スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週末はパンダさんが熱かったね、黒こげだね。斉藤さんは今熱いね

なんかね、事後になっちゃいましたけど、今週末はパンダさんが大活躍してましたね。日本のマウンテンバイクシーンを盛り上げようと、日々試行錯誤を繰り返しているその姿は正にセクシー。滅多に読めないパンダ氏の凛々しい文章はまだ此方のほうにありますので、ちょっと皆さんも一日タイムトリップしてパンダさんの脳みそを通したレースの熱気を感じて見て下さい。

で、現在進行形なのは!私がインターバイクでお会いした斉藤選手。今現在 Moab の24時間耐久レースにて出走中です。ここで面白いのが 、斉藤さんがミックスド・デュオ・チャンピオンシップと言うクラスに参加されていて、女性レーサー(ソーニャさん)と組んでレースをされている所です。

 

はっきり言って知りませんでした!

 

女性とタッグを組んで出来るレースがあったなんて・・・(汗

 

 

マウンテンバイクの世界も色々な競技があるんですね。今日また一つ賢くなりました。私がこれを書いている今現在は斉藤さんチームはクラスで第3位!そして総合で44位ですが、これからどうなるのかが非常に楽しみでありやんす。因みに斉藤さんのパートナーのソーニャさんともインターバイクでお話する機会があったんですが、ちょっと天然が入ったポワーンとした可愛らしい方でした。それから、斉藤さんのレース報告は多分此方の方に後日出ると思います。と、以上でっす。

スポンサーサイト

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Aaron LaRocque 君の 「What's Next?」 キターーーーーーー!

以前ご紹介して、私自身、もーんの凄く楽しみにしていた Aaron LaRocque 君の 「What's Next? 」、遂に来ましたねー。PinkBike でフルレングスの映画が観れますねー!いやぁ、本当に良い時代になりましたねー。

 

さて早速、その感想ですが!

  

・・・やっぱトレーラーの方が良かった・・・(涙 

  

 

↓そのトレーラー

  

いやはや、あんだけ良いトレーラー見せられちゃうとねぇ、それ以上の物を本編に期待しちゃうじゃ無いですか?それですよ、それ。実際の所、映像、音楽、ライダーくおりてぃー共におぢさん100点位あげちゃっても良いと思うんですよ・・・でもね・・・映画として観ると、やっぱり

 

 

・・・飽きてきちゃう(涙

 

最初の内は、あー、キレイだなぁ、技凄いなぁ、って・・・

 

 

Zzzzzz・・・・・

 

 

って言うか、自転車乗らない人でも最後まで(ここ重要)一緒に楽しめる下り映画ってのを私は多分求めているんだと思います、いままでそんなの観たことありませんが。私は欲張りすぎなんでしょうかねー?

 

まあ、取り合えずここでその本編をドゾー!

 

 

ちろの独断5つ星評価:What's Next

 

映像:★★★★★

音楽:★★★★★

ライダー:★★★★★

雰囲気:★★★★★

催眠効果:★★★★★

次回作期待度:★★★★★

 

まとめ:オサレ度が非常に高いので、自転車店等の店内でのヘビーローテーション(雰囲気作り)に向いている映像だと思います。お客さんを立ち止まらせ、自転車モードに突入はさせるものの、そこには居座らせない。素晴らしい映像です。でも、家で一人で見る場合は、最後まで眠らずに見れるかは謎謎。

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

今月号の Decline の17ページ、 え? AresBykes?

いやあ、何気に11月と12月の合併号の コレクターズイシューDecline に目を通していたら驚きましたよー。17ページ目にでかでかと

 

↓AresBykes のこの広告がぁ!

aresbykes d-ville 

 

これまた Decline のページ自体がでかいものですから迫力満点(汗 それもその謳い文句が

 

 

ダウニービル殺し!

