スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Antidote Bikes Foride Tipassion stem

 

Antidote Bikes Foride Tipassion stem

 

なんか凄いの来た。104g、 0ライズ 

(画像)45mm (プロダクション版) 50mm

7075 T6 アルミ製

Foride Tipassion stem

 

↓これはおもろい

Foride Tipassion stem

Foride Tipassion stem

Foride Tipassion stem

Foride Tipassion stem

 

Via Antidote Bikes

スポンサーサイト

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

2010 Turner DHX & RFX

 

Dave Turner 

 

マム&ポップスさんのブログの方にRFXについての記事が上がっているのを見て、RFXネタの続きを書くのを忘れていた事を思い出したので、このエントリーではその続きを書く事にします。今回のインターバイクではターナーの社長さんとじっくりお話する機会があったんですが、この新型RFXはリリースまではもうちょっと時間が掛かりそうです。

 

Turner RFX Proto

 

 

現段階を表現するのであればフレームの仮組が取り合えず終わった、そんな感じでしょうか?一応、デザイン的な方向性はそれなりに決まったものの、フィールドでのテスト走行、そしてその他モロモロが未だの段階なので、これからこのフレームがどの様に変化して行くのか、社長のDave Turner氏自身も見当が付かない様です。

で、今回のお話で RFX と比較対象に出されたのが、未発売の新型 DHR なんですが、DHR は昨年の今頃に今年のRFXと全く同じ状況にありました。一応形にはなっている物の、実際のフィールドテストは未だの状態、そんな状況でした。

 

Turner DHR 

 

その後、この一年 新型DHRのプロトタイプは主要なプロライダー・テストライダー達にばら撒かれ、念入りにテスト走行・実際のレースでの使用等が行われた訳ですが、その結果、暫く使い込むとフレームのリンクボルトの穴が楕円に変形してリンクに遊びが生まれてしまう不具合が発覚、それでも今年レーサー達は無事レースシーズンを終了する事は出来たものの、

 

 

「こんなんじゃ未だ売りに出せん!」

 

 

との結論が出たそうです。で、当のRFX はそのテスト使用も未だの段階。前述した様に社長のターナー氏自身もこの先 RFX が如何変化して行くのかは全く見当が付かないそうです。

それに、前モデルの RFX は非常に人気モデルだっただけにそのプレッシャーも大きく、その分ターナー氏も慎重になっておられる様子でした。まあ、消費者の心理状況と云う物は勝手なもので、2002年にRFXを購入してファンタジーワールドに昇天してしまった人達は、今回の新型RFXでもファンタジーワールドに突入できるものと勝手に確信している訳です。例えマウンテンバイクの使用状況が2002年から劇的に変化していたとしてもです。

一口に言えば、ターナー氏は劇的に変化してしまったマウンテンバイクシーン対応で、更に期待するファンの妄想をも満足させるマシンを今こさえる努力をしている訳です。これはそうは簡単に出来る事ではありません。それでも、ターナー氏が繰り返し口にしていたのは

 

 

「妥協だけはしたくない。」

 

 

でした。「他のメーカーで、妥協した製品を販売して、後から交換部品の発送を繰り返す様な所があるが、おれはそんな事はしたくないんだ、一発で決めたいんだ。」そんな事を熱く語ってくれました。

 

で、社長は最後に一言

 

 

「出来た時が売れる時」

 

 

そう言って話を締めくくって下さいました。何だか正にこの一言に全てが集約されている様ですね。一応、完成は春先みたいな事を仰ってましたが、全体の話の流れからすると、春先はちょっと時期尚早の様な気がします。でも、ターナー ファンの方はそんなのは既に馴れっ子ですよね。ターナーはそんなお付き合いをして行くメーカーですものね。

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

ちろ 対 VIVO の親父

今、テースケさんのブログを読んで気付いたのですがあの例のゴム付きディレーラーがVIVOだったんですね、そうですか・・・とも知らず、今回

 

VIVOの親父と対決してきました(笑)

 

2009 Interbike Vivo derailler 

いやあ、このVIVOブースは今回のインターバイクの中ではかなり面白かったブースの一つでしたョ。何がそんなに面白かたって、そのVIVOの中の人とのやり取り(爆)、そして私の限りない失礼さ。

実はインターバイクに行く前に、このディレーラー、一部で「Hayes から出される新型ディレーラー」として報道されていたんですよ。だから、このブースでそのディレーラーを見た瞬間、先ず私の頭をよぎったのは・・・

 

 

「あ、Hayesのディレーラーだ・・・」

 2009 Interbike Vivo derailler

 

だったんです。で、以下がそのブースでの親父とのやり取りの一部始終です。

 

ちろ:「あれ?これってHayes から出る新型のディレーラーですよね?」

親父:「ああ、よく言われる」

ちろ:「え?よく言われるって、Hayes のディレーラーじゃないんですか?」

親父:「違う、私のディレーラーだ」

ちろ:「じゃ、何でHayesのディレーラーなんて報道が???」

親父:「まあ、あれだ、Hayes のブースで展示した事があったからな」

ちろ:「え?それは一体?」

 

 

親父:「だから、話が駄目になったんだョ!」

 

 

ちろ:「あ、そうでしたか、それは失礼しました。で、これはどの様な仕組みで?」

親父:「これはレバー一本、親指だけでシフトが出来るシフターだ」

(デモで見せてくれている)

ちろ:ほほー、面白いですね!やらせて頂いても宜しいですか?

親父:うむ

ちろ:(手でクランクを回してシフトしてみる)これはシフトがスムーズな上に面白い仕組みですね!でも、ちょっとシフターのサイズがでかくありませんか?

親父:うむ、今それを小さくする研究をしている所だ。

ちろ:フロントディレーラーは無いんですか?

親父:うむ、それも開発中だ。

ちろ:これについてのパンフレットか何か頂けますか?

親父:いや、機密事項が含まれるので、その様な物は用意していない。

ちろ:じゃあ、ホームページは?

親父:無い。作ろうとは思っている。

ちろ:そうですか、それでは写真撮らせて頂いても宜しいですか?

親父:うむ、宜しい。

 

2009 Interbike Vivo derailler

 

ちろ:(写真を数枚撮影、そして最後にその特徴のあるシフトを映像にするために、シフトレバーに親指を宛がって撮影しようとカメラを構える・・・すると)

 

 2009 Interbike Vivo derailler

 

親父:うおっとっと! 

 

 

ちろ:へ?は?な、何でしょうか?

 

 

親父:親指は駄目だよ、親指は、フッ。

 

 

ちろ:へ?写真は良いんですよね?

親父:うむ

ちろ:でも親指は駄目なんですか?

親父:うむ

ちろ:でも、如何機能するのかの説明は書いても良いんですよね?

親父:うむ

ちろ:何故に親指は?

 

 

親父:機密事項に関わるからだ

 

 

ちろ:???・・・特許は取られてるんですよね?

親父:うむ、申請中だ。

ちろ:じゃあ、問題は無いのでは?と言うか・・・

 

 

何の為にここにいらしたんですか?

  

  

親父:・・・

 

ちろ:俺にはこんな技術があるぞって、見せに来たんですか!?!

 

  

 

親父:うむ、そうだ!

