スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 Santa Cruz Nomad

2009 Santa Cruz Nomad Via NSMZB

2009 Santa Cruz Nomad

今回、Santa Cruz のNomad がマイナーチェンジを受け、軽く、そして機敏に生まれ変わりました。が、私的にはちょっと残念な所が・・・まぁ、あくまで見た目の話なんですがね。

ご存知で無い方も居ると思うので書きますが、私の愛車は2006年モデルの一番最初期型のNomad なんです。で、その当時の購入の理由なんですが:

1.デザインが面白い(派手目なのに上手にまとまっている)
2.DHからXCまで幅広く使える
3.偉く評判が良い

先ず、そのデザインなんですが、当時丁度ハイドロフォームが出始めの(一般化し始めた)頃で、他社が「取り合えず使ってみました」みたいなハイドロフォーミングの自転車を作っている中、Santa Cruz のNomad だけは全体のバランスを良く考え、ハイドロフォーミングを「使ってみた」ではなく「上手に組み込んだ」デザインをしてたんです。で、私はそれを見た時に、二発で惚れてしまいました(一発目はちょっと躊躇してしまったので)。

↓私が惚れた二発目@シーオッター (本当はこのグラフィックの奴が
欲しかったのですが、チームレーサーだけだと言われてしまいました)
2006 Santa Cruz Nomad 

その上、そのターゲットが「DHからXCまで一台で済ませたい人」。さらには、どの雑誌や掲示板を見ても褒め言葉ばかり。こんな3拍子揃った自転車は滅多に見かける事は出来ません。通常は、「カタ落ち狙い」、「下手な売れ残り買い」ばかりしている私ですが、この時ばかりは「行っとけ!」と自転車の神様の声が聞こえたので、手持ちのフレームや部品を売りさばいて行ってしまいました(その他に、多分Nomadがモデルチェンジしたら見た目が劣化するだろうと言う危機感もあったので思い切って)。

さて、その購入後ですが、もう幸せです175 未だそのデザインにも飽きてません。多分、壊れるまで飽きないと思います。確かにそのサスは他の4バーやシングルピボットに比べ、余り素直なフィードバックをくれなかったり、そのチェーンステーが好みよりもちょっと長かったりもします。ですが、どんな女性だってオナラ位する訳ですし、そんなのは許容範囲です。

さてさて、前置きが長かった訳ですが、今回の新型Nomadは私が密かに予測していた様に劣化してしまいました、勿論その見た目の話ですが。

私が何でそんな予測が出来たのかと言うと、そのオリジナルのフレームを最初に手にした時に感じたのが、「ああ、これ未だ十分軽量化の余地があるな」でした。成功した自転車が軽量化の道を歩まされるのは必然。で、その時私の頭の中のスーパーソロバンが弾き出した答えが:

オリジナル>軽量化>無駄が無くなる>デザインが変わる>性能は上がるがつまらなくなる

でした。オリジナルのNomad はビジュアルバランス等のフォーム研究が良くされていました。以前にも書きましたがオリジナルは2つのデザインエレメントから成り立っています。


一つは弓形のフロント。
2006 Santa Cruz Nomad

そしてもう一つはリアのトライアングル。
2006 Santa Cruz Nomad

前三角の弓はその曲がり具合を上手くコントロールして、前傾の攻撃的なフォルムを生み出しています。 そして、下の三角はビジュアル的に上に飛び出ている前三角を押さえつけ、安定感を醸し出す役割を果たしています。この二つのメインのフォームがあるお陰で、複雑な形をしているのにも関わらず、見た目がスッキリとした形に成っている訳です。そして、ある意味「これで完成の形」、それと同時に「これに手を加えたら・・・」と思わされてしまいました。

 では、ここで2009のNomadがどうなってしまったのか、その「性能の進化」「見た目の劣化」を順を追って見てみましょう。

↓先ずはオリジナル。私が惚れたあの人です。 サンタの夢が詰まってます。
2006 Santa Cruz Nomad

そして、マイナーチェンジで1.5へ。ヘッドチューブが太くなって 頭周りが
少し重くなってしまってます。切って貼った形ですが、未だ許容範囲。
2008 Santa Cruz Nomad

そして最新モデル。ダウンチューブにフォーク用のクリアランスを授けた為、フロントトライアングルが小さくなり、そのお陰でリアトライアングルの三角も崩れてしまいました。さらにそのダウンチューブの曲げのお陰でシグニチャーだった猫背のコブも余り目立たない形に。 しかしながら、1.5のヘッドチューブが頭でっかちに見えない様にそこら辺のバランスは上手くコントロールしている様です。


2009 Santa Cruz Nomad


それからカーボンのトップリンクですが、その周辺が余り上手くまとまっていません。ここはNomadのフレームが一番壊れやすい場所で、多分そのストレスを逃がす為にブラケットを採用したのだと思うのですが、変なポッチが飛び出していて余りスッキリ見えません。その上、リンクが以前の外側から挟む形では無いので迫力が無くなってしまいました。

 2009 Santa Cruz Nomad


さて、言いたい事は全て吐き出したので、ここからは純粋にスペック紹介です。2009 Nomad の旧式からの変更点は大まかに7つあります。先ずはそのリンクとVPPレシオです。今回のアップデートでリンクの部品が全て新しくなりました。アッパーリンクはカーボンに。そしてボトムリンクにはグリースポートが授けられ、ベアリングのサービスが楽に成りました。そして性能面ではリアサスの動きが一定化したそうです。サスの初期稼動、そしてリバウンド時にも大きな動きの無い、ペダリングが楽な登りに強い設定が施されているそうです。それから待望のISCG 05のマウントも付けられました。

2009 Santa Cruz Nomad

あと、先程も触れましたが、フロントトライアングルが新しくデザインされ肩幅の広いフォークにも対応。更にはチェーンステーも短くなっており、取り回しが楽に、機敏に成っている様です。
 
2009 Santa Cruz Nomad

と、以上なんですが、今回のNomad、見た目、新しいBlur LTとあんまり変わらないですよね、というかLTのほうがスッキリしてて良いかも・・・うーん、ここは新型VP-Freeに期待という所でしょうか?

