スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年モデルの GT FURY EXPERTリコールのお知らせ

  
2014年度モデルの GT FURY エキスパートの完成車にリコールが出ています。問題になっているのはその自転車に使われているハウスブランドのハブ「All Terra」で、使用中にディスクローターがハブから外れ、自転車が操縦不能になる恐れがあるそうです。

該当する自転車/ハブをお持ちの方は直ちに使用を中止して、ご購入した自転車店にご相談下さい。
 

スポンサーサイト

サンツアーのフォークが付いた自転車にリコールが出てるョ!

ツイッターの方では一応気付いた物は毎回呟いてるんですが、と言い訳しながら・・・実質こっちでは約2年振りのリコール情報です(どんだけー!)って事で、どうやら現在「SR Suntour XCM-V3 w/100mm」付属完成車にリコールが出ておりますぅ。
 

問題があるのはそのSR Suntour XCMのインナーチューブで、破損し、自転車のコントロールを失い転倒する恐れがあるとの事! 既に12事例がレポートされているそうです。

そして以下がその対象車です:

メーカー年式モデル名対象フォークの日付コード
Giant2011-2012Revel 1
Revel 1W
CK110301から


CK110731まで
GT2012Avalanche 4.0
Avalanche 4.0 GTW
Trek20123700D
3900D

対象車の画像は続きの方に貼っておきますね♪

の続きを読む...

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

2009 Felt リコール

10290d.jpg 

 米国消費者製品安全委員会(CPSC)からFelt のロードバイクの自主リコールが出ています。該当車は2009年モデルの B12、  B16、  S32 の三台

↓B12
10290a.jpg
↓B16
10290b.jpg 

↓S32
10290c.jpg 

問題があるのは中国、ADK Technology Limited 製のフロントフォークで、ステアリングコラムが使用中に突然折れ、操縦不能になる恐れがあるとの事。既に七件の事例があり、その内一件で軽い怪我(こぶ、あざ等)の報告があったそうです。
10290e.jpg 


該当される自転車にお乗りの方は直ちに使用を中止して、自転車をご購入になった販売店の方にご相談下さい。以上、リコール情報でした。

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

インテンス社 Tracer VP 2nd. generation について重要なお知らせ

 今回の情報の流れとしては「休日モード」さんのブログにインテンスのクラック記事は気になるところですという記事が24日にUPされ、それをMTBSTYLEさんがタンブログされたのを、私もリブログ(リンク)させて頂いていたのですが、その直後にセーラさんのツイッターで一言呟きが・・・
 

この記事に関して本国インテンス社へ確認中 
Intense セカンドジェネレーションのVppの気になる記事
http://d.hatena.ne.jp/annion/20100524/p1

 

そして先ほど、FFCのブログの方にここんなお知らせが・・・

 

インテンス社 Tracer VP 2nd. generation について重要なお知らせ
<株式会社ファン•ファンシー(代表者:世良勝之、本社:兵庫県伊丹市)ではこのたび、2009年7月にかけて販売いたしました一部のTracer VP 2nd. generation フレーム (Intense Cycle社)におきまして、使用しているリアスイングアーム不具合により、ヨーク部分(添付画像を参照お願いします)の亀裂(クラック)が起る恐れがあることが判明いたしました。弊社では、インテンス本社から正式なリコールが発表されてはおりませんが、インテンス日本正規輸入代理店の責任において該当するスイングアームの無償交換を弊社販売の同フレームに対して実施させていただくことと致しました。対象フレームの確認は、下記の「対象フレームの確認方法」を参考にしていただくとともにシリアルナンバーを弊社販売窓口であるFUNFANCY CUSTOM BRAND正規特約店へご連絡をお願い申し上げます。交換に際しましての納期は対象フレームを確認後、約45日後となります。何卒、ご理解とご協力を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。


 
・・・セーラさん、カッコいいよ・・・もう

私、最近主役を奪われっぱなしですよ。

 
いや、別にセーラさんの肩を持つ訳じゃ無いんですけどね・・・ずっと何年かの間、Intense のオーナーのジェフ・スティーバーを色々な所で観察してて気付いた事があるんですよ・・・それは・・・


 
ハッキリ言ってあの人は自転車屋じゃないです(爆



あの人は


アーティスト兼レース屋です。

 
 