 

 

ちろ:有難う御座いました。

 

 

と、ふと右を見たら、隣のブースのおばちゃんが心配そうに此方の様子を伺っていた(笑。でも本当、これは面白いシフト方式のシフターです。簡単に説明しますと、シフトレバーは一本。ラピットファイアーのようにギアを落として、ギアを上げたい時には「シャーペンアクション」、レバーの先っぽをシャーペンの芯を出す時の様に軽くクリックするだけ。そうするとアップシフトされると言う極めてシンプル且つ使いやすいシステム。

で、軽く調べてみたんですが、今このパテントについて色々と権利関係の所在が分からなくなっている様で、それが原因でHayesとのお話も上手くいかなかった様です。ちょっと面倒臭そうな話ですが、近い内にVIVOが何処かのメーカーさんと上手く話の折り合を付ける事が出来る事を切に願って止まないちろであったりします。ガンガレVIVO!

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

インターバイクの働くお姉さんシリーズ完了致しました。

毎度お馴染みチリ紙交換ではなく、「インターバイクの働くお姉さんシリーズ」のギャラリーがFlickr に完了致しました、と、その旨をご報告までに。*面倒だったので遂にFlickr の Pro やってしまいました。

 

入り口は此方よ♪

↓ここをクリックするとギャラリーへ跳ぶヨ

Girls at Interbike 2009 

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

2010 FiveTen Greg Minaar model SPD Shoes Production Version

まあね、私は元来は素直な人間なんですがね、ブログにそとで起こった事の全てを書いている訳じゃ無いんですよ、偶にはね、他の人を出し抜きたいとか思ったりして悪ぢえを働かせたりしたりする訳ですよ。

 

 

ああ、ちろ、不潔、いやっ!

 

 

で、実は先日の FiveTen のSPDシューズのお話には続きがあったですよ。

 

先ず、デモ初日に屋外のFiveTenのブースを訪れてお話しを伺った訳ですよ、何か新しいものあるかって。そうしたらSPDのシューズが発売される、インドアの展示に出展されるっ教えてくれたんですよ。

でもね、ここで皆さんと同じ疑問がわいた訳ですよ、で、言ったんですよ、

 

「あんた達の売りはネチョネチョゴムじゃないのか!SPDなんて中途半端な事するな!」

 

って、そしたらあんた、

 

「これはミナーの為に開発した靴だ!奴が欲しいって言ったんだ!」

 

って言われてしまって、思いっきり納得してしまった訳です(笑。まあ、そのほかにも「フルラインでサイクリングシューズが欲しかった」の類の事も仰ってましたが。

でまあ、取り合えずインドア展示の初日まで待った訳です。で、先日の画像をお届けした次第でございます・・・なんですが、ここからまだ続きがぁ・・・

FiveTen 5.10 SPD Shoes 2010 

ちろ:「この靴がプロトタイプだと言うことは分かったんですが、発売される物もこれと全く同じ物になるんでしょうか?」

親分:「ふふふ、そこなんだよ、ちろ君。そうは問屋が下ろさないんだ。別に支払い滞納している訳じゃないんだけどね。実はプロダクションバージョンは形は同じものの、何かが決定的に違うんだよ。そして、そのプロダクションバージョンは今夜ここへ届けられる事になっているんだ!」

ちろ:「ななな、なんですって!」

親分:「でもね、届くの今夜だからまた明日出直して来てね」

 

てな訳で、次の日また出直して行きましたよ。そして見せて頂いたのが此方!

2010 FiveTen SPD Shoes 

 

なんだよ、決定的に違うものって

 

色かよ!(爆

 

と、言うことでプロダクションバージョンは「白」になって横に「みなーーーーーーー」と言うロゴが付いてきます。で、最終的に4日も振り回され、まんまとFiveTenの手のひらの上で激しくもて遊ばれてしまった私でございました訳でございます。

あ、それからフリーライド用にこんな靴もあります。以前の「つま先をゴムでカバーしたバージョン」だとそのゴムが簡単に剥がれてくる場合があったので、そのつま先のピロピロゴムを取っ払ってソールを固形の塊にしたそうです。因みに踵にはナンバープレートが漏れなく付いてくるお得な仕様になっております。

↓持ってみたら思ったより軽かった。

2010 FiveTen 

↓かわいらしいね

2010 FiveTen 

で、名前は・・・忘れてしまいました(何とかライナーだった様な希ガス)

 

以上、FiveTen 騒動でした。

 

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

指令:WTB のブースでマークさんと話して来い

今回、私のインタバ参加に伴い、とっても変態で有名なOS Bikes の北澤さんから一つのミッションが与えられた、それが

 

 

WTB の ブースでマークさんと話して来い!

 

 

である。と言われても、OSバイクのオーナーのマークさんと何を話して良いのやらサッパリ分からない・・・かといってミッションが出てしまったのでやるしか無い。と言う事で、取り合えずWTB のブースを訪れてみた。そして受付のお姉さんに

 

ちろ:あのー、BlackBack のマークさんがここで働いてるって聞いたんですが・・・いらっしゃいますでしょうか?

受付:マーク?マークは大勢居ますのでそれだけではちょっと・・・苗字の方は?

ちろ:・・・あ・・・あれ?・・・知らないです・・・

受付:マーク・・・だけではちょっとぉ・・・

ちろ:あ、BlackBack(本当はOS Bikes)のマークさんです。

受付:BlackBack (これも本当はBlackBuck)・・・?でも、やはり苗字が分からないとちょっと

ちろ:・・・ですよねー、もう一回出直して来ま・・・あ、そうだフレーム・ビルダーのマークさんでも分かりませんか?

受付:もしかしてBlackBuckの事ですか?そのマークでしたら其処に居る者です。

 

と、そこに居たのは・・・うわー、これまた人懐こい顔をしたおじ様(笑

 

ちろ:あのー、日本から来たコウ・キタザワに「マークと何か喋って来い」と派遣された物です。

マーク:おお、それはそれは!よくいらっしゃいました。

ちろ:あのー、北澤さん、今命がけで日本でのBlackBuckの布教活動頑張ってます。で、多分今ちょっと軌道に乗り始めた所です。で、私はブロガーなんですが、何か知らない内に巻き込まれてます。

マーク:おお、そうですか。いやあ、あの位の変態さんはそうはいませんよ。アメリカの小売店さんにもあの変態ぶりの垢を煎じて飲ませてあげたい物です。

ちろ:あー、やはり(笑)凄いですよね(北澤さん)。本当に物凄い活発な方です。マークさんもメールとかバンバン送られて来るんですか?

マーク:ああ、来ますねぇ、事ある毎に(笑)。何か思いついたら直ぐ行動に出ないと気が済まない方の様です。こっちがユーロバイクやらインターバイクやらのショーシーズンでOS Bikes はお休みだって言ってるのにも関わらず全然許してもらえません。

ちろ:29er は日本ではサイズの問題でマイナーですからねぇ・・・その分頑張ってらっしゃるんでしょうねぇ。

マーク:そそ、日本人の体型の統計データとかまでキタザワさんから送られて来ましてね、知らなかったんですが、日本人の平均の体型は、私の体つきの大体93%位らしいですね。私が良いと思った物は日本の方には少々大きいみたいです。

ちろ:そうみたいですね・・・あ、あんまりお時間をお取りしても悪いので、北澤さんに怒られない様に証拠写真だけ何枚か撮らせて頂いて宜しいでしょうか。

マーク:承知しました。

 

ちろ:はい、それでは行きます!3・2・1、パシャ! 

