スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下り自転車が巨大化する時・・・29er 下り自転車

2010は29er の年ですね、特にXCのエリアでは。確実に時代の流れがシフトしてます。近年そのホイールサイズが見直されているMTBですが、VeloNews等ではもう既に国外での26インチHTの滅亡説が囁かれています、というか、XCレースシーンでは26インチHTはもう既にマイノリティーです。

 

 

はてさて、そんな中 Niner Bikes が突如風変わりの自転車を発表した模様。それが

 

W.F.O.9 改 下りマシンです(激

Niner W.F.O.9

 

↓まぢですかっ、スペシャルなドラド付き

Niner W.F.O.9 

 

↓残念ながら後ろは5.5インチです。

Niner W.F.O.9 

 

誰が乗るのか知りませんが、背が高い人には良さそうですね、と言うか29er DHの時代が遂に来るのでしょうか?(いやそれは多分無い)。

 

Via Twenty Nine Inches

スポンサーサイト

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

Andrew Waldron さんの Bootleg

ハリウッド映画の例の線路に乗って映像を撮影するカメラマンをなさっている Andrew Waldron さんから「新作でけたよー」メールを頂きましたので今回はそれのご紹介。で、以下の作品はあくまで Andrew さんがご趣味で撮影されたものだそうです(26分の長編です)。

 

 

Bootleg: Interbike の試乗デモでお馴染のBootleg Canyonで行われたレースの模様

結果はDan、 GeeのAtherton兄弟のワンツーフィニッシュだったそうです。

 

 

BOOTLEG from Andrew Waldron on Vimeo.

 

 

渋イッス!

 

 

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

2010 Giant

VeloVertさんで2010のGiant 画像が観れるよっと!

 

プロトの画像が流出してからもう大分経つので驚きはありませんが、一応正式発表です。

 

2010 giant glory 

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

Evil Faction ってもう流通してるの?

Ridemonkey で見つけたんですが、Evil の Factionって もう出てるんですか?

 

 

激しい黄色を観てちょっと驚いてしまいました。

2010 Evil Faction Yellow 

 

いいかも・・・(汁)

 


PS..最近更新だけでコメントにお返事付けられなくてごめんなさいね・・・

今ちこびっと猪突猛進モード(で、あともう暫く)なのでニュースだけに軽く目を通して簡単な更新だけで済まさせて頂いておりまっす。

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

2010 NICOLAI Helius AFR そしてベルトドライブ

最近多いですよね、というか2010年モデルに多く出てきてますね、DHバイクとオールマウンテンの中間、そしてマルチなセッティングが可能な自転車達。カテゴリー的にはちょっと前だったら確実に「Freeride」の筈なんですが、年々サスの技術の進歩に伴いオールマウンテンが以前のフリーライドに近づいてきてしまって、フリーライドのポジションが最近非常に微妙になって来ています。で、正式名称はまだ確立されていないのですが兎に角オールマウンテンよりも激しく、でもDHレースと言うよりは「楽しみ」を重視した、そんな感じの自転車達です。

 

 

で、Nicolai からのその提案が2010 Helius AFR (オールフリーライド)

2010 NICOLAI

↓派手さはありませんが相変わらずNicolaiしてます。で、ホーストリンクです。

2010 NICOLAI

↓リアホイールのトラベル量は7-8インチ、 トーテムとのマッチングで66.8のヘッドアングル

2010 NICOLAI

中々面白そうですね。

 

それからNicolaiと言えば、内装ギアとベルトドライブ。ベルトドライブの場合、フルサスでなければベルトを通すために(チェーンの様に切断出来ない為)フレームの何処かに割が必要なのですが、以下の画像はNicolaiからの提案。

 

 

↓こういう所で手を抜かない、というか凝るのがNicolaiです。さりげない割です。

2010 NICOLAI

↓GatesのカーボンベルトとSramのギア内装ハブのマッチング。ハマシュミでも面白そう。

2010 NICOLAI

 

↓Euroバイクでは中国熊さんにベルトドライブ普及状況のレポートをお願いしたい所です。

2010 NICOLAI


 ↓最近流行の不良親父用の自転車もあるようです。
 
2010 NICOLAI 
 
2010 NICOLAI

 

2010も静かに熱いNicolaiですた。


Via Nicolai

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

2010 Ibis Mojo HD でびゅー

ほんの小さな出来事に~♪ 愛が傷ついて~♪

 

 

あんちゃん!

 

 

と言う事で、待望のIbis Mojo SLの兄貴分、Mojo HDが遂に発表されました!

 

↓クリックで巨大化

 2010 Ibis Mojo HD

 

価格未定: Ibis Mojo HD プロトタイプ

26" Wheels
DW Link 160mm リアホイールトラベル
目標重量: 2.8-2.95kg
ヘッドアングル:67° 
推奨フォーク:160mm - 180mm
チェーンステー: 435mm
ドロップアウト:12 x 135mm Maxle リアアクスル.
テーパードヘッドチューブ(Chris King InSet、 Cane Creek Frustum 対応)
推奨タイヤ:2.35"-2.5" 
フロントリンクにデュアル・ロー・アンギュラー・コンタクトベアリング採用
 そして 28mm x 15mm x 7mm ラジアルベアリングをリアリンクに採用
リアユニット:8.5" x 2.5" Fox RP23
( DHX はミディアムサイズ以上に使用可、コイルショックは使用不可)
B.B高:351mm-356mm (ISCGタブは付いてきません)

 

やっと来ましたね、180mmフォーク対応の憎い奴です。

でも、ISCGタブが無いのがちょっと残念。

 

 

http://www.ibiscycles.com/

 

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

2010 FiveTen

 

おっ、年々カジュアルになって来るね、良い傾向だね!

 

2010 FiveTen Via Bike Magazine

 

 

 

↓Freerider White

FiveTen Freerider

↓Freerider Zebra Blue

 

 FiveTen Freerider zebra blue

↓Test Pilot

Five Ten Test Pilot

↓これは昔からありましたね、軍事用のImpact Lowです。

Five Ten Impact Low High Desert Enforcer

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

子供から大人まで 2010 Bell ポールフランクモデル

2010 Bell Paul Frank  

親子で仲良くポールフランクヘルメット、キラッ!

