢できない男 むぅさんも評価されている様に、ちょっとお色気の分野が弱い様な気がするのですが・・・でも5thもそうでしたが、何でFox以外はこんな

 
手榴弾


↓になってしまうんでしょうね。

p4pb4884221.jpg 
↓このRockShoxのチューブに直にいたずら書きのアイディアは嫌いじゃない。
p4pb4884220.jpg 
でも、まあ、地味ですね。
p4pb4884219.jpg
Via PinkBike

 
オマケ
IMG_5399.jpg 
Via IBC

追記:あ、動画があった。

うーん、テストライダー全員が達Vivid コイルよりもエアーの方が良いって言ってるみたいですね。中身はソロエアーみたいです。

サイズ 240 x 76 (9.5 x 3.0), 229 x 70 mm (9.0 x 2.75 in), 222 x 70 (8.75 x 2.75), 216 x 63.5 (8.5 x 2.5), 200 x 57 (7.875 x 2.25)

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

Yeti 303 のプロトはやっぱりレール使ってた

先週辺りからリークしていたYeti 303のプロトですが・・・



yetiproto.jpg
 


良く見たらやっぱりレールあったんですね(笑。

yetirail.jpg 
Via SouthernDownhill


↓こんな感じでスッキリしました。

p4pb4886405.jpg
 
 

翌々考えたら去年話題にしたのプロトの煮込みバージョンだったんですね。
yeti2010proto.jpg 
Via MTBR


個人的にはレールが見えないほうがす・きです。

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

実は 今日がSRAMの2x10 X.0.とX.9. の解禁日だったの。

あのね、先日お伝えしたSRAMネタはね、実はヨーロッパ系のサイトさんのフライングだったの。で、本当の解禁は今日だったのョ。という事で、直々にSRAMさんから情報を頂いてきましたので、それを例の如くフリッカーにUPしておきましたから、暇な方は


み・て・よ・ね♪

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

あ、そそ、

あとで纏める予定の小ネタ系は隠れ家の方にチビチビ上げているので気になる方は其方もご賞味あれ。

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Fose Fluid プロト & AMX♪

Foes はなんか凄いね。未だプロトらしいのですが

 

ボギョーンって感じです。



↓Foes フルイド プロトタイプ。スーパーせむし号 2:1です。

Foes Fluid 

Foes Fluid 
Foes Fluid 
Foes Fluid 


↓Foes AMX ロングトラベルHT。LBさんはこれかな。

Foes AMX 
 
AMX Headtube 
 
Foes AMX 
 
Foes AMX 

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

3 x10 Shimano XT & SLX 登場!

2-448x219 (1) 
はい、XTとSLX が30速になりました!

shimano-xt-2011-448x308.jpg


shimano-slx-2011-448x312.jpg
  



でも、見た目はあんまり変わりません!

......orz




10速でチェーンがちょっと変わった位です!

4-448x149.jpg 
 

 
報告終了!

 
Via Happymtb.org

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

CrankBrothers その触手拡大へ

 その内フルコンポメーカーになるんじゃ無いかなぁって勢いですね、CrankBrothers 新製品色々です。
 

crank-new-stuff-big.jpg
Via Spoke Mag



もう完全にエッグビーター御殿ですね。ここまで短期間で急成長するメーカーも珍しいです。おまけに自転車産業では珍しく、インダストリアルデザイン臭の強い製品を前面に打ち出して成功してます。Topeakなんかもそれ系ですが、立ち回りはCrankBrothersの方が一枚上手ですね。なんてったてプレゼンが上手い。今回も新製品を抱き合わせでシリーズ化して打ち出しています。

 
CRANK2011-Iodine-11-big.jpg CRANK2011-iodine-2-big.jpg CRANK2011-cobalt-2-big.jpg CRANK2011-cobalt-3-big.jpg CRANK2011-iodine-3-big.jpg

で、今回新しく出たのが、ロックオン系グリップ
Crank-bros-grips-big.jpg 

カーボンハンドルバー

Crank-bros-bars-big.jpg

ステム(左のはちょっと怖い)

crank-bros-new-stems-big.jpg 

カーボンシートポストにおなじみJoplin の4インチバージョン

Crank-bros-posts-big.jpg 
ほんでペダル。


crank-candya-11-big.jpg
 

crank-egg-beater-11-big.jpg


crank-candy-2_3-big.jpg
 


こんな感じです。基本どの製品もコバルトとアイオダインの名前と番号で分別されています。


で、詳しくはホームページが既に上がってますので其方でドゾー!




CrankBrothers HP 


 

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Profile

ちろ

Author:ちろ

chirosangaku@gmail.com

リンクはご自由に♪

  • 捜索願いを出したい方
  • 無事発見!
  • Categories
    Links
    Information Sites
    News & Trend
    Pro Riders
    Pro Writer / Freerider
    Freeriders
    Blog Pals
    Pro Shop
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    Archive
    検索フォーム
    MTBでチャリティー♡
    MTBで健やかに! オクで寄付して大満足♡
    目指せ1000%!
    Backing!
    Free Online Mags
    海外通販のお店
    海外通販をやりたい方の為に、比較的安全と信頼度の高い所を選んでみました。詳細



     

    YEN

     

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。