Mark Slate

 笑顔が良いですねぇ。もう一枚良いですか?

マーク:じゃ、今度は渋い感じで行きます。

ちろ:じゃ、クールな感じでお願いします、3・2・1、パシャ!(笑)

Mark Slate

ちろ:有難うございましたっ!

マーク:それでは、北澤さんに宜しくお伝え下さい。

ちろ:了解しました♪ 握手ガシッ!

 

 

と、北澤さんの野望は果てしないのであった、マル。

 

 

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

freeload

えーと、お次は twosicks さんから

 

 

「おいちろ、気になるから見て来い」

 

 

と指令を受けていた freeload です。絵的には複雑で見難いのですが、クリックすれば画像が巨大化するので、多少は見易くなると思います。

 

 freeload

 

freeload

 

freeload

 

http://www.freeload.co.nz/

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

2010 Marin AT - Old School is here!

私には文通友達のTomoさんと言う友人が居るんですが、今日郵便局に立ち寄ったら

 

↓郵便局とその局員の斉藤さん

Yuki Saito 

 

そのTomoさんからの「小さなお手紙が届いてますよ」と手渡されてちょっとビックリさせられた。と言うことで、今度は私からのメッセージです。

 

↓これ良い!懐かしのオールドスクールなロゴに萌え。

2010 Marin AT 

↓萌え萌え

2010 Marin AT 

 

以上です、はい。

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

2010 Five Ten SPD shoes

さてと、先日お伝えした様に Five Ten が SPD の靴のマーケットに参入します。で、その画像を極秘裏に入手してきました・・・ってただ撮影してきただけなんだけどね(笑)。

 

↓展示してあるものを自分流に勝手にアレンジして撮影するのがちろ流

FiveTen 5.10 SPD Shoes 2010 

↓アレンジ後(笑)

FiveTen 5.10 SPD Shoes 2010 

↓その裏

FiveTen 5.10 SPD Shoes 2010

 

以上です!

 

http://www.fiveten.com/

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

シマノ 対 カンパ

あれっ?今回はインタバにサイスポさんいらしてるの?何だか元気の無い二人組みが私が私事に没頭しているその横で蚊の鳴くような声で「日本のサイスポからきますーたぁ(ボソボソ)・・・」見たいな感じでとあるブースの係りの方とお話しているのを小耳に挟んだんですが、気のせいでしょうか?なんかね、今にも貧血で倒れそうな感じの声でしたョ。

 

あれが本当にサイスポの方だったら元気無さ杉!もっとね、

 

 

おまんの勝負パンツ見せてみんかい! 

 

 

位の勢いが無いとだめですよ!ちょっとね、全裸に赤褌でがんばって貰わないと。是非ショーを牛耳る位の勢いで明日からの二日間は頑張って下さい、応援してます。さて、話は本題に戻りますが、シマノ VS カンパ。ちょっとマウンテンバイクでは無いですが、永遠のテーマですよね。

 

 

今回も会場で熱い戦いが繰り広げられていました。勝敗は貴方の判断にお任せします。

 

↓カンパ

カンパ

 カンパ

↓シマノ

シマノ 

↓セライタリア

セライタリア 

やっぱり年季の入ったセライタリアのセールスピッチは堪らなくカッコ良かったなぁー。

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

Turner RFX Proto at Interbike 2009

朝一でターナー社長事、デーブ・ターナーさんとお話してきましたぁ!偉く時間が掛かってしまった・・・社長以外の人との会話も含めて多分30分以上話したと思います。で、結果ですがRFX はマダマダ販売する段階には程遠いそうです。また後で詳しい事を書きますが、取りあえずは会場から直で画像だけ配信・・・・ぴっぴっぴっ、ぽー。

Turner RFX Proto

Turner RFX Proto

Turner RFX Proto

Turner RFX Proto

Turner RFX Proto

Turner RFX Proto Turner RFX Proto

Turner RFX Proto

Turner RFX Proto

Turner RFX Proto 

Turner RFX Proto 

 Turner RFX Proto

 

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

ネオンがきれいなインターバイク

いやぁ、はっきり言って驚きました、

 

 

コメンサルのネオンパワー

 

 commencal neon

commencal neon 

ネオングリーンとネオンオレンジ、山の様な数の自転車の中でも瞬時に何処にあるのか分かる位際立って目だってました。もう目立ち過ぎて「鳥だ、飛行機だ、いやコメンサルだ!」の世界でしたョ。

 

これは是非はどうにしろ、この様なイベントでは物凄い宣伝効果がありますよね。多分インターバイクのデモに参加した人の中でコメンサルを見てないって人居ないと思いますよ。それ位日の光を浴びて輝いてました。

 

そんな中でターナーも凄かった。発光しまくりです(笑

Turner neon 

Turner neon 

Turner neon 

ターナーの中の人の中に

 

 

「こんな流行、一時も早く過ぎ去ってくれ・・・」

 

 

なんて人も一部に居ましたが(爆)、暫くはこのトレンドは続きそうです。

Turner neon 

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Blk Mrkt Bikes Killswitch

先日、Blk Mrkt の KillSwitch が税関で拘留されているとの噂を聞きつけ「ああ、今年のインタバでは見れないのかなぁ・・・」なんて思っていたら!来ましたよ!KillSwitch!コイチロさんに次いでまたがって来ましたョ。

所で、AAAさんがリクエストされていた自転車は試乗車が出ていなかったので、残念ながら乗れませんでした。ですが、これで勘弁して下さい。

 

↓おカーターんと一緒

Blk Mrkt KillSwitch

↓迫力満点

 Blk Mrkt KillSwitch

↓実物は思ったよりも洗練されてました。

かなりメッセージがダイレクトです。

 Blk Mrkt KillSwitch

↓ヘッドステッカーがメリケンサックって(汗

Blk Mrkt KillSwitch

↓後ろからもドゾー

Blk Mrkt KillSwitch

 

因みにこれが私が乗ったDJましん。トレイル用が紙一重で他の人の手に渡ってしまったのが残念。 跳べないオールマウンテン系の私にはフロントブレーキの無いセッティングは正直ちょっと辛かった(涙。慣れるまで乗り込む機会がほしかっただよー・・・因みに乗り味はハードテール(笑 ガッツンって感じです。

 Blk Mrkt KillSwitch

↓グレーのトレイル用マシンをとったあいつは絶対許さない!