でね、極端な話、下手したらフレームの一本一本が微妙に違っていたりする位だと考えて貰っても良いと思います。彼にとってのデザインは流動的な物で、日々変わって行く物。だから、「これが駄目だったら、これ!」と切り替えが物凄く速い。でも、根っ子がレース屋ですから、そっちのサポートだけは手を抜かない。
 
 

「やべー、週末にレースあるのにスイングアームが折れた!
でも、Intense に連絡したら、壊れたのを送り返す前に
え?・・・・新しいのが届いた?・・・(驚愕」


 
なんてのは本国ではザラの話(流石に日本では無理ですがね)。でも、その保障とレースサポートはユーザーお墨付きの素晴らしさ。壊れた物はほぼ何でも保障期間内であれば(余程怪しい物で無い限り)質問無しの無償交換!

な・の・で・す・が・・・その反面、細かい事は余り気にしないのもIntense(笑。スタンスが「使えるんなら大丈夫!」細かいペイント等の不出来等は全く気にしません。

勿論、壊れたか!それじゃ新しい部品送るぞ!とっかえるぞ!」が慣例なので、リコールなんてありえません(笑、絶対出ません。で、多分ここら辺でセーラさんは日本の代理店として、かなりシワ寄せを食らって日々苦労なされているのでは無いかと(爆。
 
だから故に!今回のセーラさんの迅速な対応は 私は


カッコええんでないの?



に値すると思う次第で御座います。と言う事で、明日からはちゃんと私に主役の座を返してくれる事をセーラさんに切にお願いしながらお別れしたいちろでございます・・・orz。

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

2010 Specialized recall - スペシャライズドのリコールだよん

 米国消費者製品安全委員会(CPSC)からスペシャライズドのリコールが出ています。対象車は2010年のEpic と Era の26インチモデル。問題になっているのはそのアルミ製シートステーで、シートステーに溶接されたリアユニット固定用の金具が折れ、ユニットの一部(Brain のリザーバー)が車輪に巻き込まれ、事故になる恐れがあるとの事。

因みに今の所、事故の報告は無いそうです。対象車をお持ちの方は直ちに使用を中止し、その自転車を購入したお店に問い合わせて見て下さい。
 


10219a.jpg 

↓ここが問題の箇所らしい

10219b.jpg 
 


対象車は以下のモデルです: 2010 Epic Marathon Carbon, 2010 Epic Marathon Frame, 2010 Epic Expert Carbon, 2010 Epic Expert, 2010 Epic Comp Carbon, 2010 Epic Comp, 2010 Era FSR Expert Carb, 2010 Era FSR Expert and 2010 Era FSR Comp.


↓クリックするとちょっとだけ見易くなるよ。

 2010-Specialized-recall.jpg


以上だそうです!

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

貴方だけに教えちゃうっ、スペシャのリコール♪

未だ公式発表はされていないんだけど、スペシャからリコールが出てるの175

 

貴方だけに教えちゃう175

 

簡単に説明すると、以下のモデルに装備されている

2009

CrossTrail

Comp

2009

Myka HT

Comp

2009

Myka HT

Elite

2009

Rockhopper

Comp

2009

Rockhopper

Comp 29

2009

Rockhopper

Rockhopper

 

Specialized alloy 31.8mm

って言うハンドルバーが、熱処理不良で「ポキッ」っと折れちゃうの175

 

該当する自転車、ハンドルバーをお持ちの方は、直ちに使用をやめ、その自転車を購入したお店に相談してみてね♪

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

2008 Marzocchi、 一部の「888」にリコールが出たョ

2008年モデルのMarzocchi 888 にリコールが出ています。対象となるのは、 2008年 モデルの Marzocchi 888RC3 そして 888RC3WC の日付コードが T07D07, T07D08 又は T07D09 から始まる物です。

問題は、ドロップオフ等での強い衝撃をフォークに与えた際に、フォークが縮んでしまったまま戻らなくなる場合があるとの事。今現在、合計 8件の故障、又は事故の報告があるそうです。

もし、もう既に縮んでしまったフォークをお持ちの方は危険ですのでご自分では修理は試みないで下さい。そして該当のフォークをお持ちの方は、直ちに使用を中止してご購入されたショップにご相談する事をお勧めします。

 

2008 Marzocchi 888 recall

 