 

がコンセプトなのか知りませんが、来年 Bell からポールフランクとのコラボの子供から大人まで対応のヘルメットが出るらしいです。 ねえ、もうこんなヘルメットかぶったら心も体もウッキウ・・・

 

 

 

ウキ、ウキ、ウキャキャキャー!

  

 

キキーィ!!!

 

 

 

間違いなし!かもね。

 

2010 Bell Paul Frank 2010 Bell Paul Frank 2010 Bell Paul Frank 2010 Bell Paul Frank  

 

って、お 安そうですがお幾ら万円なんでしょうね?

 

 Via Bike Mag

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

2010 TLD D3 の現物キタ

2010 TLD D3 の現物画像来ましたね

 

思ったよりも造形が凄い事になっていますねー。

2010 TLD D3 

Via Decline Mag

2010 TLD 3D 

Via Sicklines

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

2010 Boxxer 用のカスタムデカールを考えたら止まらなくなってしまった人

IBCのChief-Roberts84 さんが、ここ数日物凄い勢いで2010ボクサーのカスタムデカールのデザインを発表しているのですが、面白いのでここに貼っておきますね。ドイチ語ができる方はChief-Roberts84さんに直接連絡を取ったらもしかしたらオリジナルのファイルを分けて貰えるかも知れませんよー。

2010 Boxxer Custom Decals by

 

Chief-Roberts84

Via IBC

 

 

 

2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC

2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC 2010 Boxxer graphic by Chief-Roberts84@IBC

 

今の所ここまでみたいです(汗

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

未知との遭遇

 何時も乗り慣れたジープロードのダウンヒルを楽しんでいたVaderさん@MTBR、そんな普段と変らない景色の中に突如現れた

 

 

迫り来る謎の物体!

 

 

 これはそんな未知との遭遇を経験したVaderさんの動画です。

 

 

今だ、バニホだ!

 

と言いたい所ですが、実際に経験したらパニクって絶対無理。

 

 Vader-san@mtbr

 

自転車は逝ってしまいましたが、大きなお怪我は無かったようなので本当に良かったです



theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

今日の一枚:イケイケお父さんシリーズ

大好評の絶対転べないイケイケお父さんシリーズです。

 

go dad, go! 

 

責任重大ですが、お子さんは大喜びしそうですよね(笑)

 Via Southern Downhill

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

2010 Trek とか色々ですたい

と、書いておきながら 2010年のMDE Boulder で始まるちろ山岳で御座います。

 

MDE Boulder Via Elbry Sandland

2010 MDE Boulder

 

最近、蛍光色が来るかなー?来ないかなー?なんて微妙な時期にMDEが出してくれましたねー。でも、流行るかはどうかは

 

 

謎です(笑)

 

 

近年はまだ白、緑が強いですからね。来年はオレンヂなんかも出てきますが、そちらもどう転ぶかが非常に楽しみであります。でも嬉しい事です。ほんのちょっと前まではマウンテンバイクは「黒一色」の暗黒期でしたからね、私もダースベーダーに負けてまんまとダークサイドに陥ってましたし。でもこれからはルークの時代です、皆さん明るく楽しく行きまひょう(意味不明)。

  

で、暫く待ってたんですが、出てきませんね、現物。勿論TLD のD3のです。ちょっと前に「多分TLDにスパイが居るのではないか?」と言う位 TLDの情報が早い「た」の方のブログで何処よりも早く紹介されてましたが、まあ、シルエットだけならこんな感じみたいです。

 

↓なんか巨大化してませんか?桜金蔵の相棒みたいです。

2010 TLD D3

↓後頭部にでかい空気穴が! 

2010 TLD D3

 

うーん、いや、ここだけの話、私のヘルメットサイズってXLなんですよ。で、多分これかぶったらプロポーション的に妖怪みたいになりそうで怖いです。D2より一回りでかいですよ、これ。

 

元々頭のデカイ私は個人的に保留ですね。ところで蛇足ですが、私、実は肩幅も広いんですよ、だからヘルメットをかぶってボティーアーマーを纏うとフランケンと言うか、アメフト選手に大変身です(涙)

 

因みにこのD3の命名、Dylan Dean Designs のDylanさんにはちゃんと許可を取ってあるそうです。「今度D3ってヘルメットやりたいんだけど、良いかな?」ってTLDさんからDylanさんの方に電話があったそうです(爆)。

   

 

さて次は、最近見た目がキューピーちゃんみたいになってきたニコご執心の2010 Lapierreです。

Lapierre

 ↓来年のフロッグはなんか毒がありそう。

2010 Lapierre

もっと見たい方はPinkBikeで土蔵!

 

 

で、いよいよ本題のTrekですが、ほっといても売れる自転車なので

 

  

ほっときます!

 

  

 

まあ、レメデーがカーボンになったとでも言っておきましょう。あとは勝手にして下さい!

2010 Trek  

 

↓あとは勝手に 2010 Trekを堪能するリンク

http://www.dirtragmag.com/blogarific/trek-2010-remedy-oclv/

http://www.singletrackworld.com/2009/07/trek-2010/

http://www.singletrackworld.com/2009/07/trek-remedy-goes-carbon/

http://www.bikeradar.com/news/article/trek-2010-first-look-at-the-new-top-fuel-22438

 

あ、そうだ、最後にオマケで一枚:

2010 giant glory 

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Dustee Revolver 4130

ダウンヒルアゴーゴーさんの塚本選手の「Dustee Revolver 4130」についての動画良かったですねえー。思わず下らない事を考えながらニヤニヤしながら見てしまいました。

 

    

 

色の方は二色、白と黒があるようですが、売り文句としては

 

  

ダスティーミルクティー(ホワイト)

 

ダスティーストレート(ブラック)

  

 

なんて良いですよねー、でおまけに勝手に緑を追加して、

  

 

ダスティーグリーンティー(抹茶)

  

 

なんて妄想したり・・・で、あんまりティーティーの響きが良いもんだから、

 

 

ダスティーパンティー(不明)

 

 

なんてとこまで考えが及んでしまって、よく考えたら

 

 

埃っぽいパンツじゃん、 

 

駄目じゃん!

  

 

なんて自己問答が・・・で、へっぽこおやぢ対応なんて仰ってましたが、それが更に発展して

 

 

「大人のテイスト、ダスティーストレート」

 

「やっぱり基本はこの味、ダスティーミルクティー」

 

 

とか・・・いかん、止まらなくなってしまった・・・と言う事で、

 

チェケラ:Dustee

 

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

そしてまた新製品色々♪

ほいほーい♪ お馴染の新製品じょうほうダヨーン!