Blk Mrkt KillSwitch

うーん、またマウンテンバイクに新たな世界がって感じですね、はい。

http://www.blackmarketbikes.com/

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

斉藤 祐樹 プロを応援する事にした

制服の胸のボタンを~下級生達にねだられ~♪
 

Yuki Saito  

何だかなぁ・・・変態は変態を呼ぶって本当ですねぇ。私に声をかけて来る人ってっ十中十、そう絶対100% 何らかの変態さんだったりする訳ですよ。

別に私、黒間に興味がある訳じゃ無いんですよ、でもErgon って Crank Brothers と並んで ID系がヘビーなメーカーじゃないですか(多分、ここはfeeblyさんしか付いて来てない笑)、だから日々その動向をチェックしている訳ですよ、下り系の物を作って無くとも。

で、今年も緑が鮮やかだなぁ、なんて思いながら軽くErgon のブース前に置いてあったレースマシンの写真を撮影していた訳ですよ、前を通り過ぎながら、軽く一、二枚、別に中に入って質問するわけでも無く。

そしたら中から人が出てきたんで、此方から軽く挨拶代わりに

 

 

「緑がまぶしいね、フッ」

 

 

の台詞を吐き捨ててその場を立ち去った訳ですよ、別に質問も特に無いので(笑

そうしたらその中から出てきた人が

  

  

「もしかして、日本の方ですか?」

 

  

と、日本語で一言。で、振り返ると、それがアメリカでマウンテンバイクのプロレーサーをしている斉藤祐樹選手だった訳ですよ。いや、正確に言うと、名前は知らなかったのですが、Ergon に日本人レーサーが居るのを何気に知っていたのと、その選手がチームメイトに「何食ったらあんなにタフになるんだ」みたいな事を以前Ergonのブログで書かれていたのを読んだのを思い出して

 

 

ああ、あの日本食でパワー大爆発の人ねぇ

 

 

と脳内情報連結完了。で、マウンテンバイクにも色んな競技があるんですが、下りが系が最短競技だとしたら斉藤さんはその全く反対側、

 

 

長距離系のスペシャリスト(汗

 

 

やばいですよ、この人。それも簡単に言うと、24時間走り続けたり、ランスで有名な160キロ 以上走るLeadvill とかを専門にやってる、いわば自虐を極めた

  

  

究極の変態マウンテンバイカーさん

 

 

斉藤さんは私とは種類が全く違いますが変態さんとしては完全な仲間です。斉藤さんの輝かしい戦歴。で、私は相変わらず、そんな偉大な初対面の斉藤さん相手にErgonのバックパックは重たいから改善しなさいとか、また好き勝手な事を言っていたら・・・話が長くなってしまったので、

 

 

では、また明日

 

Yuki Saito   

と再開の約束をしてその場を立ち去ったのであった。 

で、これから斉藤さんは勝手に変態ちろファミリーの一員です。

皆さん応援する様に。

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Interbike Demo Day 1 クイックおさらい

二日目出かける前に多少の画像をUPしておきます♪

 

↓Yeti DJ

 IMGP4216.jpg

↓カクカクです 

IMGP4217.jpg  

↓エルスのブリンブリン

IMGP4186.jpg 

IMGP4189.jpg

 IMGP4187.jpg 

↓スコットのボルテージFR

IMGP4163.jpg

↓カーボンベルトのゲイツでもお話を伺ってきたよ

IMGP4146.jpg

↓お米のアブソリュート

IMGP4137.jpg

↓KHSの650bのマシン

IMGP4131.jpg

↓Haro好きの住人の貴方にポーター

IMGP4107.jpg

 

IMGP4109.jpg

↓ターナーは来年は基本20色展開だそうです。

IMGP4112.jpg

 IMGP4114.jpg 

↓密かにDBR良かったりします

IMGP4294.jpg

↓謎のメーカーのトラック
IMGP4326.jpg 

あと、Five Ten がSPDの靴だすらしいですヨ

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Interbike 2009 デモ Day 1

今回、初の前日入りを果たした Interbike、毎年青い顔をしながらゼイゼイ昼過ぎに到着していたデモ初日だが、今回は体調の頃合も良く、比較的のんびりと会場を回っても初日を十分満喫する事が出来た。

 

さて今回の流れだが、朝7時起床、テレビを観ながらゆっくり身支度を済ませた後会場へ。そしてIDホルダーゲットの為に一般受付に行くが「お前はここじゃない」と言われ202号室に案内される。そしてIDをそこの係りの人に手渡すと

 
「あー、ちろさんですか?私、二十五年前に日本に住んでいました」

 

と日本語で対応される(爆。

  

「以前、シマノで働いていました。最近日本語使っていないので、ちょっと変です」

 

 
如何やら日本のシマノで働いた後、北米シマノで活躍、そして今インターバイクのPRとしてお仕事をなさっている方だったらしい。初日の初っ端から日本男児談義に花が咲いてしまった(大げさ)。そして最後に

 

 

「ショーを楽しんで下さいね!」

 

 
そう言われ、IDホルダーを受け取り、硬く握手を交わしてその場を立ち去りバス乗り場へと。そこでお決まりの腕輪と「プロモグッズ」を頂いた後にバスに乗車。(蛇足だが今年はプロモグッズがやけに少なかった気がする、と言うか景気悪さが明らかに反映されてしまっていた。ちょっと寂しいがそんな事は言っていられない。)

所で、私はInterbikeを訪れる際は決まってレンタカーをするのだが、それは最終日に荷物をトランクに保管、展示会場を最後の最後まで回り続ける為のものであって、実際に運転する為の物ではなかったりするという実にお馬鹿なシステムを私は毎年繰り返してしまっている。

と余計な説明は良しとして、展示会場から試乗会場までは約30分のバス乗車になる訳だが、このバス移動は実は移動と同時に乗客を洗脳する謎の教会の役割も果たしている。昨年は如何にスラムが優れているかについて我々は洗脳された訳だが、今年はジャイアントが如何にすばらしいメーカーなのか、ジロの感動ストーリーを織り交ぜた映像を繰り返し見せられ、会場に着く頃にはすっかりジャイアントが大好きな状態になってしまっていた。

↓洗脳ビデオ

sennou.jpg 

↓外の景色

outside.jpg 

↓Bootleg Canyon

bootleg canyon 



はてさて、そんなこんなで会場に到着。相変わらず砂埃にまみれた物凄い会場である。
とその時、何やらきらびやかなマシンが私の眼に飛び込んできた。私は下車すると早速そのマシンの元へ。FatBackの自転車である。その美しさと大きさに圧倒。オーナーのグレッグさんによると日本には未だディストレビューターは無いそうなので、北澤さんの様に頑張りたい方は此方のページをチェックしてみると良いかも知れない。www.speedwaycyclesak.com

 

↓FatBaclk sand/snow bike 
Fat back at interbike 

↓うつくC

Fat back at interbike

 Fat back at interbike

 

と、幸先の良い出だしだったのだが、実は今回のデモの私の最大の目的は「ターナーの新型RFXを発見する事」にあった。しかしながら、そのターナーのブースは会場のかなり奥の方なので、先ずはその途中にあるブースの数々を物色しながら目的地へ向かう事に。

まずエントランスをくぐって発見したのが、最近のオールマウンテンではスタンダードの「高さ調節機能付きシートポスト」。そのメーカーの一つRaseだ。以前にも紹介した事があると思うが、今回はそのやぐらとレバーが新しくなって使い勝手が良くなったらしい。いろいろと問題もありそうなデザインなのだが、ケーブルがグラビティードロッパー同様固定式の所は高感度が大だ。http://www.rasebike.com/

 rase seatpost at interbike

そして、その隣にあったのがFormulaブース

↓サンプルでChubのハブにブレーキを取り付けて展示してあったのだが

Chubのインパクトが強すぎて自社のっ製品が脇役的存在になっていた所がさみしかった。

formula at interbile 

そして、その次に発見したのがLenzの29ERのダウンヒルバイク。

今回はHayesのブースを間借りしての出展。オーナーのDevinが丁度ペダルを取り付けていた。

 

IMGP4101.jpg 

IMGP4100.jpg

 

続く?

