スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆滅多に見れない衝撃画像:頭がボギャーン☆

 
ボギャァーン♡
 


余りにも悲し過ぎますが、多分不良品だったんでしょうね・・・
 
スポンサーサイト

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

熊吾郎、冬眠から覚める

知る人ぞ知る、ちろ山岳のマスコット隠れキャラ「熊吾郎氏」 殺人的強度を誇るカスタムジャッカルに跨る彼からまた先日、一枚の便りが・・・

 

 

「冬眠から覚めて、一漕ぎしたら爆発しました」

broken sram casette 

broken sram casette 

 

熊吾郎、会心の一撃!

 

2009シーズン初頭から大活躍の熊吾郎さんでした。

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

性懲りも無く壊れ物シリーズ

さて、毎回否が応にも盛り上がってしまう壊れ物シリーズですが、今回はハンドルバーです。で、これも凄いです。

   

滅多に見れない左右同時フィニッシュ(涙

 broken funn handlebar

↓オマケに動画もあるがな

 

これを観て思ったんですが、最近のマウンテンバイクのハンドルバーってやたら長くなってますよね。その反面、ステムのクランプ幅って余り変わりが無い・・・と言うか、コンパクトな奴が増えている様な・・・それも今回のこれに関係しているのかな・・・等と一人考えてしまうちろであった、まる。

 

Via Farkin.net

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

Industry Nine、 微妙だ、非常に微妙だ

いやね、MTBRにIndustry Nineのアルミスポークのホイールが「普通に使用していたら爆発したって」スレが立った訳ですよ。ここなんですがね。

 

Industry nine 

 

で、「孤立した事故かなぁ」なんて様子を見ていたのですが、「俺も俺も!」なんて人達がじわじわ現れて、Industry Nine 擁護派となじり合いなってしまったんですよ。

 

一方では何の問題も無く何年間も使用していると主張している人達。

そしてもう一方では良く見る壊れ方、アルミスポークは駄目じゃと主張する人達。

 

・・・あたしにゃぁ、判らんですたい。

 

という事で、時間のある方はスレをフォローしてご自分で判断される事をお勧めします。

で、最後に衝撃的なスライドショー。これは、Morewood チームの要望でIndustry Nine が「不本意だがRhine LiteとXC用スポークを組み合わせた」というホイールが爆発する瞬間の物です。

・・・私はホイールは不細工でも良いから、爆発だけはして欲しくないなぁ、と思う今日この頃です。

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

久しぶりに、ちょこっと壊れ物

有りそうで余り見ないこの壊れ方。ライダーとしてはムズムズしてしまいますね(汗

 
broken raceface crank 

broken raceface crank

 

そして、お馴染みのスラム 

Sram broken rear mech

 

こっちはかなり意味不明・・・

flipped derailler  

 

それから旧式セイント。壊れる時はここから壊れるんですね・・・

shimano saint 

Via IBC & Via Southern Downhill

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Specialized のフレームの定義

いや、私は別段スペシャが嫌いな訳では無いです。でも、

 

 

しょ、しょぼい、しょぼすぎる(笑

 

  

というか、絶え間なく笑えるネタを提供してくれるスペシャには

 

 

逆に感謝です m(_ _)m

 

  

で、今回のネタですが!

 

 

「スペシャのフルサス・フレームの定義」

 

  

となっております。で、何がそんなに笑えるのかと言うと・・・

 

スペシャの自転車を購入すると、そのフレームには「限定生涯保証」という物が付いて来る訳です。そしてその自転車を規約内で正しく、普通に使用して、何か問題があった場合はスペシャの方で新しいフレームに無償交換してくれる訳です。

   

 

で・す・が!
 