 

先ずは何だか良く分からないけどYeti の新型プロト!

Yeti prototype

↓303の後継車?、それとも・・・

 Yeti prototype

 Yeti prototype

Via Littermag 

 

そしてお次は、乗る子も乗らない子も 2010 NORCO

2010 Norco 

Via Pinkbike

 

 

そして最後は今年で生誕10周年のLefty♪  クラウンが一体化しますた。

Cannondale lefty one piece 

Via Mountainbike Server

2010 Cannondale lefty 

Via IBC

 

こんなもんでどうでっか、旦那?

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

Iron Horse、Dorel によって回収

ど、ど、ドレルの大爆笑♪

 

 

うーん、ちょっと前からDorel がIron Horse を「買う買わない」で行ったり来たりしていたのですが、先日のオークションで大揉めに揉めた後、Dorel が借金まみれの Iron Horse の落札に成功。というか、Dorel はそんなにメーカーを抱えて、手持ち全てのメーカーをちゃんとマネージ出来るんでしょうかね?不安です。確かに他のRandall Scott なんかに買われるよりは IH もメーカーとしては幸せな結果に終わったと思うのですが・・うーん疑問。

 

そそ、Dorel と言えばマングースの方もホームセンター系から足を洗ったのかと思ってたんですが、やっぱり西友の親会社で、アメリカの地方社会の破壊に貢献しているのウォルマートとかでまだ引き続き販売が行われているみたいですね。まあ、これについて語りだすと「社会の負のスパイラル」にまで話が飛び火してしまいますので今日の所はむぎゅっです。

 

でも、実際誰を批判して良いのか判らないのが現状。今の流れを作ってしまったのは Dorel では無いですからね。元々は Pacific が GT、 Schwinn、Mongoose を潰して Dorel がその搾り粕を回収した訳ですから。諸悪の根源はPacific だった訳ですが、それも今ではDorel ですし。本当に、下手したらYeti まで巻き込まれてましたからね。Pacific 吸収前にSchwinnから脱出出来てYeti は幸せ者です。

  

まあ、何が悪いという訳では無いのですが、どのメーカーも纏まってしまって頭が一つになってしまうと得てして独自の個性が無くなってしまうものです。私は多分、それが寂しいのだと思います。やっぱり頭は個別に一つ一つで、そして「皆違う事を考えている」のが一番だと思うのですが、これも現代社会の流れなのでしょうか?(涙)。

 

因みに蛇足ですが、DW事 デービット・ウイーグル氏も特許のライセンス使用料を滞納していたIHを訴えているみたいですね。本当に末期のWorld Wide Cycle Supply は一体何をやってたんでしょう?

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

ちょっと硬派なエゲレスのAntidote

おっ、遂に販売が開始されたみたいですね、エゲレスのAntidote のLife line .

 

今時珍しい角チューブのストレートなラインを意識した硬派なロボマシンです。

Antidote Life line

  

Antidote Life line

 Antidote Life line

  


 

 

Antidote geo 

 

 

£ 2150.00 也

 

www.antidotebikesuk.co.uk

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

あいつが不死身にやって来る・・・

なんだか今週末、「サイクルスポーツ根性誌」事、サイスポの間者の方が富士見のレース取材に現れるらしいですよ、あくまで噂話なんですが。もうこれは目立ちたがり屋の皆さんには堪らない話ですね!

 

バリッバリに派手なジャージでコースの見せ場に陣取って、ひたすら鼻をほじって取材をサボタージュ!なんて事は絶対しないで下さい(笑)。

 

でも、多分その取材に来られる方は以下の様な自転車とかを見掛けたらスットンデ来ると思いますので、その時はチョコレートを片手(重要)に誘惑してあげて下さい、というかチョコ攻撃してあげて下さい(笑)。

  

 

↓こんな感じの自転車 Via Really Serious Toys

rocket dh mini downhill bike

 

 そのしとのブログ

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

マウンテンバイク変態王座決定戦:最強HT部門 エントリーNo.1

 さて、最近非常に盛り上がっております、マウンテンバイク変態王座決定戦(嘘)最強HT部門に早速エントリーがありました!そして勿論そのエントリーNo.1は、皆さんお馴染み、ちろ山岳のマスコットキャラクター事

 

 

熊吾郎氏だぁ!

 

  

最強HT部門 エントリーNo.1 サンタクルズ・ジャッカル改

Santa Cruz Jackal Kumagoro Special with Tag wheels

 

そしてそのエントリーに添えられていたメッセージには!!!

 

「最近ちょっと影が薄いので頑張ってみました」

 

 

と動画が・・・






・・・やってくれました熊五郎氏、あの世界最強と謳われたTAGホイールを遂に

 

 

破壊して下さいました。

 

 

コホン、一応、コホン、お願いしていた(笑)とは言え、まさか本当に壊して頂けるとは思ってもいませんでした。でも流石に対ハッキング用にデザインされたホイールです。砕け散ったりする前に先ずはハブ周辺から逝ってしまいました。ホイールが頑丈に作られている分ギブが無く、ブレーキングの負荷が直でハブ周辺に行ってしまうみたいです。

  

↓コンポジシェルが削れてハブが空転

Kumagoro's broken Tag wheel

   

という事で、現時点では熊吾郎氏が最強HT部門一番の変態さんです。今後も熊吾郎氏にはお怪我が無い程度に日々破壊生活をいそしんで頂きたいと願うばかりで御座います、まる。

 

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

「29erSSライダーズミーティング」 公式ブログ始動開始

はてさて、ひょんな事から生まれた、OS Bikesさん、Niner bikesのCycle Garage Pazさん、 協賛の日本初であろう恐怖のシングルスピードイベント、「29erSSライダーズミーティング」の公式ブログが遂に始動開始致しました!