え?自転車は乗るのもだから、性能が良ければ良いんだ?まあ、確かにそうなんですが・・・

ここはワシのブログじゃあ!

好き言わせろ、ゴラァ!(笑

スポンサーサイト

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Santa Cruz VPP ベアリング メンテナンス

あんまり自転車に乗るのが楽しくて、ベアリングのメンテナンスを疎かにしていると、Santa Cruz のVPPのフレームはこんなになってしまいます。


VPP Bearing
VIA MTBR


流石に上の画像は極端な例ですが(笑、Santa Cruz のベアリングのシールの甘さは実際色々な所で指摘されています(Knollyのベアリングと比較される事が多いですね)。本来であれば定期的にベアリングの状態をチェックしていれば何の問題も無いのですが、流石にシーズン中に何回もベアリングを開けて中を覗いてみるのは面倒な話。要は最初からガッチリとベアリングをシール出来ていて、更にメンテが簡単であれば良いわけです。で、こんな製品があります。


CTS Santa Cruz ベアリングキット


CTS Santa Cruz Bearing kit


マニプーで使われるグリース注入機で楽々メンテ


CTS Santa Cruz Bearing Kit


この製品、前々から気になってたのですが、ちょっと前に、私が何時もコッソリ覗いているKTCプロダクションさんのブログで実際のインストから好印象のインプレまでの過程が記載されていて、今回は流石に私も欲しくなってしまいました238。この製品、私みたいなズボラなSanta Cruz のVPPオーナーは要チェックですね。


それからベアリング繋がりですが、Santa Cruz のベアリングアップグレードにはこんな製品もあります。


 Enduro bearings


此方の製品、またまた私がコッソリ覗いているVillagetopの自転車生活さんで最近紹介されていたEnduroのベアリングです。以前、フォーク・ワイパーで一世を風靡したこのメーカー、ボトムブラケットのベアリングだけでなく、Santa Cruz +その他フルサスのベアリングキットも用意しているのでVPPのベアリングのアップグレードを考えている方は要チェックです。


と以上、サンタのベアリングネタでした♪

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Santa Cruz Nomad ベアリング交換の手引き

イギリスのSanta Cruzの輸入元によって製作されたNomadのベアリングオーバーホールの手引きです。自分でNomadのベアリングのオーバーホールされたい方には、かなり参考に成るのでは無いでしょうか?今はちょっと時間が無いので、その内容の方は訳せませんが、この記事の拍手が30回以上になったら頑張って訳して見ようと思ってます(何だよそれ!笑)。


Santa Cruz Nomad ベアリングオーバーホールの手引き


Santa cruz Nomad Parts


 

Santa Cruz Nomad ビルド・リファレンス

今回はSanta Cruz Nomad のビルド・リファレンスです。これは「これからNomadを組もうかな」、又は「今持っているNomad を改造しようかな」等考えている人の為のガイドです。ここではサイズなどの基本的な事抜きの情報、例えば純粋な見た目、色のコーディネート、フォークのマッチング等の情報を集めてみたので新しくNomadを組む時に参考になればと思っています。


先ず、Santa Cruz Nomad を今から購入しよう!と考えている方に言っておきたいのが、Nomadはチュービングが通常の自転車と比べ複雑な形をしている為、サイズによってその見た目が大きく異なると言うことです。大体のメーカーさんは通常Mサイズのモデルをカタログに載せているので、それ以外のサイズを選ぶ時は特に注意してください。オーダーした自転車が届いてから「なんか違う」と思っても後の祭りです。それでは以下がSanta Cruzで用意されている4サイズとその見た目です。


 Images via:MTBR


↓Sサイズです。ぎゅっと凝縮されてます。


small Nomad


↓皆さんが普段目にする基本形のMサイズです。



Medium Nomad


↓Lサイズです。ちょっと前に倒れます。


Large nomad


↓XLサイズです。前方にゆったり伸びています。



XL nomad


それでは、今度は色やパーツのコーディネイトですが、此方のサイトがかなり約に立つと思います。


Accueil


色別に区分けされた1700枚以上のNomadの画像が保管されているホームページです。これだけの画像が有れば貴方の思い浮かべている自転車に似た物も見つかるのでは無いでしょうか?

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Profile

ちろ

Author:ちろ

chirosangaku@gmail.com

リンクはご自由に♪

  • 捜索願いを出したい方
  • 無事発見!
  • Categories
    Links
    Information Sites
    News & Trend
    Pro Riders
    Pro Writer / Freerider
    Freeriders
    Blog Pals
    Pro Shop
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    Archive
    検索フォーム
    MTBでチャリティー♡
    MTBで健やかに! オクで寄付して大満足♡
    目指せ1000%!
    Backing!
    Free Online Mags
    海外通販のお店
    海外通販をやりたい方の為に、比較的安全と信頼度の高い所を選んでみました。詳細



     

    YEN

     

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。