 

ここで問題になってくるのが、そのスペシャの言う所の「フレーム」の定義なんです。実はスペシャではフルサスの自転車の場合、この「フレーム」と言うのが

 

 
フロント・トライアングルだけっ

 

を指します(涙  

 

そう、スペシャの「限定生涯保障」にはチェーンステーやシートステーは含まれていません。

スペシャではチェーンステーやシートステーは「サスペンションの一部」とみなされるんです。

 

ですので、こんな事や、(Via MTBR

FSR broken chainstay 

  

こんな事があった場合は、スペシャでは

FSR Broken chainstay  

  

 

「ああ、サスペンションが壊れちゃったね、保障外だよ」
 

   

となります(笑

 

  

な、何だよそれ!そんなのあり?
  


で、因みに今年の08モデルのマニュアルを見てみると、

  specialized old warranty policy

「フレーム」は限定生涯保障なのに、「ステー類」の保障はたった1年だけです(笑

 

 
、ワンシーズンフレームかよ!!!

 

  

 ・・・と色々とネットで騒がれたのがしゃくだったのか、新規のポリシーでは

 

 
ステー類の保障が5年間に延長されましたぁ♪

specialized new warranty policy

パチパチパチパチ♪

 

 

えらいぞっ、スペシャ175

 

  

って、でも、未だシートステーやチェーンステーは

 
フレームの一部じゃ無いのねっ175


theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

2010 Boxxer の謎がとろけた瞬間

Black Boxの頃から気になっていたのだが、何故か新型のBoxxerの

足の一部だけが微妙に太くなっている。↓の赤丸部。

2010 Boxxer  

剛性を上げたいのは理解できる。でも何でそんな部分に?
・・・と、思っていたら今日、その謎がとろけた。

 

  

ナールホードネー!

  

  

Via Frankin.net

Broken Boxxer 

 Broken Boxxer

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

もしも、Transition がサンタ風のフレームを作ったら・・・

もしも、Transition がサンタ風のフレームを作ったら・・・

まさにそんな画像が竹坊さんのブログに有ります。一見カッコイイ所がまた凄いです。

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

フレームが折れた時の応急処置 Kanga編

マウンテンバイクって「もしも」のケースが他の種類の自転車と比べて多い乗り物だと思います。例えば、もしも


・崖からぽにょっと落ちてしまった場合
・熊に頭をかち割られてしまった場合
・地雷を踏んでしまった場合


等々、軽く考えてもこの位は簡単に出てきます。普段からパンクに備えてチューブを持ち歩いたり、チェーンが切れてしまった時の為にチェーンカッターを持ち歩いたりする人は多いと思います。でも、「フレームが折れてしまった」場合を想定して、その為に何かを持ち歩いている人が居るかと言うと・・・、それはそうは居ないのでは無いでしょうか?



今回ご紹介するのは、その「想定外の状況」をマクガイバー無しで乗り切ったケースです。



「チェーンステーが折れてしまった」Kangaさんとその愉快な仲間達編 Via STR

人里離れた山の中で、Nomadのチェーンステーが折れてしまいました。

broken nomad chain stay    


持つべき物は友。仲間が12㎜アクスルのスペアを持っていたので、それをあてがって、患部を補強する事に。先ずは医療用テープとタイラップでその位置を固定します。

 

 broken nomad chain stay


broken nomad chain stay

 

一度、アクスルの位置が定まった後は、テーピングしまくり。ぐるぐる巻きで、後はそれでどうにか乗り切れる事祈るだけ。

 

broken nomad chain stay

 

そして何とか・・・というか、余裕で生還♪ おめでとう御座います。

 
broken nomad chain stay


今回のケースもそうですが、「タイラップ」は幅広く応用が利く上に場所を取らない為、持ち歩いているとかなり便利です。それから、強度の強い幅広テープ。これは流石にかさばりますが、遠出をする時は持っていると色々と便利だと思います。私もズボンが派手に破けてしまった場合等に重宝しています。

theme : マウンテンバイク フリーライド
genre : スポーツ

二度ある事は三度ある?XT ホローテック クランク

以下の画像はイギリスの掲示板 southerndownhill で先月見つけた物です。

xt hollowtech 

xt hollowtech 


最初、この画像を見た時は「うわー、凄い壊し方するな」位にしか思ってなかったんですが、今日また似たような壊れ方をしているのを見つけてしまいました。此方はドイツのIBCからです。