 

 

29erSSライダーズミーティング

  

http://29erssrider.jugem.jp/


 

実行委員の皆さん、北澤さん、金太郎さん、お疲れ様です。と言う事で、先ずはその参加資格の変更についてのお知らせです。えー、今回参加資格の枠がババット広くなりまして

 

  

「29erSS乗り、もしくは29erSSに関心のある方なら誰でも参加OKです。」

  

 

と言う事になりました。良いですねー、素晴らしいですねー!これで「信者の方」、「入信希望の方」、「木陰から観察したい方」、そして「ただお肉を食べたい方」誰でも気軽に参加出来る様なイベントになった訳です。

 

・・・・・でもそうなって来ると、確実に29ss外のイベント人口の方が多くなってしまいそうなので・・・29ss外の方達は

 

 

「仮装・コスプレ必修!」

 

 

なんてルールがあるとバランスがとり易いかも知れませんね(私が勝手に言ってます)。堅く捕らえずに着ぐるみから、甚平、そして胸にバラのワンポイント仮装まで色々と出来ると思います。いや、別に私が其方の方面でフェチがあるとかそんなのでは無く、世界的に見ても

 

 

仮装はSSイベントの伝統・醍醐味

sswc 08 

Via holty ::'s photostream

 

 

ですから、勿論主催の北澤さんも其方の方は心得て、ちゃんと

 

 

仮装で皆さんをお出迎えして下さると思います。 

 

 

そう、SSイベントの基本はお祭りですから、自転車メインのバーベキューだと考えて参加されてもなんら支障は無いと思います(無責任一大男)。皆で楽しくワイワイ騒ぎながら楽しむ、それですよ。

 

 

一応ここに、SSワールド・チャンピオンシップ08の動画を参考資料として貼っておきますね♪

 

↓世界大会ですから皆さん真剣です。流石にトップは良い走りをしてます。

 


↓これぞSSの真髄、押しのテクニックです。難民みたいだなんて言わないで下さい

 

 

↓サポーターが走者をサポートしているのか、していないのか判らないのもSSです。

 

まあ、御覧の通り、SSイベントは皆で参加するのでは無く、

 

 

皆で作るイベントです。

 

 

以前から29ssが気になっていた方、実際にみて触ってみたい方、お祭りが大好きな方、どんどん参加しちゃって下さい♪ 

 

PS. 試乗車とか出るんですかね?

 

 

 

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

パーヤンの択んだマシンは951だった!!!

さて、USナショナルチャンピオンシップに向けて日々修行にいそしむ

 

 

 

Shaun Palmer 氏(40)ですが、

 

 

 

この度その彼が乗るマシンが遂に決定したそうです。サンタのV10、Evil Revolt と色々と試したようですが、彼が最後に択んだのは・・・・

 

 

Intense 951!

shaun palmer is on Intense 951 via MBA 

 

でした。インテンスで始まった彼のDHリングがまた

 

  

Intense で復活します!

Via MBA

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

ひっさびさに熱いのキター!2010 KTM に猛烈に萌えた日

誰かやってくれないか待ってましたよ、待ってたんですよ、ハイドロを押しまくって

 

 

鋭い奴ギラッ!

 

 

作ってくれるメーカーを。で、来ましたよ、猛烈に来ちゃいましたよ、

 

 

2010 KTM!

 

 

↓こんなのを作ってる頃は「ふーん、ラドねー」だったんですが

KTM 

 

それが化けましたよ!

 

 

↓造形キター! 

2010 KTM CALIBER 45 

 

 

↓それもアルミでキター!

2010 KTM AHPEX 

 

 

↓ディテールキター!

2010 KTM AHPEX 

 2010 KTM AHPEX

 

↓ハイドロ鋭杉(爆!

2010 KTM AHPEX 

2010 KTM AHPEX 

 

 

  

うわー、良いわ、最高だわ。

 

これはね、誰かユーロでピックアップすべき。お願いします。

ぢてんしゃはね、こう言う楽しみがあるからね、やめられないね。

 

 

Via Tri-Ride.com

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

明日だよ、全員集合! Kranked 8 Revolve 試写会

Kranked Revolve 

さて、明日いよいよKranked Revolve の試写会です!

 

 

  

そう、これは身近での格好の布教活動のチャンス!

 

 

 

この映画は個人的には主催者側さんの目論見通り、皆さんで飲みながらゆっくり楽しめる物だと思います。流れ的には世界各地のライダー紹介+ライディングスポットの繰り返し。そう、ゆったり飲みながら

 

 

 

世界の大自然を満喫!

 

 

 

 

で、因みに個人的には終盤の4レンジャーのシンクロアクションがお勧めです。

 

明日は是非お友達とご一緒に

 

 

「ひゃー!痛いイイいい!」

 

 

等叫びながら楽しんできてください♪

 

PS.試写会に参加すると何やらゴールドウインさんからお土産も貰えるらしいぞ♪ 

 

 

平素は格別のお引き立てを賜りまして、誠にありがとうございます。
早速ではございますが、先日、ご連絡をさせて頂きました通り、
明日、Radical Filmsの人気マウンテンバイクDVDシリーズ最新作
「KRANKED 8 REVOLVE the ride, the rider」(クランクド・エイト
リボルブ ザ・ライド、ザ・ライダー)の試写会を、
六本木にありますSuper Deluxeにて、以下の通り開催させて頂きます。

今回は事前の登録などは一切ございません。
会場のキャパシティーもありますので、
よほどの事がない場合は、当日、いきなりいらして頂いても
ご入場が出来ないことはないかと思います。

またご来場者様全員にゴールドウィン(SCOTT)様より
もれなくお配りさせて頂けるご協賛品も頂いております。

皆様お誘い合わせの上、ご来場をお待ち申し上げております。

~開催概要~
日時:2009年7月10日(金)
DOOR OPEN:19:00
START:20:30予定
試写会終了後は、通常営業。通常営業中も、そのまま通常営業の中でご利用可能。
開催場所:Super Deluxe(東京都港区西麻布3-1-25 B1F / 03-5412-0515)
www.super-deluxe.com
入場料:¥1,000(ドリンク別途¥700)
*エントランスにてお支払頂きます。2杯目からはバーカウンターで対応となります。


協賛:ゴールドウィン(SCOTT)
http://www.goldwin.co.jp/scott/bike/index.php
※会場の許容範囲を超えた場合は、ご入場できない場合もございますので、お早めにお越しください。
※一旦、御入場された場合の再入場については、お断りする場合がござ います。
※会場内で係員の指示及び注意事項に従わない場合、入場をお断りしたり、御退場願う場合がございます。
※会場内で生じた事故などについては主催者は一切の責任を負いません。
※当日の御来場は電車、バス等の公共交通機関を御利用下さい。

 

 

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

新製品色々♪

 

今日も、ちろさんのブログを拝見していたのですが、その時たまたま、母がPCの前を通り過ぎまして、その時たまたま、「ブッ殺す!(怒」というフレーズが母の目に留まってしまいました。

母「何そのぶっ殺すって!?(怒」

僕「いやぁ、これは・・・」

母「あんた、そんなの読んでばっかりで(ry」

 

 

さくらばさん、ゴメンナサイね175 

 

 

どうも、「親に読んでいる所を見られると説明に困ってしまう自転車ブログNo.1」のちろ山岳の闇の帝王事ちろです。いやあ、でもあれですよ、理由は何であれ親御さんを心配させる様なブログはいけません。と言う事で、ちょっとここで「さくらばさん」のお母様に弁明を

 

 

  

お姉様・・・え、さくらばさんのお母様でしたか!

