スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hayes最近どう?

2005年6月に俗に言うMBO、マネジメント・バイアウトHB Performanceとその名
を改めたHayes。 その直後の7月にSun Ringleを買収、そしてその翌年9月には
Wheel Smith Fabrication、更に同年10月にはManitouのAnswer producut
買収と過去二年間、かなりの攻撃的なビジネス戦略を進めてきたHP Performance。


最近その手をだだーっ広く広げてしまっているわけだが、今回そんな
HB PerformanceことHayesにInterbikeで私は一つの質問をぶつけてきた。


その質問とは!


Hayes Manitou

の続きを読む...

スポンサーサイト

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Interbike Vegas Resistance Canfield Brothers

今回のInterbikeで私の心を奪ったのがこの自転車です。


Canfield Brothers F-1 Jedi


Canfield brothers F-1 Jedi


全体としてのまとまり、そしてデザインディテール全てに於いてぶっ込みたくなる


充実した一品です。


Canfield brothers F-1 Jedi


フレームの造りも丁寧ですし、リンクなどの疎かにしがちな所のディテールにも
かなりの拘りが見えます。おまけに多色のリンクが堪らない!


Canfield brothers F-1 Jedi


リンク赤バージョン


Canfield brothers F-1 Jedi


↓アバランチェ付いてますし(汗


Canfield borthers F-1 Jedi


ガセットにF-1の肉抜きが施してあります。


Canfield brothers F-1 Jedi

リンク白バージョン、あぁ清楚だ。


canfield borthers F-1 Jedi


そして勿論、リンク青バージョン
ブラウンで流行を抑えてます。



Canfield brothers F-1 Jedi


そして、これはONEですが、


リンク・オレンヂバージョン


Canfield brothers One


次は、既に一枚先に貼ってしまいましたが、エンデューロ用の


ONE


Canfield brothers One


これも美しい。エンデューロ用のフレームなのに、7から8インチもの
ストローク量が有ります。でも、実際組んだ自転車を見てみると


落ち着きの有るかなりのスリーパーです。


渋いです。


Canfield borthers One


そして最後は、オールマウンテン用の


Sauce


Canfield brothers one


こちらはOneとその作りはほぼ同じで、違いはそのトップチューブと
5から6インチのストローク量にあります。以上が今回の3つの新作です。
ところで、Canfield brothersといえば、今迄案外ゴテゴテした自転車を作って
来たメーカーですが、今年はかなり洗練されて見た目に無駄が無くなってきた
感を受けました。おまけに実際に目の前で見た時のその美しさと3D感はかなりの
迫力物です。残念ながら、これは多分写真ではお伝え出来ないと思いますが。


という事で、以上の理由から、今回、Canfield Brothersにはちろから栄えある



Best of the 賞


そして


美しいで賞


そして更に


物欲で賞



の以上の3賞を捧げたいと思います。


おめでとう、Canfield Brothers


ぱちぱちぱちぱち!

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Interbike 今年のセドリック・グラシア

2006 セドリック


2006 Cedric


2007 セドリック


2007 Cedric


今年は残念ながら怪我をしてしまってギブスをしていたセドリック(ちょっと痩せたかな?)。


でも撮影をお願いすると、また快くポーズを決めてくれました。感謝です。


最後にニッキーと一緒に電動クーラーボックス(誰が作ったのか知りませんが)で


走り去って行く姿が印象的でした(笑


↓なんか可愛いセドリック、ニッキーはサイン会終了後でお疲れです(笑


cdric


早期回復をお祈りしています♪

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Interbike 偽ジャッカル

SantaCruz Jackal


SantaCruz Jackal



Kinesis 偽Jackal


 Kinesis Jackal


KinesisはOEMの製造元。「うちはこんな物も作れますよ」と言う技術力を見せてるだけなんで、本当は偽なんて言っちゃいけないんですけどね(汗 でも、ちょっと我慢が出来なかった物で(笑。しかし此処まで出切るんだったら頑張ればトップチューブとダウンチューブが一本で出来そうですね?未だ無理なのかな?

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Interbike ちろの特別賞受賞者からの声

また、やってしまいました・・・何ていうのでしょうか、口は災いの元とでも言うのでしょうか?去年のインターバイクで鈴木雷○選手をお見かけした時もこのブログで「ロン毛のにいちゃん」呼ばわりして、ご本人から直々にコメントを頂いたり(今年もアウトドアデモ参加されてたみたいですね、お見かけしませんでしたが・・・)、その前はとある製品を褒めたら、その輸入代理店の方からまた直々にコメントを頂いたりと・・・何でしょう、多分私が周囲の人間誰にも私がこのブログを運営している事を言っていないからだと思います。私の意識的には、どうせ誰も見てないんだから、