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

やっぱり自分が変人だと気づいた瞬間 d3o

普段ブログで変態だ何だ自分の事を表現していますが、実の所私は自分自身の事を今日まで

 

 

「至ってごく普通の何処にでも居る人間」

 

 

だと考えていました。そう、私はどう考えてもノーマルな一般ぴーぷる・・・

の筈だったんですが、今日、どう考えてもノーマルじゃない出来事が・・・

  

  

そう、あれはRaceFaceのブースでの出来事・・・

   

 

まあ、何気なく RaceFace のブースを覗いていた訳ですよ、他のブース同様。

で、新製品が並んでいた訳ですよ、他のブース同様。で、

 

 

「ああ、来年はカラフルな商品展開ですな、お花畑」

2010 raceface   

 

等考えながら見ていたら、何かオレンジ色の物体が視界に入って来たですよ。

 

 

そう d3o ですよ・・・

 

 

2010モデルで RaceFace もd3o を採用したニーパッドを販売開始するんですよ。

2010 raceface 

で、そのブースには解説デモ用の「生の d3o」 が・・・で、

 

 

もう、我慢できなかったですよ、私・・・(涙

  

 

指突っ込んだり、引っ張ったり、摘んだり、

d3o 

d3o 

で、しまいには言ってしまったですよ・・・禁句を・・・

  

 

「あの、d3o 分けて頂けないでしょうか?」

  

 

 で、一握りの

生d3o ゲット(汗

 

 

「今日は暑いからちょっと柔らかいわよ」 等のアドバイスを頂きながら・・・

  

そう、会場を歩き回る私の左手には

 

 

一握りのd3o・・・

   

  

お話を伺う時も、写真を撮影する時も、スポーツドリンクを飲む時も

  working girls at Interbike

  

その左手にはd3o

   

  

で、気づいたですよ。

  

 

生のd3oは握っていると少しずつ溶けて来る

  

 

お口に溶けて手に溶けないエムアンドエムとはちょっと違うですよ。で、取り扱いに困った私は最終的にはパワーバーのブースで頂いた紙コップの中にそれを入れさせて頂いて持って帰ってきました。

d3o 

 

もうね、ホクホクですよ。これで空港で没収されそうになったら絶対空港のセキュリティー相手にd3oのプレゼンしてきます・・・って普通じゃないですよね、私(涙

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

インターバイク、働くオネーさんシリーズ第一弾:アウトドア・デモ

リクエストのあったものの中で、こなして行ける物から逝きます!LBさんから「オパーィ」と言うリクエストがあったので(多分女性の事かな?)、先ずはそれから。そう、インターバイクの働くオネーさんシリーズです。

 

 

↓彼女を見たときに一目でLBさんが求めているものだと直感してしまいました。

working girls at Interbike 

↓これも確実に壷を捕らえてると私は確信しています。

ちなみにボールを投げて的に当てると彼女が水槽に落ちるゲームです。

working girls at Interbike 

↓ドレルガールズ左から:Schwinn, Cannondale, GT/Mongoose

GTが何故か看護婦。意味不明なので説教しておきました。

working girls at Interbike 

↓エルスのお姉さん?今回エルスはマーケティングがかなりアグレッシブです。

ブースでもこれまでに無い位親切に対応して頂きました。

working girls at Interbike 

↓レースイベントのプロモーションのお姉さん達

写真で見るとちょっと怖そうですが、物凄い親切でした。

working girls at Interbike 

 

今回はLBさんが満足出来るのは多分最初の二枚だけだと思いますが、以後まだ三日ありますので、もっと気合を入れて頑張ってきます。

 

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

ラスベガス到着、あと六時間くらいですか?

今日は紫色の宇宙船に乗ってきましたョ。それにしても、最近の宇宙船はオサレだね。

Sample-Pictures.jpg 

座席に自動販売機まで付いてるし、便利だね。

Sample-Pictures2.jpg

で、終に到着しましたよ、例の孤島に、東京都ラスベガス

 

ま、あんまり深く考えないで下さい。で、終に明朝インターバイク開幕です。

 

・・・なのにもう午前二時。初めて前日入りした意味が無いぢゃん(涙

 

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

来週は恒例の読者還元週間でつ

ああ、ブログが横に傾いたまま(涙)、ズルズルと恒例の読者還元週間に突入してしまいそうです・・・何のお話か分かっているLBさんみたいな方は予めリクエストをバンバンコメント欄に書き込んでおいて下さい。

  

 

皆さんの為に働いて参ります!

 

 

体力無いなりに出来るだ努力して来ますんで、よろしくお願いしまっすでっす。

PS.松田さんのネタも未だ処理してないのに、それどころか小径ダウンヒラーさんのネタだって・・・ああ、私はなんて駄目男君。

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

松田さんの自転車発見!ウミガメとドイツ人とストリートヂャスティス

おお!今年の一月に行方不明になっていた松田さんの自転車が先日発見された模様です!松田さん、おめでとう御座います。で、何処で発見されたかと言うと・・・

 

如何やら、松田さんの自転車は例の事件の被害車の一台だったらしいです(汗

 

例の事件

 

いやあ、プロの仕業でしたか・・・、それにしても凄いスケール。これは犯人は懲役確定!と思いきや、松田さん曰く、犯人が起訴されたのはたった二件だけで、なんとその顛末は

 

ウミガメ?

 

事件の概要は如何見ても「自転車を盗む事を生業」にした方の物の様な気がするのですが・・・被害総額一千万円以上ですし・・・それが如何いう話の流れか、知らない間に「精神的に参ったお子さんの悪戯」になってしまっているのが「???」、家裁じゃないんですから(笑

いや、でも確かにこの青年の精神状態は普通だとは思えませんが・・・それはそれでウミガメよりも専門医にカウンセリングして貰った方が良いと思うんですがね・・・いや実際、ドイツでは自転車泥棒を繰り返して人生の半分以上牢獄で費やしている85歳のおじいちゃんなんてのも存在する訳ですし、ウミガメと戯れるよりも根本的な精神治療が必要な気がします。

 

そそ、あと一部屋にこれだけの自転車が入る部屋って

dondake - bike theft

 

 

どんだけー?

 

 

裁判官の方のお宅のお部屋も普通にこれだけの自転車が入る作りになってるんでしょうか? 私にはちょっと理解不能な世界です。と言うか、何かマジカルなパワーがこの件には関わっている様な気がするのは気のせいでしょうか?ま、気のせいですね、はい。

個人的にはこの青年には知る人ぞ知る「Don't Steal Bikes, Bro」のお兄さん達に「盗んだ自転車の数だけストリート・ジャスティスを繰り返して頂く刑」なんか良いと思うのですが、素晴らしい法治国家の日本ではウミガメが一番の解決策の様です。

 

と言う事で、松田さんおめでとう御座います♪

 

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

堂城賢氏も参加、29erSSライダーズミーティング遂に参加申し込み受付開始!

さて、遂に来ました!って・・・・

実は5日前に既に北澤さんには連絡を頂いて居たのですが・・・(失礼しました)(汗




29erSSライダーズミーティング!




今回正式に参加申し込み開始です!いやー、やりましたね、北澤さん、金太郎さん、その他大勢の皆様、お疲れ様です。 で、開催地ですが!

 

 


長野県安曇野に決定!