 

あんまりお若いのでビックリしました キラッ!

 

 

  

まあ、こんなもので良いでしょう。さて、ちょーと最近色々と有りましてぇ、皆さんに折角頂いたコメントのお返事が滞っている次第で御座いますが・・・もーちょっと待って下さい・・・済みません(汗)。何回か時間を決めてお返事を書き始めたんですが・・・終わらない・・・と言うか永遠と続きそうになってしまったので削除、後日改めて纏まった時間が有る時に新たなエントリーと交えて何か書かせて頂こうと思ってます。多分、feeblyさんの「初心者用の自転車はセクシー画像のおまけ付きで勝負!絶対これっ!」の話題を中心に話を進めると思います(笑)。

 

 

さて、それではちょっと溜まってしまっていた新製品情報です!先ずはScott。2010年はそう、あのVoltageが夜店の「水に漬けると巨大化するお人形」の様に巨大化してしまいました。

 

↓Scott Voltage FR

2010 Scott voltage fr  

↓右から二番目がVoltageね。

  2010 scott

 

最初に見た時はビックリしちゃいましたヨ。新作のKranked でも大々的に宣伝しているギャンブラーが無くなってしまったのかと思って。でも如何やら違うみたいですね。Voltage FRはオールマウンテンとダウンヒルの間の中間的な、今流行のサンタのドラ8みたいな自転車の様です。差別化もちゃんと図っています、と言うか、物凄いカスタムチューンのオプションが付きです。それも合計で13通り、そう

 

 

一粒で13回美味しい自転車!

 

 

はっきり言ってやりすぎの感(汗)も有りますが、トレイル、ダージャン、スキーリゾートをこの一台全てでこなせるとなると、

 

 

 ああ、なるへそ!

 

 

となるのでは無いでしょうか?で、デザインの方ですが、

 

 

 ↓今となってはもうフルサスのスタンダード、4バーです。

ちょっとギャンブラーと相反するその落ち着いた雰囲気で、クールなやんちゃ坊主を狙って層

2010 scott

↓なんかね、猛烈ですね。今までに見た事が無い位に色々と盛りだくさん自転車です。

2010 scott

2010 scott

2010 scott

2010 scott 

 2010 scott

 ↓勿論、ガンプラみたいなガンブラー(笑)も健在

2010 scott

↓オールマウンテンのランサムはハマシュミ仕様も出るらしいです。  

  2010 scott

Via IBC で、 2010 Scott のクロカン系の情報は此方

 

 

 そ・し・て、こちらは画像だけですが、ちらほら出始めた2010 KONAです。

 

↓もしかしたら名前がタヌキになっていたかもしれない自転車。

2010 KONA 2010 KONA 2010 KONA

↓これは安く楽しい自転車を心がけて作られたモデルらしいですよ。正に話題にry・・

 2010 KONA

 

それからCommencalがカーボン専用のサイトをランチしました

かぼーんがお好きな方はドゾー。

 

commencal meta 55 

 

と、取りあえず大手はこんな感じですかね???

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

2010 Cannondale は下らない

過激なタイトルで済みません(汗。いや、これって別に 2010 Cannondale の製品が下らないって言っている訳じゃないんですよ、ただねぇ、Cannondale 、2010年モデルでは「下り系」全ての自転車の

 

 

首を切ってしまいました(涙

 

 

そうです、もうCannondaleは下らないんです。Judge と Prep、製造中止でCannondaleではオールマウンテンのMOTOが一番大きな自転車になるようです。で、その代わりに今回力を入れているのがFlashみたいなクロカン系の自転車みたいですね。

 

↓7.5キロのハードテール Via SingleTrack

Cannondale flash 

 

うーん・・・ちょっと、これで親会社Dorel の方針が見えて来た様な気がします。Schwinn はホームセンター担当、GT は全般、Mongoose は下り担当、でCannondale はXCレース系。

 

それぞれ強い分野で役割分担したのは分かるんですが・・・Cannondale がビック・バイクをオファーしてくれないのにはかなり違和感がありますね・・・。というか、ビックバイクはCannondaleの目玉だった様な気がするのですが・・・もしかしたら今後のCannondaleはTrek付属のGFみたいなメーカーになっちゃうんでしょうかね?

 

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

初心者へのマウンテンバイクの薦め方(選び方)

何だか知らない間に話題が色々な方向へ飛びまくってる最近のちろ山岳です。「あの人の友人」さんがちょっと前に残して下さった「体の不自由な方の為のMTB」のコメントなんかも、それだけでひたすら語り続けられる内容の物で、最近一日一回のそのトピック選びが非常に困難を極めております。

 

多分、現時点では「メーカーさんの初心者ラインへの要望」みたいな内容で話が流れていると思うのですが、その話題の中で矢場町さんから「ちょうど、知人からどういうMTBを買ったらいいのかっていう相談を受けてましてこの話題はすごく興味があります。」と言うコメントを頂きましたので、今日は取り急ぎそのネタで。

 

これは実はマウンテンバイクを「薦める方」「買う方」もかなり体力を使う偉いディープな問題だと思うんですよ。多分このネタだけで本一冊になると思います。実は以前から私もこのネタだけでブログを立ち上げよう等と色々と考えているんですが、まだワードで3ページ止まりです(爆)。と、そんな事はほっといて本題へ!