 

 

シマノ以外で日本のメーカーが国外の雑誌に広告を出しているのを久々に見ましたよ。ちょっとチビッテしまいました。頑張れイケイケです。で、因みにダウニービルって何かと言いますと、過去にこんな記事を書いてますので興味のある方はどぞー。所で今号の Decline はステッカーとかポスターとか色々付いた特大号で、ホログラムの表紙なんですが、それを剥がしても下地にも同じ写真が付いているので安心してください・・・って何を(爆

 

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

風が吹く、大地がうなる、ランスが動くと映画が出来る Race Across The Sky

まあ、完全「ギア系ブリンブリンマウンテンバイカー」の私は、もう皆さんもご存知の通り、レース系のお話になるとサッパリ薄味。というか、イベント会場で有名なレーサーさん達と遭遇しても完全にレーダー故障の状態(爆)で、たまに発見したかと思うとかなり濃い目

 

↓きゃー!我等がジョッシュ・ベンダーさん

Josh bender 

  

系の変態さん。

 

まあ、そんな私ですが、Ergon のブースで XC 情報も駄目、レース情報も駄目、何も知らないのにそれでもLeadvill 100の質問とかを 斉藤さんにぶつけてしまう訳ですよ、本当、身の程知らずにも程があります。

 

ちろ:「で、斉藤君、ちみは Leadvill 100 なんかには参加されてるのかね、コホン、あの例のランスが参加する様な変態レースに。確かあれはランスが2位か何かだったよね、前回?」

 

斉藤選手:「ええ、参加してますよ。今年はランスが1位になりましたね。」

 

ちろ:「ええぇ、今年はもう終わったの?(汗)で、ランスが1位になったの?」

 

斉藤選手:「去年はうちのDave Wiens に負けてよっぽど悔しかったんでしょうね、今年はランスがリベンジでTrek にお願いして囲みの凄腕ライダー達を用意して優勝してましたよ。それも選手登録期限がもうとっくに過ぎているのに異例の計らいで(ランスパワーにより放送禁止&中略)なんですよ。

 

ちろ:「ななな、なんですって!」

 

斉藤選手:「でも、ランスが物凄く速かったのは確かです。」

 

などと、自転車レース界に暗黒マジカルパワーを保持する某ランス選手の裏話をさらっとお話して下さった爽やかな斉藤選手も実はその変態レースで18位に入るという凄い変態さん。で、その斉藤さんの話については、また後程。

でもランス、やっぱりアメリカンヒーローなんですよねぇ。アメリカのマウンテンバイカーが幾ら世界で活躍してもランスみたいには有名にはなりませんよ。やっぱり基本はツールですよね、アメリカ人は基本フランス人が嫌いですから(爆)。その相手の土俵で「勝つ!」それを成し遂げたからこそランスはここまで有名になれたんだと思います。(レモンの時も爆発してましたしね「散弾銃で狙撃されて復活した男!」みたいな感じで。)それにリブストロング等もそうですが、現在では完全に彼はアメリカ文化の象徴、そして打ち出の小槌として

 

 

ランス=金

 

 

の構図で頑張ってくれてます。でも、自転車と言うスポーツのプロモーション、癌撲滅運動、その他モロモロ、この人のその社会的貢献度は非常に高いので、やっぱりランスは良い人と言う事になる様な気が私はします。はてさて、この度、そのランスが活躍する話題のLeadvill 100 が映画になりますた!その名も

 

Race Across The Sky

  

良いですねぇ、カッコイイですねぇ・・・

 

Leadvill 100 を六連覇していた Ergon の魔物Dave を破ってランスが優勝する感動巨編!と言う設定なんだと思います。まあ、ヒーローが負ける映画なんて誰も観たくないと思いますから、これはこれでしょうがないのだと思います。

   

でも、個人的には斉藤さんバージョンのLeadvill 100の方が好きかも。

 

↓寡黙な斉藤さんもす・て・き♪

 

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Profile

ちろ

Author:ちろ

chirosangaku@gmail.com

リンクはご自由に♪

  • 捜索願いを出したい方
  • 無事発見!
  • Categories
    Links
    Information Sites
    News & Trend
    Pro Riders
    Pro Writer / Freerider
    Freeriders
    Blog Pals
    Pro Shop
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    Archive
    検索フォーム
    MTBでチャリティー♡
    MTBで健やかに! オクで寄付して大満足♡
    目指せ1000%!
    Backing!
    Free Online Mags
    海外通販のお店
    海外通販をやりたい方の為に、比較的安全と信頼度の高い所を選んでみました。詳細



     

    YEN

     

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。