 

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

リコール: Magura Durin Race 80/100 (MD 80R, MD 100R)

Magura recall     

MaguraのDurin Race 80/100 (MD 80R, MD 100R)にリコールが出ています。如何やら初期のプロダクションバージョンに問題があった模様。使用中にブレーキアーチが割れるとのレポートが幾つかあったそうです。

このモデルのフォークをお持ちの方は、Maguraのホームページで、該当のフォークかそうでないかチェッカーで確認が出来ますので、シリアル番号をご用意の上、お確かめ下さい。そして、該当のモデルをお持ちの場合は、直ちに使用を中止してフォークを購入した自転車店にご相談される事をお勧めします。

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

やっぱり日本でもリコールだったのねCannondale Scalpel・・・

先日、MTBSTYLE.com Editor's noteさん経由で気が付いたのですが、今頃になってキャノンデールが新型スカルペルのリコールを出したようです。って、やっぱり日本のもリコール対象に入っていたんですね(参考資料)(涙

 

2008 Cannondale Scalpel リコール

2008年初のリコールはCannondaleからです。2008年のScapelモデルに米国消費者製品安全委員会から正式なリコールのお達しが出ています。何処に問題があるのか等の詳細については分りませんが、確認されているだけで、既に6本のScalpelのフレームが「壊れた」というレポートが入っているそうです。今回対象になっているのは、去年の10月から12月の間に売られた以下の4つのモデル、


Scalpel フレームセット、Scalpel Team、Scalpel 1、Scalpel 2


 で、この対象のモデルにお乗りの方は直ちに使用を止め、その自転車を購入された自転車店に問い合わせて見てくださいとの事です。以上、リコール情報でした。


Cannondale Recalls Scalpel



theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Specialized (スペシャライズド)S-Works 2D ヘルメット リコール

アメリカで、スペシャのハイエンドのヘルメットに自主回収のリコールが出ていますね。問題になっているのは、その


Specialized S-Works 2D ヘルメットです。


specialized 2d helmet recall


画像のヘルメットは赤ですが、全てのカラーがリコールの対象です。


どうやら、この2Dヘルメット、米国消費者製品安全委員会の安全基準のテストをパスしなかった模様。今回リコールの対象になっているのは、今年の7月から10月までに売られた3000ユニットで、今の所このヘルメット使用による事故、怪我などはレポートされていない様です。しかしながら、このモデルをお持ちの方は、購入された自転車店に問い合わせてみるのをお勧めします。あと、お友達でこのモデルを使用されている方が居たら教えてあげて下さい。

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

2007 Cannondale リコール3連発 謎の無料点検?

リコール情報を日々お届けしているちろで御座います。最近ブログをさぼっていた間にも幾つかリコールが出ていた様で、それをお届けする事が出来ず真に申し訳御座いませんでした。


さて、今年はキャノンデールからのリコールが連発ですね。アメリカでは今年の一月にロードのリコールが出ています。カーボンブレーキ破損の恐れありとの事。該当車種は以下の四台です。


recall model




Cannondale Models


2007 Six 13 Team 1


2007 Six 13 Team 1/Compact Drive /td>


2007 Synapse Carbon SL1/Compact Drive Si Crank


2007 Synapse Carbon SL1/Standard bottom bracket, Dura Ace Crank


このリコール情報はキャノンデールジャパンでは発表されていません。その問題のあるブレーキは日本には入って来なかったのでしょうか? 


そして続いて四月にカーボンクランクのリコールが出ています。これはアメリカ、日本両国で発表されています。此方が詳細のページです。そしてこれがそのコピペです。


 

の続きを読む...

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Profile

ちろ

Author:ちろ

chirosangaku@gmail.com

リンクはご自由に♪

  • 捜索願いを出したい方
  • 無事発見!
  • Categories
    Links
    Information Sites
    News & Trend
    Pro Riders
    Pro Writer / Freerider
    Freeriders
    Blog Pals
    Pro Shop
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    Archive
    検索フォーム
    MTBでチャリティー♡
    MTBで健やかに! オクで寄付して大満足♡
    目指せ1000%!
    Backing!
    Free Online Mags
    海外通販のお店
    海外通販をやりたい方の為に、比較的安全と信頼度の高い所を選んでみました。詳細



     

    YEN

     

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。