好き勝手な事書いちゃえ238


の気分で普段書いているのですが、どうもそうでは無さそうですね・・・今回も調子に乗って勝手に賞をこさえて勝手にQuamen Bikesさんに贈呈した訳ですが、その受賞者のQuamen Bikes Japanさんからまた直々にコメントを頂いてしまいました(汗。以下がそれで御座います。





こんにちは、はじめましてお邪魔します。

この度は当社DHバイクに栄えある賞を二つまでも頂戴致しまして、真にありがとうございます。社長以下、社員一同喜んでおります(さっき、ファクトリーで皆で拝見させていただきました)えっと、バイクの方なんですが、プロダクションではもうちょっと軽量化を(汗
Jシリーズでも走らせる計画もありますので、お楽しみに。

それでは、E-mo、SUCCUBUS共々、これからもよろしくお願いいたします。



たかおやじ様、わざわざこの様なブログにコメント有難う御座います、真に恐縮で御座います。

あの輝くダウンヒルバイクでJシリーズでのご活躍を心からお祈りさせて頂きます。


m(_ _)m



という事で、皆さん、



JシリーズでQuamenのダウンヒルバイクをお見逃し無く!

それから、E-mo、Succubusは直ちに

購入・予約する様に、いいですね!



↓SUCCUBUSの削りだしドロップアウトは正に芸術品だ。



Quamen hardtail



引用:「折角、高い金出して買った自転車が直ぐ壊れちゃったら

やだろ?俺達は絶対壊れないバイクを作りたいんだぁ!」


theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Interbike Vegas Resistance編 その2

前回までのあらすじ: 砂漠で狼に囲まれ、危機一髪の所を老人に助けられたちろ。そしてその老人が口にした謎の言葉「ベガレジ」。その言葉の謎を解く為、新たに旅立ったちろだが、そこに待ち受けていた物はちろの想像を絶する物だった・・・


ベガレジ編その2


entrance


さて、いよいよ「ベガレジ」の入り口らしき所に辿り着いた私。余りの人気の無さにちょっと不気味さを感じていた。確かに目の前のドアには貼り紙はして有るものの、誰も居ない上に、周囲を見渡しても自転車のの字も見当たらない。更に、ドアの金網越しに中を覗いてみてもただ通路が見えるだけ・・・


本当にここが会場なのかとも疑っても見たが、もうこの際そんな事は如何でも良かった。ここまで来たのならただ突進あるのみだ。そう思い、私は入り口のドアノブに手を掛けた、すると


 


なななんと!


 

の続きを読む...

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Interbike Vegas Resistance編

ちょっと一段落付いたので、いよいよ書くことにします。


Vegas Resistance編、


略して


ベガレジ編を。


vegas resistance


 

の続きを読む...

Interbike 見落とし

うわっ、またやってしまったですたい。どんなに一所懸命ブースを回っていても如何しても見落としが出ちゃうんですよね・・・BikeMagのインターバイク特集を覗いていたら有りましたよ、絶対見ておきたかった物が。くやしー!


これがその一つですWicked Racinのディレーラー兼チェーンガイド。これは賢い!


Wicked Racin


それからAtomlab GI 60 ダートジャンプフォーク。2.3kgのスプリング+エラストマーのクロモリ製フォークはサスではなく、ダートジャンプで着地失敗時等のそのショックを和らげる為にデザインされたものです。私は飛べない豚ですが飛べる方には良いのでは?


Atomlab GI 60 dirt jump fork


・・・また勉強不足が祟ってますねぇ(笑


それから、先日ご紹介したCortinaのオールマウンテンバイクですが、隠れた常連hitorigotoさんからのコメントがありまして、


これって前にTREKであったCTEみたいな感じじゃないですかね。
まあACのチェーンデバイス使って即席風ですが・・・・・・


Cortina


まさにその通りでした。


BikeMagによると、CTEと同じくサス稼動時にチェーンのトルクを一定に保つために付けられた物だそうです。


hitorigotoさん、あんた只者じゃないな(笑!


あと、コメント感謝です238


でも、何でもあれですね、前もって宿題をちゃんとやっておかないと無駄足になりますよね。反省です。

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Profile

ちろ

Author:ちろ

chirosangaku@gmail.com

リンクはご自由に♪

  • 捜索願いを出したい方
  • 無事発見!
  • Categories
    Links
    Information Sites
    News & Trend
    Pro Riders
    Pro Writer / Freerider
    Freeriders
    Blog Pals
    Pro Shop
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    Archive
    検索フォーム
    MTBでチャリティー♡
    MTBで健やかに! オクで寄付して大満足♡
    目指せ1000%!
    Backing!
    Free Online Mags
    海外通販のお店
    海外通販をやりたい方の為に、比較的安全と信頼度の高い所を選んでみました。詳細



     

    YEN

     

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。