 

多分自転車店さん等に「マウンテンバイクを始めたいのですが・・・」なんて相談すると一番最初に聞かれるのは「ご予算は?」になると思うんですが、実際初心者の「ご予算」なんてーのはいい加減な物で、最初は「5万」でも最終的に「25万」出しちゃう人なんてのもざらに居ます。ですのでここでは敢えて予算について触れるのは一番最後に。

 

で、初めに言っておきたいのは「マウンテンバイクは薦める方も命がけ」。途中一旦乗り掛かった船から下りようなんて事は絶対思わないで下さい。もう、薦めるんだったら一緒に心中する位の覚悟で攻めて下さい。いい加減に薦めて、買わせたは良いが、次にあった時に「ロードに跨っていた」なんて言ったら大失敗ですから。そんな事になった暁には

 

 

ブッ殺す!(怒

 

 

では先ず「初心者へのマウンテンバイクの薦め方」其の一です、

 

1.インタビュー :薦めている相手をとことん知れ!

 

これが多分「友人・知人」にマウンテンバイクを薦める上で一番重要な要素になってくると思います。幾らこちら側で「これが最高の自転車だ!」と思っていても、相手側が最終的に「失敗した・・・」なんて判断を下してしまったら元も子もありません。下手したら恨まれます。私みたいに留守中に着払いで裏ビデオが勝手に届けられ、家の者が受け取ってしまう、もしくは近所の神社に自分の名前の書かれた藁人形を発見してしまう、そんな事が無い為にもこのプロセスは怠ってはいけません。

 

先ずは相手の過去の趣味の遍歴等、その人がどんな人物なのかを伺って下さい。極端な話、相手の家に押しかけて色々と物色してみるのも吉です。その際、埃をかぶっている「新品のサーフボード」、物干し竿と化している「ぶら下り健康機」等を発見してしまった場合は要注意です。

 

人間の行動パターンを知るにはその過去の行動パターンを知る事が非常に重要です。幾ら「今日から俺は生まれ変わってマウンテンバイクに日々精進するぞ!」とその本人が意気込んでいても、過去に流行に流されてポンポンと趣味を変えてしまっている様な方は今後もそれと同じ様な結果が見込まれる可能性が非常に高いです。その様な方には初期投資では負担を少なく、そしてその人の日々の生活習慣に尤も組み込みやすいスタイルのマウンテンバイクを選んであげる事が必要になってきます。ですが、色々議論した結果、最終的にママチャリが一番その生活スタイルに適していると結果が出てしまった場合は軽く平手で2~3発かまして、

 

 

マウンテンバイクを舐めとんのかゴラぁ!

 

 

と、叫んで帰って来てください。その一方で、多趣味でありながら、その全ての趣味に於いてある一定のレベルまで到達してしまっている様な方、その様な方には最終的なレース参戦も視野に入れ、お勧めの自転車を一緒に探してあげて下さい。

 

2.マウンテンバイクの環境・サポート

 

次に大切になってくるのがその環境です。身近にマウンテンバイクに乗れる環境があるのか?そこに辿り着くまでにどの位時間が掛かるのか?その身近なトレイルにはどんな自転車が適しているのか?はたまた「マウンテンバイクをお勧めしている貴方」が何処まで一緒にサポートしてあげられるのか?

 

以前から私が口を酸っぱくして、周囲の人間から「なんか酸っぱい臭いがする」「あ、ゴメン、おなかが空くと胃液がね・・・」等と言われてますが、マウンテンバイクは非常に環境に左右され易い乗り物です。と言うか、山でしかその本領を発揮しません。それに一人では出来ないスポーツです(あんまりしない方が良いです)。

 

ここでは「購入希望」の方に「どの様な場所で乗れるのか」「自分達がどの様な活動をしているのか」、「どの位頻繁にその活動をしているのか」、そして「どんなイベントがあるのか」を詳しく説明してあげて下さい。その上で、その購入希望の方の判断を請うわけですが、そこで「いやあ、土日は家族と・・・」と言いかけたら

 

 

舐めんぢゃねー!

 

 

と叫ぶか、又はその家族を巻き込む様「相手の目を睨みながら作り笑いで」示唆してください。で、一番良いのは多分実際に自分達の活動を体験して頂く事だと思います。自転車好きの方でしたら大体スペアバイクをお持ちの方も多いと思うので、マウンテンバイク購入前に前もって地元の山に一緒に出掛けて体験してもらう。それが一番だと思います。あと、自転車の試乗会等のイベントなどにもお誘いしてみるのも良いかも知れません。

 

マウンテンバイクはいかんせん「自転車」なので、自転車に乗られる方には皆予め「ある程度の多分こんな物」だろうと言う先入観がありがちです。でも実際マウンテンバイクは「ジェット・スキー」みたいな物で、環境が整わないと使えない物だと言う事をここでは十分相手側に伝えておいた方が良いと思います。だれも体験も無しでいきなりジェットスキーとかハングライダーとか買ったりしませんよね?それと同じです。街でも乗ったり出来るのはあくまでマウンテンバイクにとってはオプションです。

 

3.そして自転車選び:

 

そしていよいよ最後のマウンテンバイク選びの段階に到達する訳です。まあ竹坊さんの所の様に下り中心のサポートが強い所であればオールマウンテンから上の、俗に言う「ビックバイク等」をお勧めしても大丈夫だと思うのですが、俗に言う「里山」活動が中心であれば色々とマルチに使い込めるハードテールが私個人としてはお勧めです。

 

フルサスと比べるとメンテも少ないですしそしてお手頃。最近では初期投資が少なくともかなり良いレベルのマシンを手に入れる事が出来ます。それにトレイル系のハードテールであれば極端に過激なコースでなければスキーリゾートも攻められるますし、その後例えフルサスに移行したとしても、メインバイクに何かあった時のサイドバイク・スペアバイクとして必ず役に立つ筈です。と言っても、これは下り中心の考え方なんですよね・・・

 

やはり一番難しいのは、お勧めする相手がクロカンに行きたいのか、それともアクション系に行きたいのか、そこだと思います。そこさえ見えればばかなり話が楽になると思うんですけどね。

 

「アクション系」であれば多岐にマルチで使い込める、それで居てなお専用車であるDJ系の自転車、そして「アクション+登りも欲しい」であればをトレイル系ハードテールを一発でお勧めできるんですが・・・XC系を目指すのであれば、やはり初っ端から高級車狙いになってしまいます。XCに行きたい方にDJ、トレイル系だと後々捨石的な存在になってしまいますしね・・・そう、XCこそ正に価格との戦いです。多分、XCのシングルスピードなんかあればまたお話が別で、後々サイドバイクとしてそれを使い分ける楽しみが出て来ると思うのですが・・・・いやぁ、XCは初心者にはシビアなジャンルです。・・・とまた話が先日の話題にループしてしまいましたが、ここで纏めです。