 

 

致しました。そしてなんと、あの

 

 


堂城賢氏を焼肉奉行に迎えての

 

 

 

スーパーイベントになっております。 で、参加資格の方ですが、以前は29er SS 乗りに限られていたのですが、それがババット広がって、

 





マウンテンバイクを愛する者264

 

 


そして、

 

 

関西版のサイクルモードなんて気にしない者
 

 




となりましたぁ! これは皆さんこぞって参加するしかないですねー、と言う事で、詳細は以下の通りとなっとります。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ■29インチ+シングルスピード(SS)のマウンテンバイクを楽しむイベント

               29erSSライダーズミーティング

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まだまだ日本では馴染みのない29erSSのマウンテンバイク。これが、山を走っても、
町を走っても、本当に面白いバイクなのです。

ギアに頼らず自分の力で、大きなタイヤの回転力でドシドシ進む。そんな29erSSを
楽しむイベントが自然豊かな長野県安曇野で開催されます。

トレイルライドに、グループツアー、温泉、トーク、野外料理、焚き火、 and more!
各メーカーの29erSSも試乗できます!ぜひ参加ください!

Mr.29erこと元ゲイリーフィッシャーチームの堂城賢氏のトレイルスクールもあります!

*29erSSに乗っていない方でも参加できます。

━━━━━━━━━━━━━イベント詳細━━━━━━━━━━━━━━━━

【名称】29erSSライダーズミーティング

【場所】長野県安曇野(集合場所は後日告知)

【日時】2009年11月28日、29日(集合時間は28日の13時の予定)

【内容】トレイルライド、グループツアー(史跡、道祖神めぐり)、温泉、トーク、野外料理、
    焚き火など (内容は参加者、参加人数によって多少変わります)

*堂城賢さんによるトレイル・ライディング・スクールも実施します!(20名限定)

*堂城さんとは。。
『人呼んでMr.29er。日本におけるMTBレース創成期よりJシリーズエリートライダー
として18年間活躍。ゲイリーフィッシャーのライダーとして日本で初めて29erをレースで
使い始めた29erのパイオニア。現在、安曇野でライディングスクール「やまめ工房

http://www.yamamekobo.com/」を主宰。29erを極めた事で得た「重心・軸に乗る、骨盤
を前傾させるポジション、お腹を凹まさない」という独自の理論で、誰でも楽に速く走れる、
わかりやすい指導には定評があり、多くのサイクリストに走る楽しさを伝授している』

【主催】29erSSライダーズミーティング実行委員会

【協賛】サイクルガレージパズ(Niner Bikse正規代理店)、サイクルボーイ(志木)
OS Bikes Japanほか予定 (現在、協賛企業さんも募集中です!!)

【協力】やまめ工房、舎爐夢ヒュッテ、合同会社HUB

【後援】バイシクルマガジン、TOKYO TRAIL(予定)

【費用】
○イベント参加費3000円(ステッカー、保険含む)
 (堂城さんのトレイルスクール受講希望は+3000円)

○食費
3000円(28日の夕食+ツマミと29日の朝食の2食)

○宿泊費
・部屋の方は3000円(20名まで)
・ドミトリー(寝袋持参のこと)は1500円
・テントの方は1000円(テント、寝袋持参のこと)

*かなり寒いので寝袋は厳冬期用の温かいものをお持ちください

【宿泊】 シャンティクティ http://www.ultraman.gr.jp/~shantikuthi/

【食事】 28日の夕食+ツマミと29日の朝食で3000円
 *一品差し入れ歓迎です!(鉄板があるので焼き物もOKです)
 *ビールの販売はありますが、その他のお酒類を飲まれる方は持参下さい

【参加条件】29erSSに乗っている人、もしくは関心がある人

【定員】:50人(お早めにお申し込みください)

【問い合わせ】29erssrider@gmail.com (件名に「問い合わせ」と書いて)

【HP】http://29erssrider.jugem.jp/


【諸注意】

*29erSSに乗っていない方でも参加可能です。
*各自、自転車を持参下さい。(未舗装路を走るのでMTBやシクロクロスがいいでしょう)
事前点検をお忘れなく。
*SSイベントは、みんなで作るイベントですので、お仕事をお願いすることもございます。
ご了承ください。
* 当イベントでは、自転車=車両のひとつという認識から道路交通法を遵守し、車や
オートバイと車道を共有し、譲り合って走ります。信号を守り、並走することなく一列に車道
左側端を走り、走行中は追い越し禁止とします。
*雨天決行いたします。雨天の場合は、レインウェアをご用意下さい。(台風などの場合は別)
*イベント当日はカメラマンが撮影を行っています。後日当サイト等に掲載されますことを
ご了承下さい。
*レースではありませんが、ヘルメット・グローブを着用してください
*トレイルは地元の人の生活道でもあります。スピードは出さないようにお願いします。
*大会当日の損害については実行委員会で応急の措置をいたしますが、損害保険以外は
責任は負いません。
*健康保険証を必ず持参下さい。
*当日の天候により止むを得ない場合は、主催者側の判断でイベント内容を変更又は、
中止することがあります。
*中止の場合、宿泊費のみ返金いたします。今回中止の場合、参加者は次回に限って
参加費無料となります。
*参加者様の都合でキャンセルの場合は、1週間前であれば、宿泊費と食費分は返却
いたします。(振込手数料等は差し引かせていただきます)。参加費は返却いたしません。
*中止の場合、中止決定の発表を11月27日の午後9時にホームページ掲載と参加者へ
のメール通知でおこないます。

【申込方法】
以下のフォームに記入の上、こちら(29erssrider@gmail.com)まで、
件名に「申込」と書いてメールでお申し込みください。
(複数で参加される場合は、人数分フォームをお送りください)


<申込フォーム>

お名前:
性別:
ご住所:
携帯番号:
メール:
生年月日:
どこでイベントを知ったか:
参加の理由:
堂城さんのトレイルスクール希望:Yes No (20名まで)
宿泊: 部屋 ドミトリー テント (希望を選んでください)
*部屋は3人部屋です。同じ部屋を希望される場合は、その旨をお書き下さい。
*2人以下の場合は、合い部屋になります。
グループで参加される場合は代表者の名前:
交通手段: 輪行 車 自走(選んでください)
メッセージなどご自由に:

*プライバシーポリシー*
申し込まれた方の個人情報は29erSSライダーズミーティング実行委員会と申込者の連絡、
および保険加入にのみ使用いたします。

【お支払い】
申込受付け後にお振込みとなります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




北澤 肯[コウ]

━━━━━━━━━━━━━━━━
マウンテンバイクの原点を知るブランド
OS Bikes Japan
http://www.osbikes-japan.com/
info@osbikes-japan.com
━━━━━━━━━━━━━━━━

29erSSライダーズミーティング開催!
http://29erssrider.jugem.jp/

【1億3000万キロの自転車通勤の日 バイク・ツー・ワーク2009】
http://www.bejapan.org/btwd2009/

 

現在までに決まっている試乗車
イベント詳細と申込はこちらから>>>>


現在まで、以下のメーカーのモデルが試乗車として決定しています。日本でこれだけ多くの29erSSが一堂に会するのは歴史上初です。お楽しみに!