 

xt hollowtech 


悪いバッチがあったんでしょうか?それとも唯の偶然?内容を読むと、二人とも別段ハードコアなライダーでは無い様なのですが・・・

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

珍しい壊れ物画像

何時も覗いているロシア人ダウンヒラーのビクトリアさんのページに、珍しい壊れ物の画像がUPされていました。どれも余り壊れている物を見かけない物だけにちょっと驚きました(汗  Via Death Note

↓これはかなりの隙間技ですね(汗

 broken e-13

↓これは多分彼女自身のV10だと思います。綺麗に割ってます(汗
broken e-13

↓ウイスラー御用達のDemoも無残に
broken demo


どうやらビクトリアさんの取り巻きは、物凄いハードコア一味の様です(汗

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

かなり怖いぜ Gary Fisher Hi-Fi!  

基本的に自転車は壊れるものです。通常は、ただその時期が早いか遅いかだけです。

で・す・が

 
まれに本当にヤバイフレームってのが有ります。いわゆる設計ミスと言う奴ですか?
で、Gary FisherのHi-Fiがそれにあたる様な気がするのですが如何なんでしょう・・・

 以下の画像はMTBRに立っているHI-FI Failerのスレからです。

Broken Gary Fisher Hi-Fi
Broken Gary Fisher Hi-Fi 
Broken Gary Fisher Hi-Fi 
Broken Gary Fisher Hi-Fi 

このウォーターボトル↓を巨大化させれば問題は防げると言う意見が出ています(笑
Broken Gary Fisher Hi-Fi 
Broken Gary Fisher Hi-Fi 
Broken Gary Fisher Hi-Fi 
Broken Gary Fisher Hi-Fi 
Broken Gary Fisher Hi-Fi 

約一年前にスタートしたこのスレですが、現在も継続中です。で、判断は皆さんにお任せします♪

おまけ♪

Broken Gary Fisher Hi-Fi 
Broken Gary Fisher Hi-Fi 
Broken Gary Fisher Hi-Fi 

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

壊れ物スペシャル

今日は、暫くの間溜めていた「壊れ物画像」を流出したいと思います♪名づけて


壊れ物スペシャル2008春コレぢゃ! 

先ずは、楽しいライドの途中でタコってしまったホイール動画です。

↓車に轢かれたタコ Via Mtbr
Taco2
↓折れたBoxxerのアーチ Via Southerndownhill
Broken Boxxer
↓スポークホールがちぎれちゃってます Via Southerndownhill
teard spoke hole
Van 36 RC2のピンホールの横に↓ヒビが入ってしまったそうです Via MtbrVan 36RC2
VMOTOBECANE 9357ライドのの途中で真っ二つ Via Mtbr
http://forums.mtbr.com/showthread.php?p=4041371#poststop
折れたIBEXチェーンステイ Via SCT
Broken IBEX chainstay
Jamis Parker two Via Mtbr
Broken Jamis Parker two
Horse Hollowpoint リンクに亀裂が Via STC
Iron Horse Hollowpoint cracked
Kona The King Via IBC
Broken Kona the king
RSTもげもげ Via Nsmb
Broken RST fork
Canyon フレームですが、何でここ???Via IBC
Broken Canyon frame
ひび入りMarzocchi 888 Via SouthernDownhill
Cracked Marzocchi 888

Ancillotti tomaso frp  Via SouthernDownhillAncillotti tomaso frp
これは珍しいThomsonもげもげ Via SCT
Broken Thomson seatpost
Yeti 575 Via SCT
Broken Yeti 575
と、今日は以上です!次回もお楽しみにぃ♪
(もっと凄いのがあった筈なんですが・・・・別のホルダーに入れちゃったのかな?)