 

4.まとめ:

 

さて、最後の纏めですが、初心者にマウンテンバイクを薦める時に一番大事なのは「相手の生活習慣を知る事」だと思います。本当にそれが必要なのか、欲しいのか、一緒に考えてあげて下さい。もしかしたら相手が本当に欲しいのはロードバイクかも知れません。その上でなおマウンテンバイクが欲しいのであれば試乗会、または地元の山に先ずは連れて行ってあげ、「マウンテンバイク」を肌で感じさせてあげて下さい。そうすれば相手側ももっと何かハッキリとした物が見えてくる筈です。

 

マウンテンバイクは大きく分けてアクション系、そしてクロカン系の二つに分かれます。で、今多分一番人気なのは何でも出来るその中間のオールマウンテン系の自転車だと思うんですが、これはあくまで一般的な人気で、本当に「楽しい自転車」「乗れる場所」によってまた大きく変わって来ると思います。

 

「お友達」「知人」に自転車をお勧めする場合、地元の貴方が乗られている身近なトレイルで一番人気のある自転車をお勧めするのが良いのでは無いかと思います。言い換えれば、「貴方が良く知っている場所(一緒に一番乗る場所)で一番輝くであろう自転車」を選んであげて下さい・・・って何だか今回真面目過ぎてない?ねー?ちょっと

 

 

やヴぁくない?

 

 

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

妄想、妄言、コラーゲンでお肌ツルツル

やっぱり極論だったのかなぁ・・・先日のエントリー・・・と日々自己脳内問答の怪電波を垂れ流しているちろで御座います。先日の初心者用自転車の選び方のエントリーにこんなコメントを頂きました。

 

のりおさんのコメント:

どうなんですかね?
俺なんかはHTぐらいの方が楽しく走れたりしますが、初心者なら最近のオールマウンテン系フルサスの方が楽しく走れるんじゃないですか?体育会系の人ならフルリジッドの厳しさも楽しめるかもしれませんが、普通の人に取っては苦行でしかないような・・・。HTやフルリジッドで乗れないところを押して行くよりも、フルサスでたくさん乗れた方が絶対に楽しいですって(あくまで初心者だったらですよ)

乗っているうちに「もっと上手くなりたい」とか思ってHTやフルリジッドを選ぶのはアリだと思いますよ。でも予算以外の理由で初心者が最初にHTやフルリジッドを選ぶ理由はないと思います。もちろん運動神経や体力に自信があって乗りこなす気がある人は別ですよ。

  

このご意見、ご尤もだと思います。と言うか、大手メーカーさんの「マウンテンバイク」と呼ばれる機種の自転車で、今、フルリジットを探すのは逆にほぼ不可能。実はその理由からも前のエントリーを書かせて頂いたって言うのもあります。

 

マウンテンバイクって元々「山」があって初めて成立する乗り物じゃ無いですか?言ってみればサーフィンみたいな物ですよ。サーフィンは海があって、波があって初めて成立するスポーツ。裏庭にサーフボードを置いて、それに乗っかって

 

 

「俺はキアヌ・リーブスぢゃぃ!」

 

 

なんて幾ら叫んでも波は何処からもやって来ないわけです、津波でもない限り。マウンテンバイクも同様、山が無ければ始まらない乗り物・・・の筈なんですが、サーフボードと違って他でも使えちゃうから話がややこしくなっちゃうんですよねー、奥さん。

 

はっきり言って「らしい物」ってマウンテンバイクに必要無いと思うんですよ。要するに「グレーゾーン」に所属する謎のマウンテンバイク達の事です。俗に「スポーツ」とか何とか言われているカテゴリーの自転車で、アフターマーケットでは買えない様な部品でガッチリ固められ、方向性が今一つ見え難い自転車の事です。

 

「マウンテンバイク欲しいなぁ」なんてプロショップの高い敷居をよじ登って中に入ったら「本格的にやりたいんだったら先ずは10万円位の自転車が良いですね」なんて言われてショボーンとして帰って来てしまう方も多いのでは無いでしょうか?

 

それでもお父さんなりに奮発してグレーゾーンの自転車を購入、乗り始めたら「いやあ、マウンテンバイクのコンポはSLXからですよ」とか「そのフレームじゃ幾らアップグレードしても限界がありますよ」なんて周囲の人間に言われて、そこでまたショボーン。

 

で、色々言われる通りにやってみたけど・・・結局やめちゃったなんて方も居るのでは?

 

そんな思いをするのであれば、元からそのグレーゾーンに本当の意味で価格に見合った自転車があれば良いと思うんですよ。DJ系の自転車って正にそうだと思うんですよね。使用目的は完全に元から決まってますし、どのレベルの自転車を買ったとしても失敗する可能性は小、その上入門レベルはかなりお手頃と来てます。

 

で、私が考えたのが、例のグレーゾーンの自転車を「思い切ってシンプルな物にしたら如何だっ!」って言うのが先日の主題以外のもう一つの私の提案だった訳です。

 

冗談抜きでグレーゾーンの自転車にはフロントサスペンションって必要無いと思うんですよ。何故かって言うと、買う人の大半がマウンテンバイクを何に使いたいか分からない人の方が多いからです。それに若しかしたら街乗りだけかも知れませんし。

 

初めての自転車でも元々仲間が居て、どの様な使い方をしたいのか分かっている人間だったら先ずグレーゾーンは狙いません。

 

「良く分からないから価格で買ってしまうマウンテンバイク」それがグレーゾーンの自転車だと思うんですよ。というか、メーカーの方でも低価格帯の自転車は多分そんな人達を狙っての品揃えだと思います。

 

それだったら逆に私としてはその価格帯で出来る限りの最高の物をメーカーさんの方に作って頂きたいんですよ。極端な話、殆ど形だけのサスは排除、トラブルの元になる温いシフトも排除、シングルスピードでギア比は婦人用自転車位に設定。

 

そして、その余った予算でホイール、フレームなどを強化。そうしたら低価格帯でもマルチで軽量なかなり良い物が出来るとおもうんですよね。

 