*一部 実行委員会スタッフ の個人所有バイクが含まれます



Salsa エルマリアッチ


OS Bikes Blackbuck


Gary Fisher 
RIG


Haro MarySS

Voodoo Dambala

Niner Bikes 未定


Surly Karate Monkey

 

イベント内容、申込みに関して、追加情報です!
イベント詳細と申込はこちらから>>>>


募集に関して追加情報です。ご留意くださいませ。

1.スケジュール

暫定的ですが、以下のようなスケージュールを考えています。ご参考にしてくださいませ。

○11月28日(土)

13:00 集合(穂高の中心付近の駐車場の予定です。詳細は後日連絡)
13:30 トレイルライド+試乗会(グループに分かれて、おこないます) 
16:30 温泉へ
17:30 宿(シャンティクティ)へ移動
      *各自の車にて、輪行の人は他の参加者やスタッフの車に分乗
18:30  野外料理開始
20:30 懇親会(トーク、飲み)

○11月29日(日)

7:00 朝食
8:00 グループライド
     Aグループ やまめの学校の堂城氏によるトレイルスクール
     Bグループ 北アルプス展望のみちツアー
            *道祖神、史跡めぐり(予定) 

12:00 昼食(各自)

13:00 シャンティクティ集合
13:30 閉会式(挨拶、プレゼント抽選、プレゼンタイム)
14:30 解散

以上!


2.堂城さんのライディングスクールは半日です。また半日のスクールは通常3500円ですが、今回は特別価格で3000円となっています。


3.こどものスクール受講に関して

小学生高学年以上からの参加が可能です。また、参加条件としてお子様だけでなく、親子で参加していただきます。(お父さん、もしくはお母さんが一緒に理解していないと子供が本当に後で復習したり理解するのが難しいため)

4.ゴミを出さないため、マイ箸、マイカップ、マイ皿持参でお願いします!!

5.申込期限は10月31日ですが、定員に達し次第締め切ります。すでに、かなり速いペースでお申込みがありますので、参加を希望される方は、早めにお申し込みされることをお勧めいたします。

以上です

これは参加するしかないねっ!

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Euroの続き?そうなん?

私が自転車を始めた頃は、自分が何が好きなのかすら分からなかった。 多分、自転車購入の判断基準は色とスタイル(マウンテンバイクとかロードとかランドナーとか)位だったと思う。

確かに今でも分からない事ばかりだけれど、最近ある程度自分の好きなもの、欲しい物が分かる様になって来た気がする。でも、それが一般的に言われる「良い製品」かと問われると・・・それとはまた違う様な希ガス。

まあ、普段自転車の事をあれこれ語っていても、最終的にそれらは全て私個人のフェチ・主観でしかない訳で、それが正しいかと言えば、正しい訳がある筈が無い。

初体験でオデブーの自転車に乗って、デブ専に走ったり、BMXで楽しい思い出がいっぱいあって、大人の階段を登ってもストリート系から離れなれなくなったり、一口にフェチと言っても人それぞれ。

そんな根っから変質的な自転車フェチ野郎共の一員の私が、製品の良し悪しを決める判断基準で一番重要視しているのは多分

 

ぢょうねつ

 

だと思う。何事にも情熱は必要だ。情熱が無ければ何も始まらない。情熱と信念が共に爆裂した時に初めて革命が起こるのだ。

 
「この製品はマウンテンバイクの世界を変える!俺はそう信じているのだ!」
 

 
そんなメッセージのこもった製品が私は大好き。たまにそのベクトルが一般市民とは全く違う方向を向いていたり、はたまたお金が無くて出てきた物の質が悪くなっちゃったり、色々と問題もあるだろうけど、

  


それを形にする、

 




それを実現した時点で、それだけで、私は評価に値する様な気がする。思いを、情熱を、形にする、そう、それはある種の告白・・・

 


この気持ち貴方に伝えたい!
 

  
 
それがビシビシ伝わってくる製品に私は惚れたりしたりしてしまう。 そう、この男の発明、最近色々な所で叩かれている、そして大変馬鹿にされているMitigator テクノロジー。どの様な状況下に於いても、サドルがお尻から離れない、お尻追従型フレーム

 

サドルはともだち!

 

↓埋め込み不可なのでリンクをどうぞ

Mitigator

 
自分のガレージにプレゼンをセッティング、短パンランニングで熱く語るその姿・・・

 



この気持ち、貴方に伝えたい!

 


不器用かもしれない、ベクトルがちょっとずれているかもしれない、だが、その自分の発明に対するその不恰好なまでの情熱、そして信念、そしてそれをプロトタイプと言う形にしたその執念、それは評価に値しない訳が無い。

 
 

私はこのおっさん好きです。

  
 

さんざん酷いコメントの付いた動画を削除して、新しくうっぷしなおす、その諦めの悪さも
 
 

ぶりりあんと
 

 
でも、次回は開発前にマーケットのリサーチをちょっとだけした方が良いかも。

と言う事で、だから私はトムソンが好きだったりする訳です。

↓Thomson ディレクトマウントステム Via 今年も熱いDirty Pages

323_1252240131.jpg 

そう、トムソンには確固とした情熱、方針がある訳です。流行に左右されないその黒銀の商品展開、ベンチマーク的スタイリング、一定した品質とその管理、そして嘘の無い価格設定。そう、トムソンのメッセージは

 

 

「出来るだけ価格を抑えながら良いものを皆さんに提供したい!」

 

 

それなんです、で、熱いです。どっかのシールだけ貼って安物を高値で物を売っている所とはじぇんじぇん違います。と書いていたら疲れたので、ここでやめときます(爆

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

エゲレスの貴公子優勝記念に一枚

Peaty 優勝記念に懐かしの一枚

steve peat 

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

芸術は托鉢だ!ユーロバイク続き?

あらっ、Eurobike もう終わっちゃったですか? ささっと、色々な所をチェックしてみて思ったんですが、うーん、

 
未だ出切ってませんねぇ・・・

   ↓これなんかインタバまでお預けっぽいですね Via Bike Rumor

hayes derailler 

 
幾つか出て来そうな新製品の予想を立てていたのですが、それらが出て来てませんでしたねぇ。 どちらかと言うと印象的には今までのニュースのおさらい的イベントと言えば良いのでしょうか?

 

これで出来ましたよ、並べますよー!

 

てな感じで(ジェミニさんが仰る様にIntense のTazer HT が台湾製になる事意外は?)もうちこびっと爆弾新製品が欲しかったですね・・・というか最近私の色眼鏡が段々濃くなってサングラスみたいになってしまったので大事な物が見えていない可能性があるのも否めませんがー、ももんがー(笑。


でも、アメリカの幾つかのメーカーはユーロとインタバの差別化を確実に図ろうとしていますね。 大手数社を除けばまだインタバ狙いで製品開発をしている中堅クラスのメーカーは多い様な気がします。

 

因み私の中の重要マウンテンバイクイベントと言ったら「シーオッター」「ユーロバイク」と「インターバイク」この三つ。

 

シーオッター:プロトタイプなどの新製品を匂わせる香水イベント

ユーロバイク:大手から中小まで一堂に会したしバランス感の優れたイベント

インターバイク:腐っても鯛、試乗会充実+怪しい隠し玉が転がっているイベント

 

以前はマウンテンバイクで巨大イベントと言ったら「インターバイク」しかなかったんですが、近年はユーロが大人気で色々と情勢も変って来ているようです。そそ、特にインターバイク最近はちょっと衰退気味ですね。

以前は大手から小さめのビルダーさん達まで一堂に会していたんですが、近年では大手の更に巨大化が進み、小さなビルダーさん達はインタバでは

 

 

目立たない>出展費用が高い>客層が違う>

 

自分達でショーを開きまショー!