カーボンバーが折れた時

MTBRで発見したカーボンバーが折れた時の対処法


mtb_Canuckさんの場合


1.あ、折れた♪


broken carbon bar


2.ああ・・・パキット綺麗に逝ってしまった♪




broken carbon bar


3.こんな時はタイラップ♪



broken carbon bar


4.コレデ新品同様♪



broken carbon bar


5.何気に使いやすかったりする(本人談)



broken carbon bar


6.この状況で16Km 以上走ったそうです



broken carbon bar


お疲れ様でした m(_ _)m



で、今ふと思ったんですが、折れたハンドルバーに適当な太さの木の枝をジョイントとして挿して、繋いだ方が簡単だと思ったのは・・・ただの素人考えでしょうか(例のフレームが変な所で折れてしまった時に使う技です)?いずれにしても無事生還オメデトウ御座います。

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

今週の壊れ物

2007 スペシャのスタンプジャンパーFSR (原因不明)


Specialized stumpy fsr
Via MTBR


ペダルが良くもげる皆のWellgoです。


Broken Wellgo


Via NSMB


BBのシャフトが・・・
BB


ペダルのスピンドルが・・・
Spindle
Via Pinkbike

壊れ物 XTR QR & 2001 KONA Stinky

あちゃー、買ったばかりの旧式XTRのQRが折れちゃってます。このモデルのQRにはリコールがかかってなかった筈ですが・・・綺麗に折れてますね


Via MTBR


xtr qr
xtr qr


↓Kona Stinkyのエンドの根元がパックリと(汗


broken stinky


broken stinky
Via MTBR

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

今週の壊れ物

Turner RFXのひび割れ


↓見えにくいですが、溶接の直ぐ下に線が入っています。この様なサインは見逃さないように。


Turner RFX


Santa Cruz Blur LTのリンク折れ


↓これで三回目だそうです。


Blur LT link


Scott Octanダウンチューブ折れ


↓この自転車は折れる時は必ず此処から折れるそうです


Scott Octan


↓原因は分りませんが、直したいそうです


Broken disk tab

今回は以上です♪

ボルトの締めすぎには気を付けよう

ステアリングコラムのクランプ部にヒビの入ったThomsonステムです。


bolt too tight


使用二ヶ月でのヒビだそうですが、Thomsonの診断によると、これはボルトの締めすぎから来るものだそうです。素人でトルクレンチを持ち合わせて居る方は少ないと思いますが、部品のボルトの締め過ぎは逆に自転車に支障をきたし、色々な意味で危険ですので細心の注意が必要です。


私の友人にも一人、力任せにボルトを締めてしまう「締めすぎ君」が居るのですが、ライドの度に彼の自転車には必ず何かしらかのトラブルが発生します。本来で有れば、トルクレンチで製造元推奨のトルクでボルトを締めるのが一番良いのですが、それが出来ない場合は最初にボルトが「キツイかな?」と感じた時点で手を止めるのが一番です。でもこれはあくまで自己責任ですので、不安がある場合はやはり最寄の自転車店のプロにお願いするのが一番ではないでしょうか?
Via MTBR

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Mongoose Canaan Elite 僕の友達の自転車が爆発した!

MTBRのスレッドからなのですが、Mongoose のCanaan Elite が走行中に大破したそうです。スレ主曰く、良くある「下った勢いで登る坂道」で、友人の自転車が坂を下り切った場所で突然大破したそうです。幸いその友人にはあざや擦り傷だけで大きな怪我は無かったそうですが、見てくださいよこれ・・・(滝汗