 

婦人用よりも軽快、そしてシンプルなスタイル

 

 

いい、ほすい・・・

 

 

例え山へ足を運ばなくとも自転車としての性能は十分ですし、後はグラフィックで頑張って(変にスポーティーに見せない)貰えれば異様なデコチャリ化を遂げているホームセンターの自転車とも確実な差別化が出来ると思います。

 

それに逆にマウンテンバイク好きな人達でもそんな気軽な自転車欲しいと思うんですよ。

 

「あ、なんかたまにはシンプルなのも試して見たいな」とか

 

「ハイエンドには無い素朴さだ」なんて。

 

あとは北澤さんみたいな変態親父達にリジッドSSレースなんかを開催して頂ければ。

 

「あ、俺の安物自転車でもレースできるんだ?参加してみようかな?」

 

「うわっ、すんげー楽しい、何これ?3kmも走ってないのに死にそ!」

 

 

なんて妄想を日々私はしている訳ですよ、社長(誰?)。

 

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

BlkMrkt の24インチフレーム

先日TKCプロダクションさんのブログエントリー

 

「Contraband24 はBLK/NEON GREEN/DARK REDの3色となります。」

 

とあったのですが、それらしき画像を拾ったので貼っておきますね♪ Via ELBRY SANDLAND

 

↓すんごいチカチカコンビネーション。80年代はマダマダ熱いです。

Contraband24

いやあ、それにしてもマウンテンバイクは特化がどんどん進みますね。

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

29erSS ライダーミーティング(仮名) 実行委員会メンバーを募集中

何だかね、最近 OS Bikes の北澤さんに乗っ取られてしまっている感じのちろ山岳です(爆)。と言うか、最初は「軽く北澤さんを変態扱いしていじって遊ぼう♪」って乗りだったんですが、完全に

 

 

変態負けしてしまいました・・・orz

 

 で、知らない間にここが

 

 

変態自転車親父の出会い系サイト

 

になってしまったみたいです。取りあえず北澤さんが、ここで出会った金太郎さんと意気投合してしまって、今年の11月に29erSSのイベントの開催が決定したそうです(汗。もう、昨日の今日でイベントを組んでしまう北澤さんの行動力には心底脱毛です。 で、取り急ぎのその告知を♪

 

 

名前:29erSSライダーミーティング(仮称)

場所:関東近辺

日時:11月29日(前夜祭を11月28日の夕方から)

内容:トレイルライド、キャンプ、バーベキュー(11月29日は「いい肉の日」なので)

*基本的に勝手に来て、勝手にキャンプして、一緒に走って、勝手に帰るというゆるいイベントです。

主催:(仮称)29erSSライダーミーティング実行委員会

協賛:29erSSを扱っている各社(予定) *一社は既に協賛決定しています

後援:バイシクルマガジン、バイシクルクラブ、TOKYO TRAIL(予定)

予算:ブログ作成2万円、ステッカー作製3万円、ロゴ作成3万円で計8万円くらい?

参加費:500~1000円(ステッカー付き)

人数:50人を目指します!

メンバー確保:mixiの「29er」コミュ、もしくは「29erSS」コミュ、各ML,「ちろさんのブログ」などで募集

広報:mixiの「29er」コミュ・「29erSS」コミュ、「ちろさんのブログ」、ML、自転車雑誌、協賛メーカーのサイトなどで募集
 
以上


北澤 肯[コウ]
 

 

 

パワフルだなぁ(汗)。 29erで更にシングル・スピードって日本全体で人口どの位なんでしょうね?50人集まるのかなぁ?と言う事で、取りあえず29er 乗っている方は今からSSにコンバートしてください(爆)。

 

イベント的には多分

 

 

カルト集団

 

的な物になると思いますが、北澤さんご自身が未だマウンテンバイクを始めて1年位の方なので、多分初心者の方でも手厚く葬ってもてなして下さると思います。お肉を皆で食べたい方、ごっつい山男と時間を過ごしたい方、ただ物陰から観察したい方、取りあえず皆さん集まってみて下さい。

  

↓北澤さんからのメッセージ

現在、実行委員会メンバーを募集しています。僕と金太郎さんとOSスタッフのHATAさんが今のところメンバーで、あと3人くらいの方が関わって下さると嬉しいなと。

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

2010 Specialized

↓2010 P-3   猛烈ですね。Via Ride it 

2010 P3

 

さて、2010 スペシャ来ましたねー。先日行われたプロダクトランチの状況がVelo Vertさんの所で伝えられています。で、どうやら、今回の目玉は新型Enduro。 見事にやってしまった感じです。

 

↓ 良く分からない謎の生命体カーボン版

a716dfcdaa5a96793696e098b090cd5a_z_12462570535173.jpg

↓アルミ板

beffebdb48607599c3ea7f6865427c42_z_12462582825173.jpg 

 思わず往年のDiamondback Xシリーズを思い出してしまいました。

product_349705.jpg 

それからSam Hill が加わって噂されていた「新型デモ」ですが、今回は無いようです。

2010 Specialized Demo 

で、あとは、ペタペタ貼っておきます♪

db14be0a8634e42ffbe69809df5a10bd_z_124621540436651.jpg 

シートステー猛烈に絞ってますね・・・

2010 Specialized Stumpjumper  

↓勿論29も

c1792caf8d49da391d375c41f3cd9f22_z_12462570725173.jpg

あれ、独自のユニットは何処へ逝ったんでしょうね?

2010 Specialized Stumpjumper

うわー、限界を目指せですね。

2010 Specialized Stumpjumper

↓Epic

0fd1b78f5ace5834565af8b468e956ba_z_12462582675173.jpg

 

こんな感じですか?

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

Profile

ちろ

Author:ちろ

chirosangaku@gmail.com

リンクはご自由に♪

  • 捜索願いを出したい方
  • 無事発見!
  • Categories
    Links
    Information Sites
    News & Trend
    Pro Riders
    Pro Writer / Freerider
    Freeriders
    Blog Pals
    Pro Shop
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    Archive
    検索フォーム
    MTBでチャリティー♡
    MTBで健やかに! オクで寄付して大満足♡
    目指せ1000%!
    Backing!
    Free Online Mags
    海外通販のお店
    海外通販をやりたい方の為に、比較的安全と信頼度の高い所を選んでみました。詳細



     

    YEN

     

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。