 

 

IFを筆頭にその生き残りを掛けてNAHBSに完全移動しちゃいましたし、今度大手は大手でインタバよりも事前に独自の学芸会を開いて新作発表しちゃってますし、トレック・キャノンデール・スペシャ等はインターバイクでは試乗はあっても本編での展示はもうして無いですもんね。それに90年代は盛んだった「コンセプトバイク」の展示なんて何処のメーカーももうしてませんしね、寂しいばかりです。

↓ユーロはコンセプトも頑張ってる Via PinkBike

Eurobike Hot chili concept 

そそ、インタバと言えば!今年はサンヨウ電気が電動アシスト車で大々的に北米戦略を開始する模様です。でも、うーん、如何なんでしょう・・・これは?・・・ちゃんとマーケットのリサーチしたんでしょうか?というか、勝算があるから参入するんでしょうが、個人的には少し時期尚早な気がします。


確かに近年ユーティリティー系の自転車に人気が集まっていますが、基本的に交通のインフラが日本やヨーロッパと違いますからねぇ。売れてもマニア層、一部地域の人間が買うだけで直ぐに頭打ちしてしまう気がするのですが・・・

そもそも北米ではオートバイや自転車は完全に「リクリエーション」のカテゴリーに属しますからね。特に自転車なんかは運動器具ですから。で、運動器具にモーター付いてたら運動になりませんものね。

北米開拓したいのであれば、そのインフラを変える位の覚悟が必要ですね。A2Bなんかはレンタル系でシェアを伸ばしていますが、それが無かったら案外きついと思いますよ。

でもサンヨウが如何攻めて来るのか非常に楽しみだったりします。

話がかなり脱線してしまいましたが・・・あれ、何でしたっけ?

ああ、そそ今日の

 

「 濃いチロのこれを見なサイト」

 

でしたね、では先ずはこれを見なサイト:

テクストドリル:ダホンの折りたたみヘルメット

お願いはしてみるものです、有難う御座いますパンダ大先生

そしてfeeblyさんのユーロバイクだいぢぇすと:

壷を付いて御座います。これさえ見れば貴方もドイツ人

それから勿論毎年お世話になっているTFJ77さん:

今年も沢山素敵な写真ありがとん♪

 

で、今回のちろが選んだ

ユーロバイクで賞はCope のこのマシンだぁ!

Via Live Life Lite

cope cope downhill bike cope downhill bike cope downhill bike

 

カッコイイデス、社長、これ下さい。

 

170・200mmのリアセッティング可能なダウンヒルマシンだそうです。

 

あとこれはユーロバイク外ですが、竹坊スイッチポチっとな♪

World Bicycle Relief Reserve Headset

http://canecreek.com/trade/gallery2/main.php?g2_itemId=2115 

 http://canecreek.com/trade/gallery2/main.php?g2_itemId=2115

え、まだ続くの?もうやめたら?

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

Eurobike 始まったね、社長!

新年、明けましておめでとう御座います。

 

へっぽこマウンテンバイカーブログ「ちろ山岳」、今年も宜しくお願いいたしまっす。と言う事で、遂にユーロバイク、始まりましたねぇ!日本からは最強のベーシスト事パンダ支配人が参加して、早速KillSwitchに跨って大暴れしている今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか?私は元気です。

 

はてさて、最近は更新が滞ってしまっていた「ちろ山岳」ですが、自転車的には2010年に突入するこの9月、大人しくはしていられません!!!と言う事で、早速溜まっていたネタの放出です!

 

えーっと、先ずは・・・最近は音沙汰が無かったAstrix?で入ります

↓二年の歳月を経ての発表です、Astrix Havoc R Via WideOpen Astrix Havoc R

↓ ほんでYeti DJ と新型の303

遂に完成した模様

2010 Yeti DJ 

↓白抜きのロゴとボデーの黒のコントラストがチョキ!

2010 Yeti DJ

↓何か段々しっとりとしてきましたねぇ(意味不明)

2010 Yeti 303

Via MTBR

ほんで、色物では ↓ ダホンの折りたたみヘルメット

Dahon foldable helmet 

パンダさん、これのレポートお願いします。

Dahon foldable helmet 

そして、↓先日FFCさんがいち早くレポートしていた新型Intense SS

2010 Intense ss 2010 Intense ss

↓ホンでもってTazer HT

2010 Intense Tazer HT

Via IBC

あと、↓ Rock Shox Monarch Dual Air

Rock Shox Monarch Dual Air 

Via IBC

それから、これなんかも目に留まりますねぇ(笑 ↓GT Fury

発光色好きなので嫌いじゃないです

2010 GT Fury 

Via montenbaik.com

で、こんなのもあります。Foes B29 Via 29inches

Foes b29 

 

発売は来年秋目標のNicolai B-Box Via MTBR

Nicolai B-Box 

うわー、すーんごい欲しい・・・

Nicolai B-Box Nicolai B-Box Nicolai B-Box

あと、モアウッドがウルトラマンで頑張ってます。

morewood_spy's photostream

2010 Moorwood 

2010 Moorwood 

こ、これは!ホン、ホン、のほほんほん♪

2010 Moorwood

↓おっ、何だこれは???

3884640776_d2f305fd14_b.jpg

 

で、とりは KindShock のエア・コイルリアユニット(爆

とってもダイナマイトです。

 Via franzjakob.thaler

Kindshock Air coil madness 

つづく?

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

Bell ヘルメットのコラボシリーズ Jimbo Philips

Jimbo Philips 

先日、ポール・フランクとコラボをしたヘルメット発表したばっかりのBellですが、今回はあのスクリーミング・ハンズで有名なJimbo Philipsとの合作物です。

 

↓キター、往年の悪ガキお馴染みのこのグラフィック

 

Jimbo Philips Bell

↓地味目の物もありまっす。

Jimbo Philips Bell

↓なんかこうなるとハワイアンチック不思議な感じ

Jimbo Philips Bell

↓これは何が何だか分かりませんね、無理やりです(笑

Jimbo Philips Bell

 

いろいろ種類があるようですが、やはりジンボーさんだったら多色バージョンですよね。で、お子さんに購入してあげて、

 

「ほら、健治、カッコイイだろ、明日からこれかぶれ!」

 

 

「何これ、キモス」

 

 

とか言われて落ち込むのもまた一興。

 

Via WideOpen

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

Profile

ちろ

Author:ちろ

chirosangaku@gmail.com

リンクはご自由に♪

  • 捜索願いを出したい方
  • 無事発見!
  • Categories
    Links
    Information Sites
    News & Trend
    Pro Riders
    Pro Writer / Freerider
    Freeriders
    Blog Pals
    Pro Shop
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    Archive
    検索フォーム
    MTBでチャリティー♡
    MTBで健やかに! オクで寄付して大満足♡
    目指せ1000%!
    Backing!
    Free Online Mags
    海外通販のお店
    海外通販をやりたい方の為に、比較的安全と信頼度の高い所を選んでみました。詳細



     

    YEN

     

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。