↓綺麗にスパッと逝ってしまっています(怖


Mongoose Canaan Ellite


↓加工もそうですが、チューブ自体にも問題が有りそうですね・・・


Mongoose Canaan Ellite


この壊れ具合からするとスレ主の主張はまんざら嘘でも無さそうですね(何かにぶつかって壊れたのでは無さそうです)。多分ボトルケージ用のボルトの穴付近に亀裂が入って、そのままそこから折れてしまったのでしょう。それにしてもトップチューブなんて完全に離脱してしまってますね(汗。この写真を撮ったスレ主自身も友人と全く同じモデルの自転車に乗っているそうで、怖いので購入した自転車店にその2週間しか乗っていない自転車を明日返却しに行くそうです。ご愁傷様です。


 

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Turner Highline チェーンステー

MTBRにTurnerのHighlineのチェーンステーが折れた!と言うスレが立っていました。スレを立てた人物曰く、如何やらこのチェーンステーで折れたのは二本目らしいです。 


Broken Turner Highline


↓溶接の所から綺麗にもげています・・・熱処理不良にも見えますが???
Broken Turner Highline


私は最近このブログを再開するまでの暫らくの間、自転車から離れていたので知らなかったのですが、この「Highlineのチェーンステーが折れる問題」は既にTurnerでも認識している物らしく、この画像のステーの付いたHighlineオーナーには新型のステーと無償交換(アメリカでですよ)する等の呼びかけが行われていた様です。でもこれはあくまで「呼びかけ」であってリコールではありません(フリーライドバイクですから普通に乗ってれば壊れる様な事は有りませんので)。


↓新しいバージョンのシートステーはこんな形(バージョン2.5)


Turner Highline V2.5


しかし、このスレを見ていて気付いたのがTurner擁護の意見が多かった事です(笑 それを見て私はつくづくTurnerは本当にユーザーに愛されているんだなと感じさせられました。多分それはTurnerの品質もさることながら、日頃のオーナーに対するアフターケアの良さから来る物だろう思います。私の知っている限りでは、Turnerの他にIntenseなんかもそうなんですが(本国では)本当にオーナーの面倒見が良いんです。確かにこれらのブランドの自転車は他と比べると多少値が張ります。でもその値段には値段分のアフターケアが付いてくるんです。大手のメーカー等では考え難い事なのですが、これらのメーカーは「壊れた、今週末にレースがある」なんて話があれば即急に確認無しで「壊れた」と言う部品を送ってくれたりもするんです(本国の話ね)。これは、本当に自転車に乗る事を真剣に考えている人間にとってはとても有り難い話です。


そもそも自転車は壊れる物です。特にフリーライド・DH系のの自転車には無理が付き物。それに近年のユーザーと自転車のサイクルを考えると壊れない方がおかしいです。


近年のサイクル:ユーザーが限界まで自転車の能力を使い切る>壊れる>メーカーがその限界に対応した自転車を開発する>しかし更にユーザーがその限界に挑戦する>壊れる>またメーカーがそれに対応した自転車を開発する・・・


と永遠にこのサイクルが続いている訳です。そしてこのスポーツが年々過激化していってる理由もそこに有ります。このスレでもTurner自身が直々にスレに登場してこんな事を言っています。


毎年オーナーの乗り方が変わる!と


何処のメーカーの自転車も壊れる!と


そして最後に、


このスレ主の面倒は必ず見ると!


自転車の保障期間が切れると直ぐにそっぽを向いてしまう様な大手メーカーが多い中、年々変わり行くオーナーと日々一緒に歩む覚悟をしているのがTurnerというメーカーの様です。

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Profile

ちろ

Author:ちろ

chirosangaku@gmail.com

リンクはご自由に♪

  • 捜索願いを出したい方
  • 無事発見!
  • Categories
    Links
    Information Sites
    News & Trend
    Pro Riders
    Pro Writer / Freerider
    Freeriders
    Blog Pals
    Pro Shop
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    Archive
    検索フォーム
    MTBでチャリティー♡
    MTBで健やかに! オクで寄付して大満足♡
    目指せ1000%!
    Backing!
    Free Online Mags
    海外通販のお店
    海外通販をやりたい方の為に、比較的安全と信頼度の高い所を選んでみました。詳細



     

    YEN

     

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。